LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鶴見川花火大会

この前の土曜日、家族3人で鶴見川花火大会に行きました。

家から比較的近いこと、人手がそれほどでもないこともあり、
今の場所に住んでからは、高い頻度で観に行っています。

娘が生まれる前は、夫婦2人で自転車で行っていたのですが、
あまり置き場がないので、今年はバスで行くことにしました。

凝った演出などはありませんが、普通でよい花火大会です。
これからも続いていって欲しいなと思います。

娘の浴衣も、今年はこれでおしまいかな・・・

【来年のための備忘】
・川岸であれば、どこでもよく見えるので、焦って行かなくても大丈夫。
・打ち上げ場所は、森永工場の対岸ぐらい。
(そのあたり、斜面に降りられないようになっているのは、そのせいかも。)
・バス亭は佃野(つくの)で降りるのがベスト。
・行きに、帰りのバスを調べておくこと。
 1時間に2本しかないので、花火大会が終わる前に
 バスに乗っているようにしたい。満員で乗れなくなる。
・バスの時刻表、同じ時刻表に、行き先の違うバスが書いてあるので、
 行き先をちゃんと確かめること(丸印がついている時間)。
鶴見駅まで歩いてしまい、そこからバスに乗るのも手かも。
(けど、鶴見駅までは徒歩15分と書いてあったから厳しいかも。)
・トイレは、会場の公園(鶴見駅側)にしかないので、時間前に済ませておくこと。

【データ】
時間       19:30~20:30
打ち上げ数   約1,100発
大きさ      4号玉
昨年の来場者 45千人
リンク 鶴見川サマーフェスティバル http://tsurumigawa.com/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

  1. 2010/08/26(木) 12:55:03|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【家族旅行】箱根彫刻の森美術館(2)~大涌谷

さすがにいつまでもネットの森で遊んでいるわけにも行かず、ピカソ館へ移動。

星形迷路と足湯は今回はパスして、
娘と妻とは、二人でシンフォニー彫刻に登っていきました。

20100814_hakone4.jpg

ここは、中のステンドグラスがとてもキレイです。

20100814_hakone5.jpg


そこから、野外の彫刻を楽しみつつ、しゃぼん玉のお城へ。

20100814_hakone6.jpg

ここでも、はじめはびびりんちょだったようですが、
すぐに一人で、ちゃっちゃと高いところへ登っていってしまいました。
すごいすごい。成長を実感します。

2010814_hakone7.jpg

そのあとは、期間限定の「ミッフィーはどこ?」という展覧会で遊んでから、
少し遅めのお昼ご飯を食べました。

せっかく箱根まで来ているので、芦ノ湖でボートでも乗ろうかなと思いましたが、
あまり遅くなってもよくないので、すぐ近くの大涌谷まで行くことにしました。

曇っているせいかわかりませんが、あいにくの霧。
3メートル先が見渡せないような状態でしたが、
なんとか雰囲気を味わうことはできました。

20100814_oowakudani.jpg

それにしても、霧と強風とで、夏とは思えないぐらいの肌寒さ。

名物黒たまごは、ばら売りしていないので食べませんでしたが、
(さすがに、昼ご飯のあとで、3人でゆで卵5個は食べられません。)

ふかしたての温かいお饅頭を食べて、娘はご満悦でした。

今度はいいお天気のときに来たいなと思います。

終わってみれば、あっという間の二泊三日でしたが、
今回は充実していたんじゃないかなと、自画自賛してみます。

うちに着いてからは、バタバタしていたので、
「今回は楽しかったね」とか、そういう会話はなかったのですが・・・(汗)。

(おしまい)
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2010/08/20(金) 15:56:16|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【家族旅行】箱根彫刻の森美術館(1)

いよいよ旅行も最終日。
箱根なので、帰りの渋滞は覚悟して、遊びに行きました。

メインは、彫刻の森美術館

以前遊びに来たときには、2歳だったと思うのですが、
「こどもの国」と同じく、「もう少し大きくなったらいっぱい遊べそうだな」
という感じだったので、再訪することにしました。

入ってすぐに、大きな目玉焼きのオブジェがあって、印象的です。

ちょっと行くと、建物の中に、大きなネットがあって遊べたはず・・・と
思っていたら、そこは大きなクッションのお人形のある遊び場になっていて、
あれ?変わっちゃったんだ、残念だな・・・と思っていたら、

ここで家の近所のお友達に遭遇しました。なんたる偶然。
なんでも朝5時に出てきたそうです。

「浮かぶ彫刻と鯉のいる池」では、鯉にえさがあげられます。
うちの娘は、私に似たのか、動物にえさをあげるのが意外と好きなようです。

20100814_hakone1.jpg

大きなネットの遊び場所・・・ありましたありました。
ネットの森」という巨大なハンモックのような遊び場になっていました。

子どもしか入れないのが残念なぐらい、楽しそうな場所ですが、
びびりんちょの娘は、お母さんに一緒に入ってきてもらいたいようでしたが、
入ることはできないので、怒ってグズグズになってしまいました。

「みんな帰れ~!」と大声で叫びだし、かなり険悪な雰囲気にもなりましたが、
30分後ぐらいかけて、妻がどうにかなだめてくれて、復活。
ネットの森にも、入っていくことができました。

20100814_hakone3.jpg

と、ここで、近所のお友達第2弾に遭遇。なんたる偶然。
こちらも、朝5時に出てきたそうです。

頑張って朝5時に横浜を出発すれば、伊豆・箱根ぐらいなら意外と日帰りでどこでも行けるのかもと思いました。

この段階で、かなり調子に乗ってきたわが娘は、したり顔で案内を開始(笑)。
そこからまた30分ぐらい二人でネットの中で遊んでいました。
結果として、満喫できたので、よかったね。

20100814_hakone2.jpg

関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2010/08/20(金) 15:46:31|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【家族旅行】箱根湯本ホテル別館

西伊豆から伊東へ抜けて、箱根湯本へ向かいます。

道をちゃんと調べていなかったので、遠回りしてしまい、
しかも、渋滞もあったので、ホテルへ着いたのは、6時過ぎになってしまいました。

初日とは打って変わって、慌ただしく温泉に入ったあとで、食事へ。

ここに泊まろうと決めたポイントは、場所もあるのですが、夕食のイタリアン

もともとイタリアンは好きですが、こういうホテルや旅館の食事で
イタリアンというのは、珍しいなと思って決めました。

娘もピザ(特になぜかマルゲリータ)は大好きです。

お盆休みで混んでいたせいか、食事の段取りなどでは少し残念なところもありましたが、
食事はボリュームたっぷりで、味もおいしく、とても満足でした。
(カメラ紛失騒動があったので、晩ご飯を写真に撮れなかったのが残念!)

考えてみれば、家族3人でイタリアンのコース料理を食べたのは初めてです。

ビンゴ大会もあったのですが、食事の時間と重なってしまったのは残念でした。

カードだけはいただいていたので、部屋に戻ってから、娘と二人で勝手ビンゴをしました。
(単に私が数字を言って、娘が穴を開けるだけ。開き具合に応じて、
娘が「リーチ!」とか「ビンゴ!」と叫ぶという。。。)

数字のお勉強に、あのカードはいいかもしれませんね。

小さな渓谷沿いに建っているので、1階にある大きなお風呂の外は、
渓谷の林が望めて、とてもよい感じでした。

野天風呂もあり、湯船に入ってみると、U字型になっていて、
岩の向こう側に行けるようになっています。

娘と二人だったのですが、外も暗いし、他に人もいなかったので、
向こう側に行くのには、もう少し勇気が必要でしたね。

部屋はさすがに古い感じですが、あのお値段であの料理であれば、
満足できるホテルでした。

今度は、空いてそうな時期に行きたいなと思います。



関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2010/08/20(金) 15:34:45|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【家族旅行】土肥海水浴場

翌日は、お天気も回復したので、海水浴へ。

駐車場の制約で、午前中だけ海で遊ぶことにしました。

土肥海水浴場は、若干砂浜に石はあるものの、遠浅で静かな海水浴場です。
(海にはまだ入れないので、実はあまり関係ないのですが。)

砂浜には、漁船というかボートというか、船が4艇(単位合ってるかな?)
ぐらい置いてあって、その中に温泉が入っています。

子どもには適当な遊び場になりますし、大人もほっと一息つけます。

砂浜のすぐ横には、浅めの子どもプールもありますし、冷水のシャワーや更衣室はタダで使えます。

そんなにメジャーではないのか、芋を洗うようなことにはならず、
子どもづれで海水浴に行くなら、かなりオススメできます。

うちも2回目です。

「今年は少しは海に入れるかなぁ~??」と思っていましたが、
まだまだ怖いらしく、波打ち際には近寄りもせず(笑)。

波はどこまでも来ると思っているのか、
「水は絶対にここまで来ないってば。」といくら言っても、
かなり離れたところしか歩きませんでした。

ですが、水にはだいぶ慣れてきたようで、
海辺にあるプールでは、たくさんたくさん遊べました。

20100813_toipool.jpg

楽しかったね。

(つづく)
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2010/08/19(木) 11:21:55|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【家族旅行】土肥温泉ホテルみなみ荘

今年のお盆休みは、少し奮発して、2泊3日で旅行に行きました。

記録的な猛暑が続いていたので、「海にでも行こう」ということで、
前にも行った西伊豆の土肥温泉へ。

20100812_toikaigan.jpg

しかしながら、台風の影響か、初日は雨・・・
海に行くこともできず、土肥金山にちらっと寄ってから、

20100812_toikinzan.jpg

少し早めに、宿泊先の土肥温泉ホテルみなみ荘に到着です。

雨も止んだので、近場をブラブラ散歩したりして、
それはそれでのんびりできました。

お部屋は、予約してくれた妻も知らなかったようですが、
なんと露天風呂付き!!

20100812_minamisou.jpg

でも、結局この露天風呂に入ったのは、妻だけだったのです(笑)。
しかも、早く寝たので、夜中に目が覚めてしまい、
一人で入ったらしいです。

部屋のお風呂に入らなかったのは、
娘が、大きいお風呂がいい、ということだったので。

その分、大浴場には一緒にたくさん入りました。

食事も部屋食で、お刺身を中心に、たこしゃぶ、蟹の味噌汁など、
お腹いっぱいになりました。

20100812_toionsen.jpg

新しくはありませんが、なかなか満足できるホテルでした。

(つづく)
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2010/08/19(木) 11:08:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ開設!

はじめまして。カネコと申します。
このたび、ここにブログを開設させていただきます。

と言っても、まるっきり初めて、という訳ではありません。

以前、衝動的に「はてなダイアリー」で始めたものをぼちぼちとこちらに移しつつ、
少しずつ新しいものも書いていけたらと思っています。

私がこころ動かされたこと

新しくモノをつくっていくのは、やはりワクワクします。

ブログ開設!
関連記事

テーマ:ブログ開設 - ジャンル:ブログ

  1. 2010/08/17(火) 23:32:39|
  2. このブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省中

今週は、妻と娘が、二人で実家に帰省しています。

いつもいる人がいないというのは、結構寂しいです。

昨日の夜に、娘と電話しました。

とても楽しそうで、ゲラゲラ笑っていましたね。
一方的に話をされただけだけど、こっちまで楽しくなりました。


こんな感じ。

「お父さん、今よだれ垂れちゃった(ゲラゲラ)」

「今、お父さんに「よだれ垂れちゃった」って言っちゃった(ゲラゲラ)」

日曜日に迎えに行くので、待っててね。

関連記事

テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

  1. 2010/08/06(金) 22:08:58|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボリショイサーカスを観に行きました

20100802132923.jpg

勝手にイメージしていた以上に、
アナログというか、人力な感じでした。

電動・機械というものはほとんどなくて、
ロープや滑車、重りや体重、力で運営されていきます。

それだけに、
はじめは、サーカス団の悲哀的なもの(=先入観)
を感じましたが、

見ているうちに、その運営が、
完璧なことに気がつきました。

誰の演技の間に、誰がどこにスタンバイしているか、
などといったことがきっちり決まっているようです(当たり前か?)。

まさにプロフェッショナル。

さすがに歴史のあるサーカス団といった感じで、感動しました。

(まあ「国立」という冠がついているのに、株式会社が運営しているって、どういう事情?
 と思ったのは確かなのですが。)

音楽も、基本的にはバンドが生演奏していますが、
やはりサーカスは「ライブ」なので、
見せ場などは、バンドが目で見て、
音をつけていくということなのでしょう。

まあ、1枚1000円の記念写真が、デジカメ&プリントではなく、
いわゆるポラロイドカメラなのはご愛敬?
皆さんも記念にどうぞ。

サーカスは、ボリショイかどうかは覚えていませんが、
小さいころに見ています。
小学生低学年か幼稚園のころに2回ぐらい観てるような気がします。

母方の祖母に連れて行ってもらったのを覚えています。

記憶にあるのは、金網の中をオートバイが走っていたやつです。

ですが、その周辺の景色や、途中どうやってセッティングしていたのか、
などはあんまり覚えていません。
(子どもがそんなところ見ていたらイヤな子ですね。)

あと、やはり子どもにとっては、この目の前で起きていることが
どれだけすごいことなのかは、わからないと思います。

まだまだ自分自身できないことがいっぱいあって、
逆にいえば、可能性がまだまだ無限に広がっているから、
もしかしたら、大人になったらできるようになる、と思っているのかもしれませんね。

けど、お父さんは空中ブランコとか、できないぞ。


うちの娘の目には、どう映っていたんだろう?
大きくなったら聞いてみたいなと思います。

楽しかったです!また行ってみたい。

終わったあとは、伊勢佐木町のプロントで食事をしてから、
みなとみらい方面に徒歩で移動。

ちょうど神奈川新聞花火大会だったので、最後だけ少し観てきました。

混むので、花火が終わる前に帰ろうと思っていたのが、
予想より早い時間に終了だったので、
結果的に最後まで観ることになってしまっただけですが。

やっぱり花火はキレイですね。

東横線は混むだろうから、
京浜東北線で鶴見駅まで。

そこからバスにしたら、思ったより早く家に着きました。

(2010/8/1 16:30開演。横浜文化体育館にて。2時間ぐらい。)

・オープニングに、チェブラーシカと熊のマスコット登場。
・ジャグリング&一輪車や、犬、猫のサーカス
・バランス的なものや、空中ブランコ。
・15分の休憩を挟んで、猛獣(ライオン、虎、ジャガー)ショー。
・綱渡り(熊も)にて終了。(だったと思う。)

関連記事

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/08/02(月) 23:53:27|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。