LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【読書】ビジネス・インサイト

経営者は跳ばなければならない!

ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)
(2009/04/21)
石井 淳蔵

商品詳細を見る

【目次】

序章 経営者は跳ばなければならない
第1章 実証主義の経営を検証する
第2章 ビジネス・インサイトとは何か
第3章 知の隠れた力tacit knowing
第4章 ビジネス・インサイトをケースで学ぶ
第5章 ケース・リサーチの可能性
第6章 経営における偶有性


【どんな本?】

 自分たちが活動するドメインの中で改良製品を作っていくことを、松下では「強み伝い」というそうだ。このやり方に経営者は必要なく、管理者がいれば十分で、強み伝いをやっているうちに、どんどん斜陽産業になっていってしまうという。

 そのため、強み伝いをするのではなく、ビジネス・インサイト(未来を見通す力)によって「跳ぶ」ことで、長期での企業成長を可能にすることができる。そして、それこそが経営者の役割だというのが本書の主張である。

 人には、もともと、種々の知識、情報、課題を総合的に勘案しながら、「将来を見通していく力」、つまり、ビジネス・インサイトが備わっていると述べられているが、副題に「創造の知とは何か」とある通り、知はなかなか言葉では伝えることが難しいものである。

 本書では、言葉で伝えるのが難しい知を学ぶための手段として、ケース教育を挙げ、その可能性についても言及されている。このあたりは、ケースを使って勉強している方たちにも是非読んでいただきたいところだ。

 私は、実証的経営、いわゆる既存の戦略論や論理的思考に対して、ある問題意識を持っている。それは、論理的に正しい戦略は、裏を返せば、正しくロジックをつなげていきさえすれば、誰もが同じ戦略になってしまうのではないかというものである。
 (もちろん、ロジックをつなげる、ということ自体が難しいことではある。)

 久しぶりに学究的な書籍を読んだので、すべてを理解し切れたかどうかはわからないが、本書を読んで、少なくとも論理的思考だけでは「跳ぶ」ことはできないのではないかと改めて感じた。

最後に一つ、心に刺さった言葉を挙げたい。

トーヨーサッシの創業者である潮田健次郎氏の言葉。

「学者は経営を普遍的に話すから、私にとって応用が利きやすい。」

どちらかと言えば、普通の人は、「学者の話は単なる理屈で、うちの会社には当てはまらない。」と思ってしまいがちである。この姿勢は、見習いたいと思う。

【心に残った言葉/キーフレーズは?】

・物理法則は、普遍の唯一無二の法則である。だが、社会の法則は、条件が違えば違った結果を導き出す。
・「正解を求める」姿勢は、すでにことが終わった時点から眺める姿勢につながってしまう。
・私たちの言葉は、言葉で伝えることのできないものを、つねに後に残してしまう。

【行動計画!】

・当事者意識を持ってケースを学ぶ。「対象に棲み込む」
・「正解はなにか」と考えることをやめる。

ビジネススクール在学中の方、進学を考えている方にも強くオススメします。

ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)
(2009/04/21)
石井 淳蔵

商品詳細を見る

↓応援よろしくお願いします。
関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/30(木) 12:48:35|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書】守りつつ攻める企業 BCG流「攻守のサイクル」マネジメント

事業のライフサイクルをどうマネジメントするか?

守りつつ攻める企業 ―BCG流「攻守のサイクル」マネジメント守りつつ攻める企業 ―BCG流「攻守のサイクル」マネジメント
(2011/06/10)
井上潤吾

商品詳細を見る

【目次】

序 章 あなたの会社は守り一辺倒になっていないか
第1章 「攻守のサイクル」マネジメント
第2章 守りの本質
第3章 攻めの本質
第4章 よい攻め
第5章 優良企業の条件
――攻めつつ守り、守りつつ攻める


【どんな本?】

 著者は、ボストン・コンサルティングのパートナー&マネージング・ディレクターである。

 英語のタイトルは“THE BCG WAY MANAGING THE ATTACK AND DEFENSE CYCLE THROUGH INNOVATION AND KAIZEN”となっており、こちらの方が内容をよく表しているかもしれない。

 本書では、事業のライフサイクルをどうマネジメントしたらよいか、その方法が提示されている。
 簡単に言うと、成熟から衰退の段階は「守り」であり、そこではカイゼンが重要な活動になる、そして、誕生から成長の段階は「攻め」であり、イノベーションがカギになる、ということだ。

 本書の比重は、日本企業が弱いとされるイノベーションの部分にかかっているが、本書が面白いのは、イノベーションに発見について書かれている部分である。

 それは、メガトレンド×技術資産で原石を発見するというBCGのアプローチと、オープン・イノベーションを活用する、というものである。
 そして、イノベーションを発見するための方法は、個人レベルにまで落とされ、イノベーション思考の特徴、創造性を喚起するための工夫(身体状態、環境など)やBCGの思考ツールが述べられている点である。これらは、仕事術や発想法といったビジネス書に書かれていてもおかしくないような内容となっている。

 内容的には、一般化され過ぎている感もあるが、「うちでもやったけど、うまくいかなかったよ。」という意見を言う前に、そういう会社の方には、本当に徹底して実行されていたのかどうか、本書をもとにして再検証してはどうですか?と言いたい。

 本書は、閉塞感のある日本企業に向けて書かれており、震災後という時期も重なり、日本企業の復活に対する著者の熱い気持ちが感じられた。

【本書のキーワード/キーフレーズは?(大事なこと3つ)】

・事業ライフサイクル・マネジメント
・守り=カイゼン
・攻め=イノベーション

【行動計画!(読み終わったら何をしよう?)】

・事業を、ライフサイクルの視点で分類する
・メガトレンドを意識する

複数事業を統括されている立場の方にオススメです。

守りつつ攻める企業 ―BCG流「攻守のサイクル」マネジメント守りつつ攻める企業 ―BCG流「攻守のサイクル」マネジメント
(2011/06/10)
井上潤吾

商品詳細を見る


↓応援よろしくお願いします。
関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/29(水) 12:03:46|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日のプレゼント(その2)

昨日、娘からもらったプレゼントの写真を載せましたが、
同じ日に、妻からもプレゼントをもらいました。

20110619_fathersday3.jpg


20110619_fathersday4.jpg

写真ではあまりわかりませんが、
青いボトルがとてもキレイでした。

嫁さんのお父さんではありませんが、
お父さんと同じように大黒柱にならなくちゃ、
と思うのですが、なかなか難しいです・・・

こちらこそ、
いつもありがとう!!!

関連記事

テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

  1. 2011/06/28(火) 12:36:35|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日のプレゼント

少し遅いアップになってしまいましたが、
父の日の前日に、娘からプレゼントをもらいました。

幼稚園で作ってきてくれたものです。

幼稚園では、内緒にするつもりだったようですが、

そこは年中さん。

内緒にしていることを話したい気持ちが先に出てきてしまいます。

20110619_fathersday1.jpg

トレーです。

娘と私の絵が描いてあります。

20110619_fathersday2.jpg

しろくまの腕のところに、
腕時計が引っかけられるようになっています。

お財布などを置くのに使いたいと思います。

ありがとう!!!

関連記事

テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

  1. 2011/06/27(月) 12:18:38|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポータブルHDDの寿命って・・・

家のPCは、内蔵HDの容量があまり大きくないので、
外付けHDDを使っています。

構成としては、こんな感じです。

[PC内部]
OS(C):(53.9GB)
RECOVERY(D):(9.99GB)
DVD RW ドライブ(E):
LOCAL DATA(F):(47.7GB)

もともとはCドライブしかなかったのですが、
追加のソフトウェアをインストールしたりするために、
Fドライブを分割して作りました。

リカバリーというのは、もともとあったのかな?
その程度の認識です。

[外部]
ローカル ディスク(G):ポータブルHDD(B社製)(465GB)
ローカル ディスク(H):ポータブルHDD(I社製)(74.5GB)
外付けHDD(I):(B社製)(596GB)

(G)は、デジカメやビデオカメラのデータ、
音楽のデータなどが入っています。
(H)は、昔同じ役割を果たしていたのですが、
容量も小さいので、今はその他のファイルなどを入れています。
(I)は、(G)のバックアップ用です。

このうち、ポータブルHDDは常時接続しているのですが、
外付けについては、バックアップなどを取る時にだけ電源を入れています。

(G)は、使い始めてから3ヶ月ぐらいしか経っていないのですが、
最近調子が悪くて、初期化せざるを得ませんでした。
それでも、たまに、ピコピコ音がしています。

この前に使っていたものも2年ぐらいで調子が悪くなりました。
ポータブルHDDの寿命ってそんなもんなのでしょうかね???

音楽データは世の中を探せば見つかるものですが、
自分で撮ったデジカメやビデオのデータというのは、
世の中にないですから、予防保全が重要です。

クラウドも検討していますが、
ファイルのバックアップには、
まだまだ正解はないようですね。

関連記事

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/06/24(金) 11:31:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書】たった一人で組織を動かす新・プラットフォーム思考

リーダーにカリスマ性は必要ない!

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
(2009/12/18)
平野 敦士 カール

商品詳細を見る

【目次】

1章 なぜいま新・プラットフォーム思考のリーダーが求められているのか?
第2章 「プラットフォーム」は億万長者のビジネスモデル
第3章 企業はなぜ中間管理職のリーダーを求めるのか?
第4章 誰でもリーダーシップが身につけられる15の鉄則
第5章 「プラットフォーム」を最大化する18のアライアンス術
第6章 時代を読むための知識が身につく「プラットフォーム」勉強法―経営・経済・英語はこう学ぶ


【どんな本?】

著者は、「おサイフケータイ」の発案者であり、
現在は、大学などで講師も務める方です。

ビジネス書も数多く出版されていて、
その中心となっている概念が「アライアンス」であり、
そこから発展する「プラットフォーム」です。

プラットフォームとは、いわゆる「場」のことで、
その場を主催する元締め、胴元には、情報などの資源が集まります。
そして、その主催者は、それらの資源を使って、
またそのプラットフォームを拡大できるのです。

ビジネスでは、任天堂のゲーム機しかり、楽天しかり、
成功しているビジネスモデルです。
facebookなどのSNSもプラットフォームと言えるでしょう。

このプラットフォームの考え方を、
リーダーとしての個人に落とし込むのが本書です。

とはいえ、本書の内容は、
とても盛りだくさんで、多岐にわたっています。

目次にある通り、
経営戦略の話から、リーダーシップの鉄則、
アライアンスを成功させる鉄則。

社外人脈を築く鉄則もあれば、
英語勉強法、経済・経営学のおすすめ書籍の紹介、
おすすめブログまであります。

本書の内容からすると、
勉強法は蛇足的な感もなきにしもあらずですが、
面白いので、良しとします(笑)。

最後には、人間力が強調されていて、
著者の行動規範が示されます。

まずは、人として、
きちんとした人になりなさい、
という当たり前の、
ただし忘れがちなことです。

通してみると、本書には、
経営戦略論、仕事術、勉強法、自己啓発といった、
ビジネス書のエッセンスが凝縮されていることになりますね。

【本書のキーワード/キーフレーズは?(大事なこと3つ)】

・1人で1億円のビジネスを作るのではなく10人で100億円のビジネスを
・周りを見方につけたリーダーに
・最終的に問われるのは人間力

【行動計画!(読み終わったら何をしよう?)】

・社内勉強会を立ち上げる
・英語の勉強をする

組織のリーダーとして新しく赴任する方にもオススメです。

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
(2009/12/18)
平野 敦士 カール

商品詳細を見る

↓応援よろしくお願いします。
関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/23(木) 08:33:41|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書】金融工学、こんなに面白い

超整理法シリーズの野口教授による金融工学の入門的新書です。

金融工学、こんなに面白い (文春新書)金融工学、こんなに面白い (文春新書)
(2000/09)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

【目次】

第1章 金融工学で金持ちになれるか?
第2章 金融工学のテーマは「リスク」
第3章 分散投資の原理
第4章 「ベータ」投資理論
第5章 先物取引
第6章 オプション
第7章 未来を拓く社会的技術


【どんな本?】

このところ、リスクに関する本を読んできたので、
その流れで本書を読み直しました。
結果的に、昔、診断士の受験の時に勉強した、
ファイナンスの復習にもなりました。

本書は、超整理法でおなじみの野口悠紀雄教授が、
2000年に書かれた金融工学の入門書です。

新書というフォーマットで、しかも縦書きなので、
扱いとしては、やはり入門書になるのでしょう。
著者もあとがきで、できるだけ易しく書いたと述べています。
(同時に、それが難しいことだ、とも。)

ただし、扱っている内容が金融工学なので、
書いてあることをすべて理解しようとすると、
ある程度の統計学やファイナンスのバックグランドが必要です。

言葉だけの説明ではなく、数式や図があればわかりやすいかも、
という部分もありました。

とは言うものの、わからない部分は流し読みすれば良いですし、
エピソードや歴史の話、なにより野口氏の想いも
多く出てくるので、読み物としてとても面白いと思います。
巻末には索引も付いており、とても親切です。

内容は、目次にあるように、
そもそも金融工学って何?という話から、
その根幹をなす理論、
そして、先物やオプションといった、
馴染みの薄い世界の話を、
時に我々の生活に引き寄せたりして説明してくれます。

7章では、工学に対するこだわりも披露されており、
その考え方が、一連の「超」シリーズにつながる、
方法論・システム論を生んだのだと感じました。

【本書のキーワード/キーフレーズは?(大事なこと3つ)】
[あとで書く]

【行動計画!(読み終わったら何をしよう?)】

・「工学」という考え方を身につける
・統計、数学系の読書の流れをキープする

金融工学の全体像をざっくり理解したい方にオススメです。

金融工学、こんなに面白い (文春新書)金融工学、こんなに面白い (文春新書)
(2000/09)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


↓応援よろしくお願いします。
関連記事

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/22(水) 11:08:46|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父が退院して見えたこと

未破裂の脳動脈瘤クリッピングの手術を受けた父ですが、
土曜日に無事退院しました。

入院したのが6月5日だったので、
ちょうど2週間、14日間の入院でした。

髪の生え際を少し剃ったので、
私が昔買ったストーンズのキャップをかぶっています。

ただ、本人曰く、
「どこも、なんともない」
とのことなので、
心の底からほっとしました。

日曜には、病院の母も、
久しぶりに父に会えて、
涙を流して喜んでいました。

考えてみると、
そういう父母の姿は見たのは、
初めてかもしれません。

というより、
あまりそういう姿を
子どもには見せなかったのでしょう。

自分が親になってみると、
そんな気がします。

母が病気になってしまったことで、
感情を露わにするようになり、
そういった面が見えるようになりました。

夫婦の間には、
子どもにはわからない絆があるんだなと、
今さらながら、実感しました。


これで脳動脈瘤については一段落しましたが、
ふと気付けば、自分が高血圧。

注意しないと・・・
関連記事

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

  1. 2011/06/21(火) 15:12:23|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下駄

201011_GETA.jpg

妻のお母さんからいただいた鎌倉彫の下駄です。

おととし、去年と履いてきましたが、
さすがに、大きさがもう限界に近づいてきました。

カランコロンという音も気持ちよく、
娘も大のお気に入り。

浴衣でお祭りに行くときはもちろん、
普通の洋服でのおでかけの時にも、
履いて出かけたこともありました。

もうすぐ夏祭りの時期だから、
新しい下駄を買ってあげようかな。

と思いつつ、なんとか今年はいけそうな気配も・・・


関係ないですが、こちらは、初めての「駿足」。

201011_Shunsoku.jpg

ただ捨てるのも忍びないので、
去年の年末に撮った写真です。

関連記事

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

  1. 2011/06/20(月) 17:53:08|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書】星野リゾートの教科書

教科書をつまみ食いしないで「100%」の実践を!

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則
(2010/04/15)
中沢 康彦

商品詳細を見る

【目次】

第1部 星野佳路社長が語る教科書の生かし方
―定石を知り、判断ミスのリスクを最小にする

ステップ1 本を探す
  書店に1冊しかないような古典的な本ほど役に立つ
ステップ2 読む
  1行ずつ理解し、分からない部分を残さず、何度でも読む
ステップ3 実践する
  理論をつまみ食いしないで、100%教科書通りにやってみる

第2部 教科書通りの戦略
―難しそうに見えて、実は効果的である

どこにでもある旅館を高級旅館として再生
 “その他大勢”から抜け出す
 『競争の戦略』
 (マイケル・E・ポーター著)

市場で埋没したリゾートを独自戦略で立て直す
 他社の追随をやめ、ニッチ市場を開拓
 『コトラーのマーケティング・マネジメント基本編』
 (フィリップ・コトラー著)

「予約しやすさ」で他社と差別化する
 コモディティ化した市場で勝つ
 『The Myth of Excellence』
 (Fred Crawford, Ryan Mathews著)

「変えない」でお客様の心をつかむ
 長期的な視点で売上高を伸ばす
 『売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則』
 (アル・ライズ、ジャック・トラウト著)

第3部 教科書通りのマーケティング
―「やるべきこと」をやり切ればすべてが変わる

「おいしくなかったら全額返金します」
 スキー場のレストランのヒットメニューを育てる
 『いかに「サービス」を収益化するか』
 (DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部編・訳)

お客様への対応は数十秒の勝負
 瞬時に最適判断する人材を育てる
 『真実の瞬間』
 (ヤン・カールソン著)

おもてなし向上へ「気づき」を集める
 1人ひとりにピッタリのサービスを提供
 『ONE to ONE マーケティング』
 (ドン・ペパーズ、マーサ・ロジャーズ著)

顧客が感じる「品質」を長期的に高めていく
 ブランド価値を高める改革
 『ブランド・エクイティ戦略』
 (デービット・A・アーカー著)

第4部 教科書通りのリーダーシップ
―すぐに成果は出ないが、必ず成果は出る

社員の気持ちを1つにまとめる
 ビジョンを掲げて会社の目指す方向を示す
 『ビジョナリー・カンパニー』
 (ジェームズ・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス著)

熱狂的ファンをつかむコンセプトを作る
 競争力向上のカギは「自分たちで決める」
 『1分間顧客サービス』
 (ケン・ブランチャード著)

社員が持つパワーを引き出して業績回復
 「任せる」から、社員は自分で考えて動く
 『1分間エンパワーメント』
 (ケン・ブランチャード、J・P・カルロス、A・ランドルフ著)

会社に残すべきは経営者の姿勢
 堂々とした生き方を見せる
 『後世への最大遺物 デンマルク国の話』
 『代表的日本人』
 (内村鑑三著)

第5部 教科書通りに人を鍛える
―「未経験者歓迎」で成長できる理由


【どんな本?(感想も)】

本書は、旅館・ホテルの運営会社である星野リゾートの4代目社長である
星野佳路氏の経営手法を追った、雑誌『日経トップリーダー』の記事を加筆したものです。

星野社長自身、米国コーネル大学ホテル経営大学院でのMBAホルダーですが、自身の経営にいかに教科書を役立てているか、ということが語られています。

囲碁や将棋の世界に定石があるのと同じように、教科書に書かれている理論は「経営の定石」である。何も知らないで経営するのと、定石を知って経営するのとでは、おのずと正しい判断の確率に差が出る。それは会社の長期的な業績に直結するはずだ。(p.14)


「教科書通りに経営する」というと、誰にでもできる、自信がない、頭でっかち、というマイナスのイメージに捉えがちですが、そもそも、どの教科書を選んだか、ということは、どう転んでも自分の責任であり、人のせいにできるものではありません。

そして、教科書通りに100%実践することが強調されていますが、これは誰にでもできることではないでしょう。

教科書から学んだ人でも、実践の段階になると、理論の中から「導入しやすい部分」「都合のいい部分」だけを使おうとすることが多い。「3つの対策が必要だ」と求められているのに、「1つならできるから、それをやってみよう」と理論をつまみ食いしたり、「当社はこのうちの2つはやっているから大丈夫だ」と理論を言い訳の材料にしたりするケースが目立つ。(p.23)


本書は、ケースブックのような形式で、各テーマごとに、状況と教科書、課題、解決法、その後の展開、といった流れで進んでいき、その教科書のキーポイントが示されます。

多くのテーマを取り上げているせいか、個々のケースについての掘り下げは浅く、不完全燃焼な感じもありますが、取り上げられている教科書はいずれも名著であり、そういった教科書紹介としても、読み応えがあると思います。

私は、まだ星野リゾートの運営する施設にお世話になったことはないのですが、読んでいて、とても行きたくなりました。

【本書のキーワード/キーフレーズは?(大事なこと3つ)】

・教科書通りに、100%を実践する
・平積みの本より、書店に1冊の古典を
・教科書からは、アートではなく、サイエンスを学ぶ

【行動計画!(読み終わったら何をしよう?)】

・常に、「今の課題は何か」という問題意識を持つ。
・読んだ本をマニュアルとして「100%」実践する。
・星野リゾートの運営施設へ遊びに行く。

経営を学ぼうという若手の方にオススメです。

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則
(2010/04/15)
中沢 康彦

商品詳細を見る


↓応援よろしくお願いします。
関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/17(金) 12:55:40|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad