LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

出張先での痛恨のミス

IMG_1263.jpg

日本からの出張者に同行して、ナッシュビルへ行きました。私を含めて、日本人4人、アメリカ人1名の総勢5人です。

うち2人が初めてのナッシュビルということで、何か喜んでもらえることがないかな~?と考えていた時、ナッシュビル=ミュージックシティだし、何かコンサートがあるかも!と閃きました。

調べてみると、なんと「HALL & OATES」と「TEAR FOR FEARS」のカップリングコンサート(+さらに1組の前座)があるではないですか!正直なところ、ホール&オーツは有名な曲ぐらいしか知らないですが、TFFの音楽はかなり好きです。いかにもイギリスといった感じで、つき抜けない歌声、どよどよした曇り空といった暗さがいいです。

皆に「どうですか?」と聞いてみると、みな世代も近いこともあって、前向きな回答。前回紹介したようなサイトで調べてみると、お値段もそれほどでもありません。

しかも、うち一人は「3年前ぐらいに日本武道館にホール&オーツに観に行きましたよ」とのこと。

全員の合意が取れたところで、チケットを検索すると、5名ということもあり、まとめて確保することはできなかったものの、別々の出品者から、2名分、3名分と二か所に分かれて席を確保することができました。手数料込みで、一人約60ドルです。

その日は、仕事も早く終わったので、少しナッシュビルのダウンタウンをブラブラしてから、会場のブリジストンアリーナへ向かいました。

チケットはすべて私のスマホのチケット業者のアプリに入っていたので、まずは3名分のチケットを提示、スキャンしてもらい入場してもらいました。次に、私ともう1名のチケットを提示したところ、このバーコードはここではスキャンできないので、窓口に行けとのこと。そこで、窓口でスマホのチケット画面を見せると、IDの提示を求められました。

ちょっと嫌な予感はしたものの、しばらくチケットとIDを見比べてから、「○○って誰だ?」との質問がありました。○○というのは、Resaleのチケットに記載されていた名前で、恐らく、出品した人なのでしょう。「これはVivid Seatsで買ったticketmasterのチケットで・・・」と説明しても、「名前が違うので、紙で印刷してこないとダメ。ホテルかキンコーズで印刷して来てくれ。」と、入場させてもらえません。

紙で印刷してくれば、IDの提示もなく、入口から入れるということなのでしょうが、全く合点がいきません。とは言え、私の英語力でそれ以上粘っていても、どうにかなるとも思えませんでした。

会場の近くにホテルがあったので、そこのビジネスセンターで印刷しよう、ということになり、急いで向かったのですが、スマホのアプリ内のチケットをパソコンに取り出すことが出来ず、どうにもなりません。万一のために、私のパソコンにはpdfが保存してあったのですが、パソコンは宿泊先に置いてあります。

ここで悩んでいても時間の無駄だと思い、2人で一度宿泊先に戻り、私のパソコンにあるpdfをUSBに取り出して、ホテルで印刷、再度会場へ戻りました。少しドキドキしながらも、紙のチケットを見せると、今回は何事もなく、会場へ入ることができました。8時ちょっと過ぎでした。宿泊先が会場から20分ぐらいのところだったのが不幸中の幸いです。

コンサートは、7時開始とあったので、前座が7:15ぐらいから7:45ぐらいで、8時からTFF、9:30からH&Oってところかな?という読みのもと、一緒にいてくれた先輩に、お詫びのビールを買っていると、ホールから聞いたことのある曲が聞こえてきました。

IMG_1265.jpg

慌てて席に着くと、すでにTFFが演奏しています。そして、席について2曲目ぐらいに“HEAD OVER HEELS”が演奏されると、なんとTFFが退場するではないですか・・・。再度登場するものの、“SHOUT”をアンコールで演奏して、そのままTFFは終わってしまいました。

あとで、最初に入った3人に聞いてみると、前座はなぜか登場せず、TFFが7:15ぐらいから演奏していたそうです・・・。なんてこと・・・。

迷惑をかけた先輩は、何の文句も言わず、しかもホール&オーツに大満足だったようで、とても喜んでくれました。ホール&オーツだけではなく、チケットのリーズナブルさや、80年代アーティスト達が普通に多くの観客を集めていること、オーディエンスも自分たちのペースで楽しんでいることなど、発見も多かったようで、次回アメリカ出張の時には、コンサートもチェックしてから来なくちゃ、と興奮してくれていました。

けど、私個人としては、やはりTFFが観たかった(涙)

私のミスといえばミスなので仕方ないのですが、スマホの画面だとダメで、紙だとスキャンできるっていうのは、一体どういう理屈なのでしょう。同じようなチケットで、印刷してないからダメかもと、ドキドキしていたラスベガスでは、スマホの画面でスキャンできたのに。

自分の英語力を棚に上げますが、日本のチケット窓口だったら「どこかで印刷して来い」なんて絶対に言わないでしょうね。担当者が悪かったのかもしれません。アメリカでは、人によって、言うことも違うし、対応も全然違いますからね。

IMG_1269.jpg

という訳で、これからアメリカでコンサートへ行く場合は、気をつけましょう。だいたい、前座はどこへ消えたんじゃ!?(笑)


関連記事

テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽

  1. 2017/05/27(土) 02:30:50|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アメリカでのチケット購入について

アメリカに来て、便利だな~と思ったことのひとつに、イベントのチケット購入があります。

チケット購入のサイトとしては、Ticketmaster、Vividseats、Stubhubといったところがメジャーなんだろうと思いますが、例えば、ふと「野球でも観に行こうかな」と思い立ったとして、そういったサイトを見てみると、

txrangersticket1.png

こんな感じで、日程とチケット情報が載っています。

さらに詳しく見ると、何列目の席がいくら、とか出てきます。

txrangersticket2.png

こういったサイトのポイントは、オフィシャルのチケットだけではなく、いわゆるResale、転売のチケット情報も載っている点です。チケットぴあが、ヤフオクを兼ねている、という感じしょうか。

ダフ屋行為がこちらで違法なのかどうかは知りませんが、例えば、スポーツで言うと、年間のシーズンシートを持っているけど行かない日を転売に出す、とかがある訳ですね。

私も、先週のダルビッシュ先発試合を、11列目にしては格安の値段で購入することができて、家族で観に行ってきました。

IMG_1228.jpg

他にも、サイトによっては、こんな感じで、「この席がいくら」と出てくるので、イメージしやすいですし、直前まで購入が可能です。

U2seats.png

これまでも、MOTLEYやBON JOVIなどの大きな会場のコンサートや、ニューヨークのミュージカルのチケットは、こういうサイトで取りました。

難点は、チケット代に、手数料やら、チケットダウンロード代やらで、最終的にはそこそこの金額になってしまうことと、一体いくらになるのか、最後にならないとわからない点でしょうか。ただし、これは私の勉強不足かもしれません。

サイトによっても違うので、「こっちだとこの席でこの値段か・・・」とか、「こっちには4階席の最前列があるな。。。」とか見比べていると楽しいです。

画像の通り、今週末に、U2の「ヨシュアツリー30周年記念ツアー」のダラス公演があるのですが、サイトを見ている限り、今手に入るベストのシートは、1800ドルのスタンド席のようですね。

U2seats2.png

という訳で、見ているうちに、どうしても行きたくなってしまったので、金曜日、U2のコンサートに急遽参戦することにしました(笑)

ベストシートとはほど遠い4階席なので、どの程度見えるのかわかりませんが、U2のコンサートも、AT&Tスタジアムに行くのも初めてなので、楽しみです!

関連記事

テーマ:コンサート - ジャンル:音楽

  1. 2017/05/23(火) 03:47:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今さらながら『進撃の巨人』にハマる

IMG_0120.png

ずっと前に、飛行機の中で、実写版の映画を見たりして、話はなんとなく知っていた『進撃の巨人』。

同じ頃に観た映画の「メイズ・ランナー」と同じようなイメージを持ってました。(結局、メイズランナーも2と3を観ていないので、どんな話かはよくわかりません。)

ところが、先日たまたま、某評論家が「『進撃の巨人』は若者たちにとっての思想書になるつつある」というようなことを言っているのを聞いて、へぇと思い、最初に数巻をKindleで購入。

そのまま引き込まれて、最新刊までまとめ買いしてしまいました(笑)。

IMG_0121.png

どの辺が思想書なのかはわかりませんでしたし、若い人たちの思想書になるほど読まれているのかどうかはわかりませんが、確かに面白かったです。さすがに大ヒットしているだけのことはありますね。

特に映画になっている部分のあとになると、グングン面白くなってきます。

登場人物の顔が結構似ていて、外国小説で誰が誰だかわからなくなるのと同じように、何度か読み返さないと話が筋がわからなくなるという問題はありますが(笑)。

テイストは少し違いますが、どこかにこの世界のグランドデザインを描いている人がいるという意味では、同時期に読んだ『一九八四年』も面白かったです。旅行の機内にいたアメリカ人が同じく「1984」を手にしていて、チビ加に、「ほら、お父さんと同じ本を読んでる人がいるよ」と言ってしまいました(笑)

関連記事

テーマ:漫画 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/05/16(火) 06:42:26|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad