LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大倉山観梅会で「りんごあめ」を初体験

20120218.jpg

今年も大倉山の観梅会へ行ってきました。

今年は2月の18日(土)、19日(日)だったのですが、梅の開花はまだまだこれからといった感じでした。
まあ本命は梅を見ることではなく、出店をのぞくことだったりするのですが、それでもやはり少し寂しいです。

午前中だったせいか、人出もまだあまり多くありませんでした。

昨年は、大倉山駅の方から登ってきて、記念館周辺で買い食いをしたのですが、今年は反対側の大曽根の方から上がっていったので、いきなり梅園の方に出てしまいました。

やはり梅園の方で何か買うと値段もちょっと高いので、飲み物などは、コンビニで買っていった方が良かったかな。

20120218_2.jpg

地域の方たちの和太鼓の演奏などもありました。

そんな中、今年は、生まれて初めて「りんごあめ」を購入。

「生まれて初めて」というのは、娘ももちろんですが、実は私も初めてなのでした。

前日に聴いていたポッドキャストのある番組で、ちょうど「りんごあめ」がイチオシされていたのです。

「飴をバリッ噛んだのと同時に、りんごのシャリッとした食感が来て、たまらない!」という話だったので、思わず「大」サイズ(300円也)を購入しました。

で、早速ガリッ、バリッとかぶりつきました。

「・・・全然違う!?」

割れた飴の破片が歯にべったりとくっついてしまい、りんごを噛みたくても噛めないという歯がゆい感じです。

「な~んだ」と失望してしまいましたが、娘は気に入ったようで、一生懸命食べていました。

もう買うことはないでしょう。

後日、会社でそんな話をしていると、同僚が「最初に飴が薄くなるまで舐めるんだよ。」と教えてくれました。

そういうことだったんですね。
確かに「あめ」だわ。

また今後買わなくちゃ。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

  1. 2012/02/25(土) 07:30:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おひなさまを飾りました

20120218_hina2.jpg

18日の土曜日に、遅ればせながら、おひなさまを飾りました。

父母ともども、出そう出そうと思いつつ、なかなかタイミングが合わず、この日になってしまいました。

いままでは、娘が寝たあとに飾っていたのですが、今年は少しお手伝いもしてもらいながら出しました。

いつも箱から出す過程を写真に撮っています。

20120218_hina1.jpg

年に一度のことなので、片付けるときに、どう仕舞ってよいかわからなくなってしまうからです。

毎年撮っているので、ハードディスクには過去の写真もあるのですが、いちいちパソコンのところまで確認しに行くのが面倒なので、デジカメを覗きながら、片付けています。

毎年のことなので、手順書でも作っておいた方がいいかもしれませんね。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児

  1. 2012/02/24(金) 18:45:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年のバレンタイン(2012)

ブログに書くのが遅くなってしまいましたが、バレンタインデーに、妻と娘からプレゼントをもらいました。

20120214_1.jpg

2人して作ってくれたチョコレート。
細かく砕いたアーモンドが入っています。

20120214_2.jpg

妻が作ってくれたチーズケーキ。

どちらも美味しかった。

20120214_3.jpg

こちらは、買ってきてくれたアイスワインのミニボトル。

勿体なくってまだ飲んでません。

20120214_4.jpg

今週末に一緒に飲めるかな。

ありがとう。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

  1. 2012/02/24(金) 16:15:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社歴を語り継ぐ必要性について

先日来、必要に迫られて、自分の所属する会社の歴史を調べていました。

私のいる会社は、戦後まもなく設立された会社なのですが、設立の経緯や沿革については、断片的にしか知りませんでした。

そこそこの規模の会社なので、もちろん「○○周年記念社史」というものはあるのですが、いまいちパッとしません。

というのも、「○年に○を発売」という事実はそれなりに書いてあるのですが、「誰が」「どうして」という物語が書いていないのです。

だから、あまり記憶にも残りません。

ところが、いろいろと散らばっている資料などを見ていると、そこには多くの物語がありました。

当たり前ですが、「会社設立」という時期のない会社はありません。

そして、会社設立には、創業者の強い想いが込められているはず。
それは、本田宗一郎さんや松下幸之助さんといった有名人に限りません。

それだけでなく、創業者の想いに共感した人たちやその後の多くの従業員の努力によって、ここまで会社は続いてきてきます。その間には、戦後の復興や高度成長など、今とは大きく異なる社会環境もあったでしょう。

そうしたことを知ることによって、いつの間にか「大企業病」に陥ってしまった会社や、自分で決めることができなくなってしまった従業員も、パワーをもらうことができるはずです。

私も、そういった物語に触れて、「うちの会社って、そんなに捨てたもんじゃないな。いや、大したことをやってきた会社だな。」と気づかされましたし、「よし、自分も負けないように頑張ろう!」と思いました。

例えるならば、年表と歴史小説のようなもの。

「歴史が好き」という人は多いですが、ただ年表を見ているのが好きな人は、どれぐらいいらっしゃるのでしょうか?
それよりも、フィクションが多少混じっていたとしても、歴史小説に心躍らせ、元気をもらうという方が多いのではないかと思います。

それと同じように、自分の会社の先人たちが、どんな苦労をして、現有事業を興してきたか。

そういったことを語り継いでいくことの必要性を再認識させられました。

今日は会社についての話でしたが、きっと家族も同じですね。

このブログもそうですが、なるべく記録を残しておこうと思います。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:中小企業診断士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/02/16(木) 22:45:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子ども同士での取り合い

姪と娘の初めて一緒のお出かけは、こんな感じで楽しく遊んできたのですが、何もなかった訳ではありません。

子ども同士なので、もちろん、もめ事も起きていました。

それは、跳び縄の取り合い。

一応、ケンカにならないように、2本持っていったのですが、1本は幼稚園で使っている少し高級そうな重量のあるもので、もう1本は100円ショップで買ったものでした。

それをめぐって、取り合いが起きていました。

娘としては、自分のものでもあるし、重たい方がうまく飛べるので、ゆずりたくない様子。
一方で、姪としても、年上だし、高級な方が色も綺麗なので、使いたい。

先に使っていた姪っ子に、「返して!」と言うも、なかなか返してくれません。

2人とも、たまにこちらの方をチラチラと見ながら、

「お父さん、私に返すように言ってよ。(娘)」
「返さないとおじさんに怒られるかも。(姪)」

と目が語っていましたが、こちらもあえて何も言わず、しらんぷりをしていました。

すると、ほんのしばらくすると、ちゃんと順番に使っていました。

お姉ちゃんの姪が譲ったのか、娘が譲ったのか、
どちらか知りませんが、年中、年長ともなると、
少しずつ自分たちで解決できるようになるようですね。

この先もずっと仲良しでいて欲しいなと思いました。
また一緒にお出かけしようね。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:お友達とのトラブル - ジャンル:育児

  1. 2012/02/14(火) 22:50:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【おでかけ】大きな砦のある公園(大池公園)

少し前の話ですが、娘と姪っ子を連れて、大池公園に行ってきました。

姪っ子は、うちの娘の一つ上、年長さんの女の子ですが、一緒におでかけするのは、これが初めてです。

本当は、動物園でも連れていてあげようかと思っていたのですが、年末のためにどこも休園でした。
その代わりに行った大池公園は初めての訪問でしたが、とてもとても楽しめる公園でした。

正式名称は、「こども自然公園」というらしく、大池公園というのは通称だそうです。
その通称の通り、入るとすぐに大きな池があり、水鳥がたくさんいました。

20111230_1.jpg

しばらく行くと、「とりでの森」があります。

20111230_2.jpg

山の斜面を利用して、遊具のとりでが造られており、遊具の真ん中には、かなり長いローラーすべり台があります。

20111230_4.jpg

このすべり台、とても長くて楽しいのですが、冬場だったため、手で体を支えようとすると、静電気が激しくて大変だったりしました。
ご近所さんらしき子どもたちは、すべり台用のマットなどを持参してきていましたね。

20111230_3.jpg

すべり台を挟んで、ネットのトンネルがその上を通っていたり、トランポリンのようなマットがあったりします。

20111230_5.jpg
(上から見たところ)

20111230_6.jpg
(下から見たところ)

ここでしばらく遊んだ後は、持参したお弁当を食べました。
この日は売店がやっていなかったので、どんなものを売っているのかはわかりませんでしたが、ご飯は持参した方がいいかもしれません。

その後、園内を散策してから帰りました。

20111230_7.jpg

園内には、もう一つの目玉である「ちびっこ動物園」もあります。

ここは、野毛山動物園の管轄らしく、野毛山にある「なかよし広場」のようなものがあるらしいのですが、動物園と同じく、年末のため休業だったので、ここは次回のお楽しみです。

園内には、他にも、桜山や梅林、ホタルの生息池やバーベキュー広場などもあるようで、訪れた季節によって、楽しいことがあるようですね。

この日はとても寒かったのですが、娘たちも一緒に遊べて、とても楽しかったようです。

こども自然公園(こどもしぜんこうえん)

住所:横浜市旭区大池町65-1

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:公園&散歩&広場 - ジャンル:育児

  1. 2012/02/13(月) 21:30:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎大師のすぐ隣り(大師公園)

大師様にお参りしたあと、境内の出店で焼きそばやフランクフルトなどを食べてから、隣りにある大師公園に行きました。

この公園は、遊具が充実しているようで、前から気になっていた公園です。

1000円もって公園へ行こう!

大型の遊具は、2箇所にありました。

まずひとつは、少し小さい子向けという感じ。
船の形をしていて、小さなすべり台などもついています。

20120204 daishipark1

20120204_daishipark2.jpg

そこから少し離れた場所に、もう少し大きめの遊具があります。

ここは、ターザンロープ、ローラーすべり台などもあり、もう少しお兄ちゃん、お姉ちゃん向けという感じでした。(5歳でも十分遊べましたが。)

20120204_daishipark4.jpg

20120204_daishipark3.jpg

20120204_daishipark5.jpg

この2箇所の間には、用水路というか小川のようなものもあるのですが、この日は水はありませんでした。
それが冬だからなのか、夏には水を流すのか、よくわかりません。

娘も気に入ったらしく、帰って来てから「また行きたい!」とのこと。

今回は行きませんでしたが、ここには中国庭園もあり、コスプレの人たちには人気の撮影スポットだど、ちょっと前の『アド街ック天国』でやってました。

この日はあまり時間がなかったので、今度はもう少し時間を取って遊びに行きたいと思います。

川崎市施設案内


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

  1. 2012/02/07(火) 13:15:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年のおみくじ

20120204_daishi1.jpg

昨年に続いて、今年も川崎大師へ行きました。

年初に母が亡くなったこともあり、初詣に行っていなかったのですが、私自身が数えで本厄なので、厄除けに行ってきました。

本当は、先週行くつもりでしたが、娘の熱のため、延期したものです。

さすがに節分も過ぎると、混んでいるという感じではなく、表参道から入ることができました。

お参りしたあとは、発熱中から楽しみにしていたおみくじを3人で引きました。

昨年は、妻:吉、娘:大吉、私:大吉だったのですが、今年は、妻:大吉、娘:大吉、私:吉でした。

20120204_daishi2.jpg
娘だけ2年連続で大吉です。楽しいことがたくさんあるといいね!

20120204_daishi3.jpg
私は、去年の九十九番に続いて、五十五番でした。

その後は、本堂で厄除けの護摩を焚いていただきました。

ぎゅうぎゅう詰めで、正座した足も崩せないぐらいでしたが、遠い昔、まだ子どもの頃、ここに入った記憶が甦ってきました。
たぶん母方のお祖母ちゃんたちと一緒だったのだと思います。お正月は、家業が忙しかったので、母はいなかったはずです。

今回は勝手がわからず、妻娘と別れて、1人で本堂に入ったのですが、もしかして、一緒でも良かったのかもしれませんね。

無事に来年を迎えられたら、家族でお礼に伺おうと思います。

2011年のおみくじ

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

  1. 2012/02/06(月) 14:15:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書】2012年1月の逸冊!(1月に読んだ本)

新年ということも忘れるぐらいの月でしたが、先月から繰り越していた本が多かったこともあり、9冊の本を読むことができました。

 先月読んだ本

・宮崎 駿 『本へのとびら――岩波少年文庫を語る』

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
(2011/10/21)
宮崎 駿

商品詳細を見る

ジブリの宮崎氏の児童文学への想いです。
今でこそ、そこそこ読書が好きな私ですが、小さい頃はこういう本はほとんど読んでいなかったなのだなと気づきました。
『ベーブルース』の伝記やズッコケ3人組などはよく読んでいた記憶があります。


・立川 談志、吉川 潮『人生、成り行き―談志一代記』

人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)
(2010/11)
立川 談志、吉川 潮 他

商品詳細を見る

昨年、逝去された家元が対談形式で語った自らの半世紀です。
当然ながら面白いことは面白いのですが、対談本なので、何か物足りない感じが残りました。弟子たちの本も読みたくなります。


・成毛 眞『就活に「日経」はいらない』

就活に「日経」はいらない就活に「日経」はいらない
(2011/12/16)
成毛 眞

商品詳細を見る

成毛氏とその娘さんの就職活動体験記です。
子育てに関する話もあり、とても参考になりました。
自分の娘が就職する時代はどんな時代になっているのだろう、と少し心配になりました。


・向山 貴彦『童話物語〈上〉大きなお話の始まり』

童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦

商品詳細を見る

・向山 貴彦『童話物語〈下〉大きなお話の終わり』

童話物語〈下〉大きなお話の終わり (幻冬舎文庫)童話物語〈下〉大きなお話の終わり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦

商品詳細を見る

大部のファンタジー小説です。
その独自の世界観にも圧倒されるのですが、とても優しくなれる小説です。


・藤原 和博『坂の上の坂』

坂の上の坂坂の上の坂
(2011/11/22)
藤原和博

商品詳細を見る

退職後の暮らしを迎えるにあたって、多くのサラリーマンが抱えるであろう不安に対する準備や心構えが具体的に書いてあります。
私自身、まだ多少時間があるので、できることから始めたいと思います。
購入したのは母が亡くなる前だったのですが、結果的に、自分の将来と向き合うことになりました。


・阿部 謹也 『自分のなかに歴史をよむ』

自分のなかに歴史をよむ (ちくま文庫)自分のなかに歴史をよむ (ちくま文庫)
(2007/09/10)
阿部 謹也

商品詳細を見る

著名な歴史学の先生(故人)による自伝的エッセイです。
自分が歴史学を研究した理由や研究するとはどういうことかといった自伝的なこと、そして、その研究内容に関することが綺麗な文章で述べられています。


・渡部 昇一『知的余生の方法』

知的余生の方法 (新潮新書)知的余生の方法 (新潮新書)
(2010/11)
渡部 昇一

商品詳細を見る

『坂の上の坂』からの老後に関する本つながりです。
自分の倍以上生きている著者が、知的生活を続けているという姿勢というか覚悟に感銘を受けます。『パンセ』や『人間-この未知なるもの』などにも興味を惹かれました。


・東 直己『消えた少年』

消えた少年 (ハヤカワ文庫JA)消えた少年 (ハヤカワ文庫JA)
(1998/06)
東 直己

商品詳細を見る

久しぶりにミステリー小説を読みました。
ハードボイルドな臭いもあり、キャラクターが際立っています。
シリーズになっているようですね。


 ひみつシリーズ

小さい頃に読んでいたひみつシリーズですが、今月読んだものはありません。


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った1月の「逸冊!」は・・・


『童話物語』です!

童話物語童話物語
(1999/03)
向山 貴彦

商品詳細を見る

(※画像は単行本です。)

『坂の上の坂』をはじめ、どの本も良かったのですが、この小説は是非おススメしたいです。

貧しくて貧しくて、捻くれてしまったベチカが、妖精のフィッツと出会う物語です。母への想い、そして、そこから旅立っていく過程など、何カ所も涙腺が緩んでしまいました。

ということで、今月の読書傾向は・・・童話や児童文学から、就職、老後など、いろいろまとめると、「人生」ということになるかもしれませんね。


 他購入した雑誌など

・BURRN! 2012年2月号

BURRN! (バーン) 2012年 02月号BURRN! (バーン) 2012年 02月号
(2012/01/07)
不明

商品詳細を見る

巻頭特集がMR.BIG。昨年1年の振り返りもありますが、今月は、家元とのお別れについての立川談四楼氏のコラムに尽きるでしょうね。


・せいかつの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)

せいかつの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)せいかつの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)
(2010/03/16)
流田 直

商品詳細を見る

結局、この図鑑を買いました。
※参考「魅せる図鑑」


・日経 ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 02月号 [雑誌]

日経 ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 02月号 [雑誌]日経 ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 02月号 [雑誌]
(2012/01/10)
不明

商品詳細を見る

大人の習い事の特集号。
セブンイレブンで購入したら、携帯プレーヤー用のスピーカーが付いてきましたよ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/02/02(木) 22:45:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに発熱しました(続き)

前のつづきです。

結局、翌日の朝は、36.9度とほぼ熱も下がり、本人も「(幼稚園に)行きたい!」と言うので、行かせることにしました。

妻は、幼稚園から電話があるかもと、心配だったようですが、普通にお弁当も完食して、元気に帰って来たそうです。

もう大丈夫かな?

「自転車に乗りたい!」とも言っていたようですが、さすがに、その願いはまだ無理ですね。

ですが、うちの子の幼稚園では、インフルエンザが猛威をふるっているようで、学級?閉鎖になっているクラスもあります。

2月はおゆうぎ会もあるので、元気に過ごせるといいなと思います。

うがい、手洗いとマスク。

うつさないように、うつらないように。


この本でも読んでみようかな・・・

かぜの科学―もっとも身近な病の生態かぜの科学―もっとも身近な病の生態
(2011/02)
ジェニファー アッカーマン

商品詳細を見る


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ:5歳児の日常 - ジャンル:育児

  1. 2012/02/01(水) 10:45:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。