LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

アマリロと言えば・・・

P1150152.jpg

グランド・キャニオンと比べて、前回ご紹介したパロ・デュロ・キャニオンがマイナーな理由のひとつには、近くにラスベガスのような観光都市がない、ということも影響しているのかもしれません。

パロ・デュロ・キャニオンにもっとも近い都市はアマリロなのですが、残念ながら、ほとんど観光するところもありません・・・。

私たちが行ったのは、有名な観光客向けのレストラン「ビッグ・テキサン」と、キャディラックが地面に突き刺さったオブジェの「キャディラック・ランチ」ぐらいでした。

P1150141.jpg

P1150142.jpg

ちょうどビッグ・テキサンでは、72オンス(2.04KG)のステーキにチャレンジしている人がいました。1時間以内に食べたらタダらしいです。一段高いところで、カウントダウンする時計を背に、食べ進めていましたが、失敗に終わりました。

P1150156.jpg

P1150157.jpg

もう一か所の、キャディラック・ランチ。

P1150179.jpg

P1150184.jpg

着いた時には、「すぐ帰ろうね」と冷めていたチビ加も、落ちているスプレー缶で色を塗り出したらめっきり楽しんでいました。翌日、「また行かない?」と言うぐらい(笑)

P1150196.jpg

そんな感じで、少し寂しいアマリロですが、忘れてはいけないものがありますよね?

事前にネットで調べてみたところ、兄はフロリダに住んでいるようですが、弟はアマリロに住んでいるようです。

そこで、家に戻る途中、家族には黙って、彼の住所と思われる家に向けて、勝手にクルマを走らせました(笑)。

近くになると、そのエリアは、セキュリティガードがある住宅街のようで、中に入るには、受付に寄らないといけなくなっていました。

仕方ないので、受付で停まると、おばちゃん(おばあちゃん?)に「何番地に行くの?」と聞かれたので、「・・・テリーの・・・、テリー・ファンクの家に・・・」と伝えました。「約束はありません。」と付け加えて。

「話をしたいの?」と聞かれたので、逆にこちらが驚いて、「話ができるの?」と聞き返すと、もう一人のお姉さんが笑っていました。「家の前で写真を撮りたいだけです。」と答えると、不審な目で見られながらも、やはり中に入るには、許可がいるらしく、「ちょっと聞いてみるから待ってて。」とのこと。

聞いてみるって、テリーにか?と思いつつ、実は私がすごい勘違いをしているのではないか?同姓同名の普通のおっちゃんなのかもと焦りつつ、「テリー・ファンクって、プロレスラーのテリー・ファンクですよね?」と聞くと、「そうよ、今は引退しているけどね。」と電話をかけながら答えてくれました。

電話に出た相手がテリー本人かどうかはわかりませんが、どうやら「ファンの人が来ているんだけど、入れてもいいかしら?」みたいな感じに聞こえました。

「もしかして、本人に会えるの?」とドキドキしながら待っていると、「残念ながら、体調が優れないみたいで・・・」との返事が・・・。

結局、家の前で写真を撮る、ということも叶いませんでしたが、その電話の先、すぐそこにあのレジェンドが、と思えただけでも幸せな時間が過ごせました。ちょっとだけ、「日本から来たんで、家の前での写真だけでも」って言えば良かったかな、と思いましたが(笑)

P1150212.jpg

この道の向こうに、受付はありました。

受付の裏をUターンして帰りながら、このやり取りを後ろの席にヨメさんに説明したところ、若干呆れつつも、「会えてたかもしれなかったんだね」と笑っていましたとさ(笑)


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/06/03(土) 11:24:20|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パロ・デュロ・キャニオンへ行ってきました

P1140987.jpg

「パロ・デュロ・キャニオン」という名前を聞いても、知っている方はほとんどいないと思いますが(失礼)、一応、アメリカでは、グランド・キャニオンに次ぐ、2番目の峡谷らしいです。

そのパロ・デュロ・キャニオンですが、場所は、アマリロに近く、ダラスからはクルマで4~5時間と言ったところです。ほとんど何もない道をえんえんと突っ走ります。うちの会社のアマリロ出身のおっちゃんに、ダラスからクルマで行けるところで、どこか観光するところない?と聞いたところ、奨められたのです。

近くのホテルに一泊して、翌日は朝からパロ・デュロ・キャニオンへ。

あまり大したことはないのかな、と期待せずに行ったのですが、近くになると突然現れる峡谷は、大きくて、圧倒されました。

P1140994.jpg

P1150002.jpg

P1140995.jpg

公園内は、舗装された一本道沿いに、ところどころトレイルが整備されていて、もらった地図を見ると、各コースに、距離と難易度が出ています。

われわれは、一番ポピュラーなコースとあった、「LIGHTHOUSE」というコースを選んで、歩きました。片道2.72マイル(約5km)、難易度は中程度とありました。

はるか遠くに見える突き出した岩がLIGHTHOUSEです。灯台ってことですね。

P1150121.jpg

こういうトレイルをひたすら歩きます。途中には、水道もトイレもありませんので、お水は多めに持って行った方がいいです。

P1150018.jpg

P1150034.jpg

P1150027.jpg

歩いていると、自転車の人が抜かしていったりします。ちょっと気持ち良さそうです。

途中、フンコロガシがいました。

P1150112.jpg

1時間強歩くと、唐突に、ゴールに着きます。

P1150044.jpg

「え?」と思いましたが、横を見ると、そこから崖を登れるようになっています。

P1150047.jpg

ワーキャー言いながら、崖を登って行くと、LIGHTHOUSEが目の前に。

P1150052.jpg

LIGHTHOUSEのところにも登れます。少し怖かったですが、気持ち良かったです。

P1150057.jpg

P1150063.jpg

ここで、しばらく休んだあと、来た道を帰ります。私はバテバテ。チビ加は、行きは「疲れた」とか言ってたくせに、帰りは休むこともなく、先頭を歩いていきます。自分の体力のなさに悲しくなりますね。

グランド・キャニオンとどっちか好きか?と聞かれたら、私は「こっち」と答えるでしょうね。今回は、自分の足でずっと歩いてよじ登ったりしたので、こちらの方が楽しかったです。

名前の由来はわかりませんが、もう少し言いやすい名前にするなりしたら、もっと有名になるのかもしれないな、と思いつつも、実はこれぐらいの寂れた感じが逆にいいのかもしれませんね。

P1150131.jpg

クルマに戻ると、土で靴が茶色くなっていました(笑)


テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/06/02(金) 06:55:26|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ東海岸旅行での心残り

P1140952.jpg

日本のゴールデンウィークに便乗して、アメリカの都会部分を旅行してきました。

まずは、ワシントンDCへ。

P1140089.jpg

この日はたまたまトランプ大統領就任100日目だったせいか、ホワイトハウスには大勢の人が集まっていました。夕方5時ちょうどにホワイトハウスからヘリコプターが飛んでいったのですが、あとで大統領のスケジュールを見たら、どうもこれにトランプ大統領が乗っていたようですね。中指を立てている人も写っています。

P1140006.jpg

博物館や美術館も見たのですが、歩き中心だったのと暑さで、みんなヘロヘロになってしまいました。

P1140112.jpg

P1140139.jpg

こういうモニュメントを見に人が集まっていましたが、特に歴史や由緒がある訳でもなく、なんだかな・・・、という印象です。

P1140216.jpg

P1140239.jpg

列車でニューヨークへ移動して、これまた有名な観光スポットをウロウロしました。

P1140446.jpg

P1140688.jpg

P1140709.jpg

P1140734.jpg

P1140825.jpg

P1140879.jpg

間に、日帰りでのナイアガラツアーなんてのも組み込んでしまい、慌ただしかったですが、ナイアガラは凄かった。雨のせいで水量も増していたようで、ちょっと壁を越えると、奈落の底へ落とされてしまうという恐怖を覚えました。

P1140549.jpg

P1140616.jpg

ところが、帰宅後、知人(日本人)と話をしていると、「あー、そんなのもあったか!」と、とても悔やまれることを言われてしまいした。

「ニューヨークのブックオフは3階建てなんですよ」と。

ブックオフのことは思いつきませんでした。ロスにあったぐらいだから、ニューヨークにもあってしかるべきです。思いつかなった自分に腹を立てつつ、マップで見ると、ホテルから近かったみたいですし・・・。

うーん、悔やまれる(笑)

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/05/13(土) 05:27:19|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダラス マーべリックスを観に行ってきました

IMG_1111_201704130128312b7.jpg

今回は、北米に4大プロスポーツのうち、ベースボール(MLB),アイスホッケー(NHL)に続いて、バスケットボール(NBA)の観戦に、家族揃って行ってきました。

4月15日からプレイオフが始まるようで、シーズン最後のギリギリです。

試合は、ダラス・マーべリックス対デンバー・ナゲッツ。と言っても、NBAについてもほとんど知識がありません。

今期の成績表を見てみると、マーべリックスは、ウェスタン15チームのうち12位とあまり強くないのかな、という印象を受けたのですが、2011年には優勝していたり、ダーク・ノヴィツキーという選手を中心とした、なかなかのチームのようです。

IMG_1113.jpg

この日は、シーズン最後だからなのか、ファン感謝デーだったらしく、配られていた冊子には、「FAN APPRECIATION NIGHT」の文字が。

IMG_1136.jpg

そんな訳で、入場ゲートを入ると、マーべリックスのキャップを配っていたり、席にはTシャツが置いてあったりして、ちょっと得した気分でした。また、会場では、日本から来てバスケを観てアメリカを周っているという方にお会いしたり。

この日は、ダラス・カウボーイズで長年QBを務め、移籍ではなく引退を選択したトニー・ロモが招待されていました。会場には、彼のジャージを来た観客も大勢いて、プラカードや大きな声援で、感謝の気持ちを伝えていました。

IMG_1120_201704130128348a1.jpg

競技は違っても、英雄を称えるというアメリカのこういう姿勢は、見ていてジーンとくるものがありますね。

ここに関連記事が載っていました。

実は、私は高校時代、バスケ部だったのですが、あまり良い思い出がありません(笑)。好きというよりも、あくまでも部活としてやっていたという感じでした。ですが、久しぶりにバスケを生観戦して、ちょっとやりたくなってしまいました。3ポイントシュートが入った時の「サコッ」っという音がたまりませんね(笑)。

試合自体は、マーべリックスが負け、終了後にセレモニーがあるでもなく、あっさりと終わってしまいましたが、予想以上に楽しめました。

IMG_1122_20170413012835660.jpg

出口では、チームのポスターも配っていたみたいですが、我々の近くでは見つけられず、断念。

ホッケーもそうですが、バスケももっと早く来ていれば良かった(笑)。あとはフットボール(NFL)で4大スポーツ制覇ですが、秋まではアメリカにいないかな・・・。チビ加のお気に入りは、やはりベースボールだそうで、理由は、知ってる人(ダルビッシュ)がいるから、ってことみたいですな(笑)。

という訳で、この日の戦利品。

キャップ。
IMG_1129.jpg

Tシャツ。
IMG_1133.jpg

タコス無料券(笑)
IMG_1128.jpg

ご陽気なお兄さんたちと記念撮影も。このお兄さんたち、スポンサーなのでしょうか?

IMG_1126_201704130128375a3.jpg

ちなみに、マーべリックスのスペルですが、“MAVERICKS”と書き、通称「MAVS」です。てっきり、マーベラスで素晴らしいとかそういう意味だと思っていたのですが、調べてみると、“MAVERICK”は「焼印のない牧畜動物、群れから離れた馬(牛)」とあり、「驚くべき」とか「素晴らしい」は、“MARVELOUS”で、全然違いました(汗)。 実際には、60年代に放送されたコミカル西部劇のタイトルから取ったようなので、そういうカウボーイ的なもののことみたいですね。

TV Maverick


テーマ:バスケットボール(アメリカ) - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/13(木) 02:12:07|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DALLAS STARSを観に行きました

BON JOVIの開演を待っている間、この会場の雰囲気をチビ加とヨメさんにも味わわせて(余談:「味わわせる」か「味あわせるか」かで迷いましたが、文法的には、こちらが正しいようです→参照)あげたいなと思い、チケットを物色していると、ちょうど土曜日に、DALLAS STARSの試合があることがわかりました。

DALLAS STARSというのは、ダラスを本拠地とするアイスホッケーのチームです。ダラスには、NFLはダラス・カウボーイズ、MLBはテキサス・レンジャーズ、NBAはダラス・マーべリックス、NHLはこのダラス・スターズと、4大メジャースポーツのチームがあるのです。

チケットの値段もお手頃だったので、金曜の午後、慌ててオンライン購入しました。それから、パーキングのチケットも予約しようと、再度チケットのサイトを見てみると、同じくスターズの試合が日曜の昼間にもあることがわかりました。ホッケーは続けて試合があるんだ、大変だな~と思い、よくよく日付を見てみると、私が購入した試合は、土曜ではなく、金曜日の夜、すなわち今日だということが判明しました(笑)

その日の夜は、日本からの来客(ただし社内)を夕食に連れて行かないといけなかったのですが、この来客がちょうど2人。私を含めた3人で観に行くことも考えましたが、やはりチビ加たちを連れていきたい・・・。幸いにも夕食のピックアップが5時で、試合が7時半開始。7時に家を出ればどうにか間に合うでしょう。

アメリカ生活の良いところだな、と思うことの1つは、こちらではクルマでの移動になるので、日本のようにグダグダとお酒を飲みながら宴席が続く、ということはありません。なので、5時ピックアップで5時半前に食事開始、1時間弱で食事を終え、ホテルへ送ってから帰宅、ヨメさんとチビ加を乗せて、ギリギリ7時半の試合開始に間に合いました(笑)

IMG_1029.jpg

さて、初めて観るホッケーの試合ですが、これが意外に楽しかった。細かいルールはわかりませんが、会場の雰囲気もよく、チビ加も気に入ったようです。相手に点が入っても何もリアクションがないのは野球と同じですが、こちらが点を取ると、立ちあがっての大騒ぎ。音楽に合わせて、「Dallas!!!」「Stars!!!」と大絶叫で、周りの人たちとハイタッチです。圧倒されてしまいました(笑)

試合は、スターズが先制されたものの、途中で逆転し、スターズの勝利でした!

IMG_1034_20170228041356866.jpg

IMG_1043.jpg

帰宅後就寝したのが12時だったので、チビ加は土曜の朝起きるのは辛そうで、「今日は学校休む!」とゴネておりましたが、まあ仕方ないでしょう(学校はちゃんと行きましたよ)。

日曜の昼間、テレビで同じくスターズの試合を放送していたのですが、やはり雰囲気はテレビでは伝わらず、試合も大差で負けていたので、金曜に観に行っておいて良かったです。

チビ加の担任の先生がスターズのファンらしく、週明けに、観戦のことを伝えたところ、なんと先生もその試合を観に行っていたようです。偶然出会えていたらもっと楽しかったでしょうね。

テーマ:ウィンタースポーツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/02(木) 00:33:18|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラスカはやはり寒かった

P1130287.jpg

サンクスギビングホリデーに行った南国カンクンとは打って変わり、クリスマスホリデーには、アラスカへ行ってきました。

日本にいた時にはアラスカへ行こうなんて考えたこともなかったですが、アメリカ駐在員の旅行先としてはとてもポピュラーなようです。

ただ、日本とダラスの中間ぐらいに位置するので、日本から行っても、時間はあまり変わらないと思います。

ダラスからは直行便がないので、シアトルで乗り換え、フェアバンクスへ。空港に着いたのは夕方ですが、この時期、太陽が出ているのは2~3時間ぐらいらしく、すでに日没後でした。

オーロラ鑑賞ツアーと言っても、相手は自然現象です。見るためには、いつくかの条件が必要です。

まずは最低限、曇っていないこと。雲があると見えません。

そして、オーロラが出ること。オーロラが出るメカニズムは説明されましたが、よくわかりません。太陽からの風がどうとか(汗)。 ただ、オーロラ予報のサイトもあり、高・中・低といったいくつかの段階で予報を出してくれています。

結果的には、3日間いずれも観ることができたのですが、テレビや写真で見るような、緑や青のカーテンがうねうね動くみたいなものではありませんでした。そういうものはたぶんベストショットな訳で、見られた方は超ラッキーと言えるでしょう。

私たちが見たのは、白いスジ状の光と言ったらいいのか、空にすーっと細長い光が射している感じ。初日は、それがウネウネしたりしていました。オーロラというよりも、ノーザン・ライツですね。同じことですが。

P1130463.jpg

とは言え、私たちも3日とも見られた訳で、ラッキーでした。三脚を持って行かなかったので、ブレブレですが、比較的マシな写真です。私たちの目に見えていた白い光でも、カメラで撮るとこのようにうっすら緑色に写っていたので、テレビ等で見るのは、もしかしたら肉眼とは違うのかもしれません。

2日目、3日目のオーロラは、ウネウネするでもなく、ずーっと出ていたので、途中から、オーロラを見るよりも、いかに写真に収めるかに興味が移ってしまいました。

でも、氷点下20度の世界という貴重な体験ができました。再訪はなかなか難しいとは思いますが、ベストショットも観てみたいですね。

P1130325.jpg

P1130476.jpg

P1130565.jpg

P1130762.jpg

P1130772.jpg

余談ですが、旅行中のどこかでカメラのスイッチを触ってしまったらしく、写真のアスペクト比がまちまちです。ご勘弁ください。


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/28(土) 07:40:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンクン旅行で思ったこと

P1130229.jpg

先週、サンクスギビングの休日を利用して、メキシコはカンクンへ行ってきました。

カンクンまでは、飛行機で2時間半と近いのです。

マヤ文明の遺跡であるチチェン・イッツア遺跡を観光したり、シカレー海洋公園という場所へ出かけたり、海やプールで遊んだりと、少しゆっくりできました。

P1120927.jpg

レストランでは、マリアッチという流し?みたいな楽団の人たちが 「川の流れのように」を日本語で歌ってくれました。見事でした。いくらチップを渡したものか・・とドキドキしましたが、結局、100ペソ渡しました。相場はわかりません。

P1130209.jpg

さて、今回は、そんなカンクンで残念だったこと、驚いたこと、欲しくなったものを書いてみます。

まず、メキシコといえば、やはりマスクです(笑) が、私の知っているものはあまり見つけることができませんでした。

判別できたのは、マスカラス(けどちょっと変)、フィッシュマン、写真はないですが、エル・サント、ドスカラスぐらいでした。

P1130149.jpg

カト・クン・リーのマスクがあったら買おうと思っていたのですが、見当たりませんでした。クンフーとカト・クン・リー、好きだったなぁ。。。(写真はウェブから拝借。左がカト・クン・リーで、右がクンフーです。)

92661133.jpg

次に、驚いたこと。スーパーで買ったオレンジ味のソーダで、チビ加が気に入って飲んでいたものがありました。ただ、飲み終わると、口の周りや唇が着色料のせいなのか、オレンジっぽくなっていましたが(笑)。

驚いたのは、そのことではなく、その名前です。改めて見てみると、「ミリンダ」とあります!

P1130225.jpg

ミリンダといえば、私が子供時代にあったジュースです。とっくに無くなったものだと思っていたのですが、まだ存在していたなんて!懐かしくて驚きました。

最後に、欲しくなったもの。

シカレー海洋公園というところでは、川下りというアトラクション?があります。人口の川を、ライフジャケットとフィンを付けて、泳いでいくのです。途中、洞窟があったりと、言うならば、動物の出てこないジャングルクルーズの川のような感じです。小一時間かかるのですが、うちは、頑張って2コース泳ぎました。

こんなイメージです。(リンク先はグーグルのイメージ検索です。)

このコース中には、ところどころカメラがあって写真を撮ってくれます。もちろん購入しないといけません。

ですが、泳いでいる人たちの中には、持ち手付きの小さなカメラみたいなのを持っている人がちょいちょいいて、ちょっと羨ましかったのです。

その時には、それだけだったのですが、別の日にショッピングモールを歩いていたら、同じものを見つけてしまいました。

そう、それがこの「GO PRO」というもの。

P1130159.jpg

実は、ピラミッドへ行く際に、ガイドさんが、「ゴープロやハンディカムタイプのビデオを持ち込む方は税金が取られますので言ってください」とアナウンスしていたのですが、その時に「ゴープロって何じゃ??」という疑問があったのです。

それが、ここでつながりました。ああ、あの小さなカメラは、GO PROというカメラだったんだ、と。全く知りませんでした(笑)

わが家もハンディカムがありますが、正直なところ、個人的には、撮ったものは編集もしませんし、あまり見返すこともありません。なので、あの棒にカメラがついているスタイルはフレディ・マーキュリーのマイクみたいで憧れるものの、そんなに使い道もないかな、と思ったりもします。

e729be1d052dec17202badf9d7d476b3.jpg

まずはカタログでも見てみますかね。けど、単に自撮り棒でもいいのかな?

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/03(土) 03:49:29|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一時帰国の思い出

IMG_0706.jpg

7月は、ヨメさんとチビ加が約3週間ほど日本へ帰国していました。こちらへ来てから初めての日本帰国なので、1年3カ月ぶりの日本ですね。

日本では、健康診断を受けたり、元々通っていた小学校に体験入学という形で数日通わせていただいたり、お友だちと遊んだりできたようです。

そんな「やることリスト」のうち、チビ加が一番楽しみにしていたのは、買い物・食べ物でした。

私の出張時には、いつもチビ加からの膨大な買い物リスト、主にアメやグミ、ぷっちょなどを中心としたリストが渡されていたのですが、今回は自分の帰国ということもあり、「あれを食べたい」とか「これを買ってこよう」とか、いろいろと考えていたようです。

特に、楽しみにしていたのは、スシロー、牛角、ファーストキッチンなどです。お目当ては、スシローのバジルチーズサーモン、牛角の梅しそ冷麺、ファーストキッチンのフライドポテトにつける各種ディップ、です。お金はあまりかかりません(笑)。

3週間の間には、ちょうど私の出張もあったので、数日は日本で一緒に過ごすことができました。

その数日一緒に過ごしてみて、成長したなぁ~と思ったのは、私が泊ったホテルや私の実家に、ヨメさん抜きで、泊まりに来てくれたことでした。

これまでなら、「お母さんも来ないとイヤ」とか言っていたでしょうが、今回は、冗談半分に「一緒に来る?」と聞いてみると、「うーん・・・行く!」と来てくれました。

まあ、そのうち「お父さんとはイヤ」という意味で「行かない!」と言われるのかもしれませんが、一緒にホテルのバイキング朝食を食べたりと、楽しい思い出ができました。

そして、私だけ一足先に戻り、二人も私から一週間遅れてこちらへ戻ってきてくれました。また3人での生活が始まります。

ちなみに、日本滞在中、スシローには、私との1回を含めて、5回出かけたそうです(笑)。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2016/08/02(火) 05:23:37|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダルビッシュの復帰戦

IMG_4422.jpg

先日、ダルビッシュの2Aでのリハビリ登板は観に行ったものの、赴任以来、いつかメジャーのマウントで投げる姿も観てみたいな~、と思っていました。

日本人会や現地校でレンジャースのチケット斡旋があるのですが、先発ピッチャーが判明する頃には、とっくに締め切られています。

ですが、今回、ダルビッシュが28日に先発する予定だということはアナウンスされていたので、ふと思い立って、昨年同様、テキサス・レンジャーズのサイトでチケットを探してみたのですが、うまく探せませんでした。

やっぱり直前には買えないのか・・・と思いながら、「texas rangers ticket」で検索してみると・・・、あら不思議、他のサイトがたくさん見つかりました(笑)

推測するに、第三者(チケット業者や個人など)が購入したチケットを再販しているのでしょう、たぶん。価格もバラバラでしたし。

昨年、2枚のチケットをもらい、1枚追加購入した時は、内野の前の方の席で100ドル近い値段でした。今回は、そんな高いチケットを買うつもりはなかったので、内野の3階スタンドにしたのですが、それでも、一人40ドルちょっと。5,000円ぐらいかと思うと、なかなかのお値段ですね。

チビ加の補習校が終わるのを待って、久しぶりにアーリントンのグローブライフ・パークへ。事前にパーキングを予約していたのですが、当日行って支払った方が安い、ということを今回学びました(笑)。

選手の紹介が続き、次はいよいよピッチャー、きっとすごい声援なんだろうな、と思っていたのですが、ダルビッシュがコールされると、「Boo~!」とブーイングが・・・。一瞬「えええぇー?!」と思ったのですが、よく聞くと「Yu~!」と言っていたのですね。安心しました(笑)。けど、「Yu~!」のトーンは、高い歓声じゃなくて、あくまでも「Boo~!」と同じ、低いトーンだったのですよ。

IMG_4450.jpg

あと、チビ加が気付いたのですが、先日の2Aの試合でも流れていた、この曲がこの日も流れていました。ソウルジャ・ボーイ・テレム(Soulja Boy Tell'em)の「クランク・ザット(Crank That[Soulja Boy])という曲だそうです。



ダルビッシュのテーマ曲みたいですね。「Yu~!」のところはみんなで歌います。こういうジャンルの音楽には疎いですが、こういうキッカケがあると聴いてみようかな、と思いますね。

IMG_4459.jpg

試合の方は、5回まで1失点で、勝ち投手。当然表情は見えませんでしたが、たんたんと投げている風に見えました。

IMG_4494.jpg

それにしても、やはり空が見える野球場はいいですね~。

IMG_4467.jpg

IMG_4478.jpg

IMG_4484.jpg

帰りに、ギフトショップに寄って、チビ加用に、ダルビッシュTシャツを買って帰りました。

IMG_4491.jpg

IMG_4499.jpg

そういえば、前から気になっていたレンジャーズのプリンス・フィルダー。やっぱり、あのセシル・フィルダーの息子だったんですね。

IMG_4503.jpg

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/06/02(木) 07:33:27|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラスベガス/グランドキャニオン旅行(最終日:フーバーダム・ストラトスフェアタワー)

いよいよ最終日。前日にさんざん街を歩いたので、これ以上歩くというのも芸がありません。

そこで思いついたのが、レンタカーを借りて出かける、というプラン。

実は、会社の同僚にグランドキャニオンへ行く、と言ったら、フーバーダムにも行った方がいいとおススメされていました。

ツアーの初日、ガイドさんに「寄る?」と聞いたら「はい!」ということで楽しみにしていたのですが、言葉の壁だったのか、結局ベガスへの帰路、車中からほんのちらっと見えただけ。ベガスには予定よりも30分以上早く到着したので「なら寄れよ」と内心毒づいていたのです。まあ早く帰りたそうだったし、プランに含まれていないところに寄ることもないのでしょうが(笑)

そんな訳で、心残りだったフーバーダムへ向かうことにしました。

P1110781.jpg

ところが、ダムへ着くまでのドライブの間に、疲れて眠ってしまったチビ加。到着したものの、グズり出して「降りたくない」だの「5分で帰る」だの。私も大人げなく反応して、怒ってしまいました。まあこういう時の私の怒りはすぐに収まるのですが、ヨメさんは引き続きイライラしている様子。

気を取り直してダム観光です。ここは、2日目のホースシューベンドと通じる怖さがありました。落ちたら死ぬ。

P1110788.jpg

P1110793.jpg

ガイドさんが言ってましたが、ラスベガスの水問題は深刻なんだとか。ダムの水位もだいぶ下がってしまっています。

P1110800.jpg

P1110808.jpg

奥に見える橋は、横に遊歩道がついています。

P1110823.jpg

せっかくなので、そっちにも行ってみました。

P1110833.jpg

P1110834.jpg

その後は、ベガスへ戻り、ストラトスフェアタワーに。やっぱりクルマがあると楽ですね。

P1110837.jpg

P1110846.jpg

ここは、日本のテレビでもたまに紹介される場所で、おバカな、というか、無茶なアトラクションがいくつかあります。あいにくの強風で一部運休してましたが、動いていたとしても、お金を払ってまで乗りたくありません(笑)

P1110860.jpg

P1110861.jpg

ちょうど一人タワーから降りて行くところも見ることができました。

P1110850.jpg

P1110852.jpg

最後の思い出に、ストリップをクルマで通り抜けて、レンタカーを返却。家に帰り着いたのは、夜中の0時前でした。

初日には「大丈夫か?」と思ったラスベガス観光でしたが、帰って来てみれば、「また行きたい」と思わせてくれました。

セドナは、フェニックスからクルマで2時間らしいので、そちらから行くのもいいかな、と思いましたが、やはり、ラスベガスでショーやライブも観たいですね。

子どものことを考えると、昼の部のショーも作ってくれるといいのですが、ホテル側は、カジノでお金を落としてもらわないといけないので、難しいのでしょうか?

長いことお付き合いありがとうございました。

- 1日目:ラスベガス
- 2日目:ホースシューベンド・アンテロープキャニオン・モニュメントバレー
- 3日目:グランドキャニオン・セドナ
- 4日目:セドナ・スヌーピー/ルーシーロックなど
- 5日目:ラスベガス南
- 最終日:フーバーダム・ストラトスフェアタワー


テーマ:グランドサークル - ジャンル:旅行

  1. 2016/06/01(水) 00:28:09|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad