LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

野毛山動物園 祝60周年!

先日、久しぶりに、野毛山動物園に行きました。

野毛山動物園は、思い入れのある場所で、
過去にも記事を書いています。

「野毛山動物園をご存じですか?」
「野毛山動物園」


今年はなんと「60周年!」だそうです。
おめでとうございます。

20110416_noge1.jpg

入り口から入ってすぐの場所で、
記念の写真展が開催されていました。

この日は、「飼育係が見てきた60年」ということで、
恐らくは、園に保管してあったのであろう
昔懐かしい写真がたくさん展示されていました。

個人的には、ど真ん中の企画です。

20110416_noge2.jpg

20110416_noge3.jpg

「飼育係が見てきた60年」
2011年3月19日(土)~4月17日(日)

「みんなが見てきた60年」
2011年4月19日(火)~5月22日(日)



明日からは、一般から集められた写真の展示が
始まるということなので、是非ともまた行きたいと思います。

20110416_noge4.jpg

昔の入り口にあったキリンゲート!
前を通る自動車が時代を感じさせますね。
今の入り口の方には、黒いゾウゲートもあったはず。


記念行事だけではなく、

チンパンジーの赤ちゃんが生まれていたり、
それに伴ってか、マントヒヒと檻が入れ替わっていたり、

アニマルボックスの展示が一部変わっていたり。
(前は、パチンコ玉を食べ物に見立てて、
磁石で、口からの消化器内を動かす展示がありました。)

少しずつ変化しています。

うちの娘と同じ学年のフク君も立派になってきました。

20110416_noge5.jpg

お近くの方は是非。
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2011/04/18(月) 13:58:43|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お父さんと「おやすみなさい!」

昨日は、祖父の一周忌の法要でした。

久しぶりに、親族が顔を揃えて、
昔話に花を咲かせました。

そんなこんなで、夕方、
家に帰ってきた後は、皆、若干お疲れモード。


いつもは、お風呂に入ったあと、
お母さんが娘を寝付かせます。

お父さんが絵本を読んであげても、
お母さんがいるときは、
最後は、いつもお母さん。

なので、妻がお風呂に入るのは、
娘を寝かしつけた後、になってしまいます。


ところが、

昨日は、妻も疲れている様子だったので、
娘と私がお風呂を出たあとで、
「お母さんにもお風呂に入ってきてもらおうか?」と
娘に提案したところ、

「そうだね。入ってきて!」とのお返事。

『もしかして、お風呂から出てくるまで、
起きて、待っているつもりかな?』

と思ったのですが、

聞いてみると、

お母さんがいなくてもちゃんと寝られる、とのこと。

大丈夫かな~?と心配しながらも、
妻はお風呂へ行きました。


私となぞなぞの本で遊んだあと、
いざねんね、という時間です。

娘は、私に「来ないで!」と言いながら、
一回、お風呂のところへ行って、
お母さんにお休みの挨拶をしたようですが、

そのあとには、私と二人だけで、
すんなりと眠りにつくことができました。

私も、そのまま寝てしまいましたが・・・

また一つ、初めてできたことが増えました!

今朝、妻と話をしたら、
お風呂を出た時には、まだ娘がふとんで、
なにか話している声が聞こえたので、
しばらく潜んでいた、とのこと(笑)。

朝、娘に「寝られたね!」と言うと、
自分でも嬉しそうでした。

「案ずるより産むが易し」と言いますが、
とりあえずは、「やってみること」ですね。

関連記事

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

  1. 2011/04/14(木) 17:49:42|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう年中さん

まだまだいろいろなことがありますが、
関東地方では、いつもの年と同じように、桜が満開です。

今日が入園式の幼稚園や、入学式の学校も多いようで、
出勤の途中、それらしい方々をみかけました。

うちの娘も、気がつけば、明日からは年中さん。

去年の今頃は入園式だったのか・・・とか、
プレ幼稚園の説明会からもう2年以上過ぎたのか・・・、
など、月日の流れの速さには、改めて驚かされます。

普段は、食べるのが遅い、とか、
ごあいさつができない、とか、
「できないこと」に目が行きがちになってしまうけれど、

こういう区切りの時には、

トイレにちゃんと行けるようになったんだな、とか、
「お箸が使える」「鉛筆が使える」「本が読める」
「お手伝いができる」「お友だちと遊べる」などなど・・・

いろんなことができるようになったんだよねと、
あらためて思います。

年少さんの時は、
「幼稚園行きたくない」とか、
「給食がおいしくない」とか、
いろいろ言っていましたが、
これからの一年はどんな一年になるんだろう?

女の子だけあって、
口はどんどん達者になっていって、
反面、人の話はあまり聞かず、
時々カチンと来ることもあるけれど、

その時その時でいつも思うこと。

それは、「今がいちばん幸せな時かもしれないな」ということ。

そして、

「そう思える時が少しでも長く続くといいな」と

改めて思いました。

関連記事

テーマ:幼稚園 - ジャンル:育児

  1. 2011/04/07(木) 12:25:23|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad