LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幼稚園って「がんばって」通うもの?

surprised, the kid chameleon tried redsurprised, the kid chameleon tried red / woodleywonderworks


何気なく、前の記事の中に、「がんばって幼稚園に通い続けました。」と書きました。

書いていて、ふと思ったのですが、「がんばって」通うという書き方に、大人のイヤな姿勢が入っています。

それは、「行きたくはないけど、通い続けた」というニュアンスです。

娘も、確かに、眠くてグズグズしたりしたこともありましたが、それもいつまでも続く訳ではなく(続いた時もありましたが・・・)、目がしっかり覚めるまでのほんの一時。

娘にしてみたら、恐らく、行ったらお友だちがいるから、行くのが当たり前だから、通っていただけなのでしょう。

大人だって学生だって、会社や学校が楽しければ、自分から行くもの。

それなのに、大人が自分の思いから、「がんばって行こうね!」と言うことで、子どもにも、「あ、学校はがんばって行くところなんだ。」という意識が芽生えてしまうのかもしれませんね。

書きながら、そんなことを考えました。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

  1. 2012/03/26(月) 21:45:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆勤賞おめでとう!

20120319.jpg

いろいろと書きたいことがあるのですが、期末月やらで少々忙しく、なかなかブログ更新ができません。

そんな毎日ですが、ちょうど一週間前の月曜日が、娘の年中さん最後の登園日でした。

熱を出したり(インフルエンザではなかったですが)したことはあったものの、1年間がんばって幼稚園に通い続けました。

皆勤賞のお祝いに、幼稚園からは、賞状と手作りのメダル、クーピーの24色セットをいただきました。

これで、手作りのメダルは、1学期、2学期と合わせて、3つになりました。

年少の時には、熱で幼稚園を休んだこともありましたが、どうにかこうにか無事に1年間過ごすことができました。改めて、強くなったんだなと実感します。

と同時に、賞状にある通り、皆に感謝、感謝、感謝です。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:幼稚園 - ジャンル:育児

  1. 2012/03/26(月) 13:15:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

おひなさまを片付けました

20120317_hinaningyo.jpg

日曜日、娘にお手伝いしてもらって、おひなさまを仕舞いました。

本当は、土曜日中に片付けた方がよかったのかもしれませんが、娘がどうしても一緒にやりたい、というもので・・・

さすがに、人形を仕舞ってもらうのは難しいので、娘の担当は、雪洞(これで「ぼんぼり」って読むんですね、知らなかった!)を片付けてもらうことと、防虫剤を袋から出してもらうこと。

満足そうでした。

出したのが18日だったので、今年は2週間ちょっと飾っていたことになりますね。

今年は短めでした。

また来年。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

  1. 2012/03/05(月) 18:00:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

【読書】2012年2月の逸冊!(2月に読んだ本)

もう3月ですね。2月に読んだ本は、4冊といつもより少なめでした。

 先月読んだ本

・上野 千鶴子『男おひとりさま道』

男おひとりさま道男おひとりさま道
(2009/10)
上野 千鶴子

商品詳細を見る

前月に『坂の上の坂』を読んだ流れで読みました。

自分の老後について、理由もなく「自分は大丈夫」と考えていましたが、改めて、それが甘い考えだということを気づかされました。

親に対する接し方、妻と娘、自分の将来についても考えさせられます。


・出町 譲『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』

清貧と復興 土光敏夫100の言葉清貧と復興 土光敏夫100の言葉
(2011/08/03)
出町 譲

商品詳細を見る

メザシの土光さんの語録をベースにして、その時代背景や功績が語られています。

以前に語録は読んだことがあったのですが、伝記・評伝も併記されているので、その意味をより正しく理解できた気がします。

今私の住んでいるところから、そう遠くない場所にご自宅があったということも知り、親近感が湧きました。


・柴田 哲孝『下山事件 最後の証言 完全版』

下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)
(2007/07)
柴田 哲孝

商品詳細を見る

土光さんの本からの流れで、下山事件に漂着しました。

この謎の多い事件(事件?自殺?)について、事件に深く関わっていたらしいという著者の親族の話を中心にして、その真相にアプローチしていきます。

私が事件を詳しく知らなかったこともあり、3章までの面白さは素晴らしかったです。ただ、後半になってくると、歯切れが悪くなっており、消化不良な面もありました。


・ロバート・ハリス『人生の100のリスト』

人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)
(2008/05/20)
ロバート・ハリス

商品詳細を見る

著者が10代のころに作ったという「人生でやりたいことリスト」を元にした自伝的エッセイです。

そういうと自己啓発的な内容を想像しますが、実際にはそうではなく、アウトサイダー的な内容が多く含まれています。

なので、もし自分が10代の時に本書を読んだとしても、憧れこそあったかもしれませんが、同じような行動は取れなかっただろうし、取らなかっただろうと思います。

各ページに挿入されている著者お気に入りの書籍やCDなどをパラパラ見ているだけで、雑貨屋を見ているような感じにさせてくれる本です。


 ひみつシリーズ

今月読んだひみつシリーズはありません。

このところあまり読んではいないのですが、それでも新古書店に行くと、児童書のコーナーをチェックしてしまいますね。


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った2月の「逸冊!」は・・・


『下山事件最後の証言 完全版』です!

下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)
(2007/07)
柴田 哲孝

商品詳細を見る

『清貧と復興』とどちらにしようか迷ったのですが、ミステリー的な要素もあり、エンターテイメントとしても読めるので、こちらにしました。

単行本から文庫化されるにあたって、結論が反対になっている、という批判もあるようですが、そのあたりは気になりませんでした。

下山事件に限らず、結局、世の中の事件すべて、さらに言えば、事件であろうとなかろうと、「真相」などというものは、当事者以外にはわからないものだよね、と思ってしまいました。

ということで、今月の読書傾向は・・・「昭和」「人生」という感じです。


 他購入した雑誌など

・BURRN! 2012年3月号

BURRN! (バーン) 2012年 03月号BURRN! (バーン) 2012年 03月号
(2012/02/03)
不明

商品詳細を見る

2月に日本最後?のライブを行ったPRIESTの大特集があり、かなり読み応えがありました。他にも、GNR周辺のレポートもいろいろ。RIP.マーク・リアリ


・久住 昌之、谷口 ジロー『孤独のグルメ (扶桑社文庫)』

孤独のグルメ (扶桑社文庫)孤独のグルメ (扶桑社文庫)
(2000/02)
久住 昌之、谷口 ジロー 他

商品詳細を見る

1人でお店に入り、好きなものを食べ、しみじみと旨いなぁと思う。
主人公はお酒こそ呑まないが「酒のほそ道」に通じるものを感じます。
テレビで放送されているドラマ版もついつい見てしまいます。


・むらやま けいこ、やまわき ゆりこ『おたんじょうびのおくりもの (スピカのおはなしえほん (3))』

おたんじょうびのおくりもの (スピカのおはなしえほん (3))おたんじょうびのおくりもの (スピカのおはなしえほん (3))
(1984/01)
むらやま けいこ

商品詳細を見る

絵は、「ぐりとぐら」のやまわき ゆりこさん。(アマゾンには画像があるのですが、ここには表示されないようです。)

お友だちのおたんじょうびにプレゼントをあげようとするぴょんぴょんのお話。

娘が自分で見つけてきた本で、昨晩も一緒に読みました。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/



よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/03/05(月) 15:00:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

父親のエゴと心配

ワークショップコレクションに行った話を書きましたが、実はその時に、私は少し(かなり?)イライラしていました。

きっかけは、最初の「タイルコースター」のとき。

このワークショップでは、カラフルなタイルを使って、自分なりの模様を作っていくものなのですが、娘は、なんの模様も考えず、単にタイルを適当に詰めていっただけのように見えました。

一番最初のワークショップということもあり、たくさん人もいて、雰囲気に馴染めていなかったのかもしれません。

親としては、なにか意味のある模様を考えるなりして欲しかったのですが、さして楽しそうでもなく、1分ぐらいで「できた。」と言う娘に対して、思わず「ちゃんと作れば?」と言ってしまいました。

作ったものをそのまま認めてあげるべきだったのでしょう。もしくは、やさしく「何の模様?」とか聞いて誘導してあげたりすればよかったのかもしれません。

あとのシャッフル塗り絵にしても、説明を聞いていないのか、それとも、架空の動物など許さない生真面目さなのか、結局普通のウサギの絵になってしまい、心配になりつつも、それに対してイライラが募ってしまいました。

「名前は?」とか「鳴き声は?」とか問いかけても無言。きっと、親のイライラが伝わってしまったのでしょうね。

ですが、実際には、自分なりに書いています。

20120225_wsc8.jpg

見えづらいですが、

なまえ→「るるか」
すみか→「にじ」
とくちょう→「つるつるする」
なきごえ→「とん」(後日聞くと、本当は「とーん」だよ、とのこと。)

素敵なことが書けているのだから、もっと自信を持って欲しかったのです。


そもそもは、娘を楽しませてあげよう、喜ばせてあげよう、笑顔が見たいなと思って来ているにも関わらず、親の思ったように楽しんでいなかったりすることに対してイライラしてしまう。

なんのこっちゃ。

もっと気持ちに余裕を持たないといけませんね。

まずは冷静になるために、一旦その場を離れるなりして、娘は娘なりに楽しんでいるんだ、ということを思い出すこと。

気をつけなくちゃ。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:パパのつぶやき - ジャンル:育児

  1. 2012/03/04(日) 22:45:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップコレクションへ参加してきました

昨年に続いて、先週の土曜日、ワークショップコレクションへ参加してきました。

昨年の記事

事前に「スペシャル工作ショーby久保田雅人」の抽選に申し込んだのですが、残念ながら落選でした。

私たちの出かけた土曜日は、午前中小雨交じりだったせいか、思っていたほど混んでいないように感じましたが、今回は過去最高の74,000人の入場者だったそうです。

以下、体験したワークショップなどをご紹介します。

①カラフル・タイルコースター

20120225_wsc1.jpg

これは楽しそうだなと思っていたので、一番最初に行きました。

プラスチックの型に、カラフルなタイルを詰めていって、いろいろな模様を作ることができ、最後には、それをコルクのコースターに貼り付けてくれます。

20120225_wsc7.jpg

娘によると「お花」を作ったらしいです。
説明してもらいましたが、どこらへんがお花なのか、よくわかりませんでした。

②アクリル絵の具でステンシルバッグを作ろう!!

20120225_wsc2.jpg

バッグにいろいろな形の型紙を使ってステンシルします。

あまり行列はできていなかったのですが、作業にそこそこ時間がかかるせいか、思った以上に待ちました。30分ぐらいかな?

20120225_wsc9.jpg

お母さんに少し手伝ってもらいながら、可愛いバッグができました。

③シャッフル塗り絵iPad

20120225_wsc3.jpg

始めにiPadの「シャッフル塗り絵」というアプリを使って塗り絵の台紙を作ります。
このアプリでは、いろいろな動物の「頭」「胴」「足」を組み合わせて架空の動物を作る、というもの。

そうやって作った架空の動物に、名前・すみか・特徴・鳴き声を自分で考えながら色を塗る、というものです。

20120225_wsc8.jpg

娘が選んだのは、頭、胴、足ともにウサギだったので、結局、普通のウサギになってしまいました。

色は自分なりにカラフルに塗っていました。

④ゆめのエコタワー

20120225_wsc4.jpg

廃材の木片を木工用ボンドでくっつけて、自分だけのタワーを作ります。
ポイントは「廃材」というところで、主催者の方も熱心に説明されていました。

これは、かなり集中してつくっていましたね。
こういうのが好きみたいです。


ここまで終わると3時過ぎだったので、おやつでも食べようと外へ出ました。

外には、昨年同様、おいしそうな出店がいろいろ。チキンラーメンの無料試食会もやっていました。

20120225_wsc5.jpg

ここでいただいたミニチキンラーメンと購入したクレープをおいしくいただきました。

⑤みんなでつくる!「にじのトンネル」

20120225_wsc6.jpg

私がクレープの列に並んでいる間、妻と娘は、屋外にある「にじのトンネル」へ。

ここでは、ビニールのテープ(※1)をもらって、トンネルに飾っていくもの。娘によると、なぜか「楽しすぎる~!」(※2)とのことで、二回ほどやっていました。

(※1)見覚えのあるものなのですが、名前が出てこず、「セロハンテープ?」「ビニールテープ?」と調べてみた結果、どうも「スズランテープ」というらしいです。しっくりこない。

(※2)最近、「○○すぎる~!」という言い方が流行っているようで、「おいしすぎる~!」など、やたらと使います。

20120225_wsc10.jpg

そろそろ時間切れが近づいていたので、残っていたスタンプラリーをクリアして、ご褒美のシールをもらいました。

他にもまだまだ楽しそうなものがあったので、「もし行きたいなら明日(日曜日)、お父さんと2人で行ってもいいよ?」と聞いてみると、「行かなくていい。」とのこと。

あれ?と肩透かしを食らってしまいました。

全般的な印象としては、去年に比べて、iPadやパソコンを使ったデジタル系のものが増えた感じを受けましたが、気のせいでしょうかね。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

  1. 2012/03/02(金) 13:15:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。