LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【おでかけ】ディズニーランド 2012年夏

20120726_1.jpg

だいたい年に1回ペースでディズニーランドに行っている気がします。

前回が去年の11月だったので、今回は半年ちょっとぶりです。

猛暑の平日ということもあって、あまりひどい混雑ではなかったよう。

今年も、備忘のため、時系列にメモしておくことにします。

「ディズニー夏祭り」というイベントもあったようですが、今回のメインはプリンセスになることだったので、そこまで手が回りませんでした・・・



・8:00 ホテル到着、ビビディ・バビディ・ブティックにてチビ加プリンセスに。
ビビディ・バビディ・ブティックへ行ってきました

・10:30 当日券を購入し、ランドへ入場。

20120726_2.jpg

 妻がハニーハントのファストパスへ(17:20~だったかな?)行く間、チビ加と「バズのアストロブラスター」に並ぶ。70分待ちの表示。12:20頃に乗れた。36000点のレベル3。

20120726_3.jpg

「ごきげんよう」とか言われるプリンセスなのに、列に並んで待っているというがどことなくシュールな感じ。
待つ間に、醤油バターのポップコーンを購入。プリンセスはお気に召さず。
終了後、「スペースマウンテン」のファストパスをゲット。

・12:45 昼ご飯をどこで食べようか探しながら、15分待ちだった「イッツァスモールワールド」へ。涼しい。チビ加、落とし物の帽子を届ける。

20120726_4.jpg

・13:15 外で出ると、本物(?)のシンデレラが。追いかけて、一緒に写真を撮ってもらう。
・14:00 「グランマサラ」で昼食。チビ加、お腹が痛くなりご飯あまり食べられず。冷たいもののせいか、もしくは、いろいろな大人に話しかけられるストレスからか。

・15:00 「ピーターパン」に。チビ加生まれて初めてのはず。20分待ちぐらいだったか。暗かったせいで少し怖かったよう。

20120726_5.jpg

・15:30 「スペースマウンテン」にファストパスで。チビ加初めて。終わったあとには、かなりテンション高めで、「怖い!」「一番キライ」のに、「もう一回乗りたい!」と。

・16:30 チビ加のリクエストで「モンスターズインク」へ。60分待ち。隠れニモはわからず。今度行く前には調べてみよう。

20120726_6.jpg

・17:00 キャラメルポップコーンの小さいのを購入。シンデレラ城の横を通り、「ミッキーのフィルハーマジック」へ。15分待ち。これも初めて。面白かった。チビ加「もう一回観たい」と。

20120726_7.jpg

・17:30 ファストパスで「ハニーハント」へ。これまた「もう一回乗りたい」と。

・18:00 「ウエスタンリバー鉄道」に。15分待ち。意外と好き。
もうひとつお父さんの好きな「ジャングルクルーズ」は、「今日は乗らないのが目標」らしい。

20120726_9.jpg

・19:00 「ビッグサンダーマウンテン」40分待ち。これもチビ加初体験。
最初は渋っていたが、乗ってみたらすごく楽しかったらしく、「一番好き!」と。

20120726_10.jpg

・20:00 「スプラッシュマウンテン」50分待ち。待っている途中、スタッフのお姉さんに、隠れミッキーを教えてもらう。

20120726_11.jpg

今回はチビ加もちゃんと写真に写っていたので購入(前回の失敗談はコチラ)。

終わって外へ出ると、ちょうどエレクトリカルパレードが始まったところだったので、そのまま見物。

20120726_12.jpg

・20:50 プラザレストランで遅めの夕食。
・21:30 お土産を購入して、帰路に。車中でチビ加寝る。
・23:00 横羽線工事渋滞もあり、帰宅が遅くなる。チビ加起きる。あまりグズりもせず部屋に戻ったので感心したが、さすがに眠く、ちょっとグズる。
 頭のお団子の中に入っていたヘアピースを見つけて、なんだこれ?と目が覚めて、機嫌直る。
・24:00 チビ加寝る。お疲れさまでした。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2012/07/30(月) 12:55:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビビディ・バビディ・ブティックへ行ってきました

201207 princess1

チビ加へのお誕生日プレゼントとして、予約したビビディ・バビディ・ブティック。

暑い盛りでしたが、行ってきました。

ディズニーへ行くときは、普段ならは適当に家を出発するのですが、この日は予約時間があるので、7時前に家を出発です。

娘もこの日のために、数日前から早く寝る練習をしていたようで、毎日20時までには眠るようにしていたそうです。そのおかげで、朝も割とスッキリ起きることができました。

幸いにも渋滞もほとんどなく、8時前には到着。

目論見通り、東京ディズニーランドパーキングへ停めることができました。

ランドの入口へ向かう人々を横目に、目指すはブティックのあるディズニーランドホテル。ホテルの敷地に入ってすぐ、左手にそのブティックはあります。


ドレスをどうするか、ベルとシンデレラで迷っていたようですが、結局は、シンデレラに決定しました。

たぶん単純に黄色か水色かで迷い、水色に決定しただけなので、お姉さんに「シンデレラが好きなの?」と聞かれて、困惑しながら頷いていたチビ加。

人見知りで、知らない人とあまり話せないチビ加ですが、優しいお姉さんのおかげで、お団子頭の素敵なプリンセスになることができました。

201207 princess2

プリンセスの姿で園内に入ると、キャストの人たちが「ごきげんよう!プリンセス!」と話しかけてくれたり、「HAPPY BIRHTDAY」のワッペンに気づいてくれたキャストからは、「プリンセス、お誕生日おめでとう!」という祝福もしていただきました。

まあ、そういうことがあまり得意ではないチビ加は、どう対応してよいのかわからず、小さい声で「ありがと」と素っ気なく言うだけだったのですが、最後の方には、ちゃんと言ってくれた人の方を見て、「ありがと」と言えるようにはなりました。

行く前は「暑いから脱ぎたい」と言うかなと心配していたのですが、きっと気に入ってくれたのでしょう、結局、21時過ぎに帰路につくまで、約12時間弱、プリンセスのままで過ごしていました。

出張前に、家族3人でディズニー・プリンセス。

いい記念になりました。

201207 princess3


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:こどもとお出かけ?♪ - ジャンル:育児

  1. 2012/07/27(金) 13:15:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単身赴任になったら?

Business Trip (193/365)Business Trip (193/365) / andrewrennie

幸いなことに、わが家では、家族3人、一緒に暮らしてきました。

ところが、数週間前、海外への長期出張を命じられました。

期間は約3ヶ月の予定です。

と言っても、行きっぱなしではなく、たまに帰って来たりはできるようです。
(実は、その業務命令のショックと準備で、ブログ更新も滞ってしまったという・・・)

妻としては、仕事だから仕方ないという気持ちがある反面、週末をどう過ごそうか・・・という心配があるようです。

私としても、海外での生活に対する不安、初めての仕事に対する不安などはもちろんありますが、家族と離れてしまうことの寂しさが拭いきれません。

数週間経った今では、生活や仕事に対する不安はだいぶ薄らいできて、「なんとかなるかな?」という気持ちになってきましたが、家族と離れる寂しさだけは、薄らぐどころか、強くなる一方です。

チビ加の幸せそうな寝顔なぞ目にしてしまうと、幼稚園最後のこの時期に離れてしまってよいのだろうかと、いたたまれない気持ちになります。


五歳の、いや六歳になったばかりのチビ加はどう思っているのでしょう?

私のいないとき、妻に「悲しくなるからお父さんの出張の話はしないで!」と怒ったりしているそうですし、最近、夜になると、毎日のように、あーでもない、こーでもないとグズグズしては、怒られています。

きっと子どもなりに不安な心があるのでしょう。

私としても、少しでも不安を静めてあげたいと思いつつ、あまりにもグズグズされてしまうと、不本意ながらも怒ってしまうということが多々あります。

あと数週間したら、一旦出発なので、それまでは、なるべく優しくしてあげたいと思ってはいるのですが・・・


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/23(月) 19:45:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【成長記録】プール体験

Swiming in the empty poolSwiming in the empty pool / vegamaster


前にも書いたことがありますが、チビ加はプールが苦手です。

じゃぶじゃぶ池とかは大好きなので、水が怖いという訳ではなく、顔に水がかかるのがイヤなよう。

近所のプールで水遊び

ですが、体力をつけるためにも、できれば、スイミングができるようになって欲しいなと両親ともども思っています。

子どもの習い事について(5歳児の場合)

で、今回、妻がどうにか説得して、近所のジムへ、スイミングスクールのお試し体験に行くことになりました。

行く前の数週間は、お風呂の中で、ちょっと水を引っかけたりして、それをガーゼ(お風呂の必需品)を使わず、手で拭いたりする練習もしました。

迎えた当日。私と二人、ジムに行ったまでは良かったのですが、受付のところで、担当の先生を紹介されたところで、ちょっとイヤな予感。

というのも、先生が男の先生だったのです。

幼稚園もほとんどが女の先生ですし、普段お友だちの家に遊びに行っても、お母さんたちばかりなので、男性は少し苦手なようです。

それだけが理由ではないのでしょうが、更衣室に入ると、「やりたくない!」「お父さんも一緒に入って!」とメソメソと怒り出してしまいました。

どうにか着替えたものの、やはり行きたくない、と言って、体操の部屋に入れません。

かといって、「じゃ帰ろうか?」と聞くと、「帰りたくない」、「お父さんも一緒に来て」と言うので、自分でも苦手意識を克服したいという気持ちはあったのかもしれません。

先生がいろいろと言ってくれるのですが、初対面の男の先生の言うことに従う訳もなく、先生のアイコンタクトのままに、私が部屋から退出し、無理矢理連れて行かれました。きっと、そういう子どもも少なからずいるのでしょう。

大丈夫かな・・・と心配しながら、プールの見学室で待っていると、同じくらいの歳の子どもたち5人に混じって、やってきました・・・が、やはりベソをかいています。

一応、先生の指導に合わせて、バシャバシャしたりはするものの、ジェスチャーで「こっち来て」と怒っている様子。

10分ぐらい経過して、可哀想だな、やっぱり無理か・・・と思っていたのですが、なぜか突然笑顔になるチビ加。

「???」と思って、視線の先を見てみると、そこには、遅れてきた妻がいました。

お母さんの姿を見て、ほっとしたのか、嬉しかったのか。

そこからは、笑顔で、楽しそうに、ビート板やらをやっていました。


終わってみれば、「プール習いたい!」「ビート板、家に欲しい」のだそうです。

お父さんの立場はないですが、良い結果になりました。

課題がひとつ克服されそうです。

よかったよかった。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:習い事 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/13(金) 12:15:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペヤングちゃぶ台の思い出

Peyoung extremely hot flavorPeyoung extremely hot flavor / Takashi(aes256)

なぜか崎陽軒の記事を書いていて思い出したのですが、インスタント焼きそばと言えば、「ペヤング」です。

小さい頃には「もういっちょいく~?」というテレビコマーシャルも放送していましたし、てっきりカップヌードルらと同じく、全国で売っているものだと思っていたのですが、そうではないらしいことに気づいたのは大学生の頃。かなり驚きました。

特に、関西の人と話をすると、「焼きそばやったらUFOやろ~。せやろ~?」と言われたものです。

ですが、やはり焼きそばと言えば、ペヤングで決まりです。

そんなペヤングですが、今から7~8年前ぐらいでしょうか、家で食べようとして、フタを開けたところ、なんだか「当たり」のような紙が入っていました。

正確になんと書いてあったかは記憶がありませんが、何が当たったのか、すら分からない紙だったような覚えがあります。

ですが、何かに当たるなんてことはめったにないので、とりあえずその当たり券を送りました。

それから数日後。

201102_peyangu1.jpg

届いたのが、焼きそばの容器と同じ印刷のされた、このちゃぶ台でした。

裏側(テーブルの脚)はこんな感じで折りたたまれています。
立てると、意外と高くなります。

201102_peyang2.jpg

これ、かなり大きいのです。(右下のあるのは、デジカメのケース)

201202_peyang3.jpg

当時は、子どもができたら、落書きとかするだろうから、そのとき用に使おうと思っていたのですが、その大きさと存在感のおかげで、妻が嫌がり、使わず。

結局、泣く泣く人にあげてしまいました。

達者に使われているのかな?


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:こんなのがあったなんて!! - ジャンル:グルメ

  1. 2012/07/10(火) 12:55:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

崎陽軒の工場見学を申し込みました

Siu mai BentoSiu mai Bento / jetalone

昨日は特に何の連絡もなく、ということは、お泊まり保育は、無事に過ごせているということでしょう。

さて、唐突ですが、横浜生まれの私のとって、世界で一番の弁当。
それは言うまでもなく、崎陽軒のシウマイ弁当です。
(しょうが焼き弁当も捨てがたいですが・・・)

シューマイがおいしいのはもちろんですが、賽の目状のタケノコの煮物、まぐろの照り焼き、鶏唐なども素晴らしいです。

特に、まぐろの照り焼きは、よく小さい頃、母親が作ってくれたのを思い出します。

そんなシウマイ弁当を作っている崎陽軒は、横浜市民には昔からお馴染みなのですが、工場見学ができるという噂を聞き、ネットで調べてみましたが、なんと、まったく空きがありません。

kiyoken2.jpg

説明をよく読んでみると、毎月1日から3ヶ月先の月の予約が始まるとのこと。

kiyoken.jpg

手帳の7月1日の箇所に、「□崎陽軒予約」とメモし、その日を待ちました。

で、迎えた7月1日の朝8時。右手に家の電話、左手にケータイを持ち、電話をかけました。

すると、日曜日だったせいか、ラッキーなことに、3度目ぐらいに電話が通じ、無事に予約をすることができました。そして、3台しかないという駐車場の予約も。

受付をしてくれた女性も、朝からとても感じのよい対応でした。

今から10月が楽しみです。

最近は、ビビディ・バビディ・ブティックといい、この工場見学といい、ツイてます!


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2012/07/06(金) 12:15:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【成長記録】お泊まり保育へ出かけました

20120705.jpg

うちの娘(今日から「チビ加」と命名します!)が、今日から一泊のお泊まり保育へ出かけていきました。

家族と離れてお泊まりするのは、これが生まれて初めてです。

宿泊先は、幼稚園ではなく、ちょっと遠く、箱根にあるホテルです。

過去の話を聞くと、途中で具合が悪くなってしまった子どもを、親が海老名SAや現地まで迎えに行ったりと、かなり大変なこともあったようです。

行きたくない、とか言うのかと思っていましたが、先生がうまく誘導してくれていたのでしょう。

「夜、花火やるんだって!」とか、「ケーキ食べるんだって!」とか、ずっと前から楽しみにしていましたし、お風呂では、一人で髪を洗う練習もしていました。

今朝もしっかり早起きして、体より大きいリュックを背負って、元気に出かけていきました。

夜寝る時には、不安になったり、寂しくなったりすることもあるのかもしれませんが、勇気を身につけて、元気に帰って来てくれることを祈っています。

子どもたち12人と先生1人が一部屋で寝るらしいのですが、チビ加をはじめ、子どもは寝相が悪いものだと思うので、どんなことになるのやら。想像しただけでも、笑顔になってしまいます。

みやげ話が楽しみです。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:幼稚園 - ジャンル:育児

  1. 2012/07/05(木) 16:30:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書】2012年6月の逸冊!(6月に読んだ本)

6月は、9冊の本を読みました。

 先月読んだ本

・篠塚 孝哉『仕事が速い人が必ずやっている整理の習慣』

仕事が速い人が必ずやっている整理の習慣仕事が速い人が必ずやっている整理の習慣
(2012/03/23)
篠塚孝哉

商品詳細を見る

内容的に目新しいものがある訳ではありませんが、確かに、入社3年目ぐらいの社会人が読むと、仕事の速さが変わってくるでしょう。

文章も読みやすく、さらっと読めますが、こういった仕事術の本を読んだら、何でも良いのでとにかく実行すること。それに尽きます。

私は、ブラウザをグーグルクロームに変えました。


・ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧 新版』

夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る

先月の逸冊!に認定した『困っている人』からのつながりで読みました。
(内容的なつながりがある訳ではないのですが、自分の中でつながるものがあったので。)

恥ずかしながら、強制収容所についての知識をほとんど持っていなかったのですが、この絶望は筆舌に尽くしがたいものがありました。

ただ、絶望感という点では、現在進行形の話である『困っている人』」の方に強く感じたのが正直なところです。

旧版もぜひ読んでみたいと思い、購入しました。


・ミッチ・アルボム『普及版 モリー先生との火曜日』

普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
(2004/11/21)
ミッチ・アルボム

商品詳細を見る

難病ALSに侵されたモリー先生に、昔その生徒だったミッチ(著者)が週に一度、会いに行って、話をする。

人生に大切なさまざまなことについて、考えさせ、思い出させてくれる優しい本です。その優しさはきっと、モリー先生の優しさです。

自分が介護される日が無事にやってくるのかわかりませんが、それまで手元に置いておきたいと思います。

関係ありませんが、ALSというとギタリストのジェイソン・ベッカーを思い出しますね。


・城山 三郎『素直な戦士たち』

素直な戦士たち (新潮文庫)素直な戦士たち (新潮文庫)
(1982/03)
城山 三郎

商品詳細を見る

(古い本なので、書影がAmazonにはないようです。)

親の視線で読むと、子どもの教育についてドキッとさせられる小説でした。

ここまで極端ではなくても、子を思う親の気持ちとしては、同じような思いがあることは否めないと思いました。ある意味、自分への戒めにもなります。

途中から読むのが恐くなってくるのですが、最後はある意味で、ハッピーエンドなのかもしれません。


・ジョージ・レナード『達人のサイエンス―真の自己成長のために』

達人のサイエンス―真の自己成長のために達人のサイエンス―真の自己成長のために
(1994/03)
ジョージ レナード

商品詳細を見る

練習あるのみ。本書の内容を一言で言うと、そういうことになるのかもしれません。

合気道五段の著者が、「達人」になるためにはどうしたらよいかをまとめた本です。

その方法が書いてあるのは確かなのですが、それはサイエンスというよりも、精神論に近いような気がしました。

だからと言って、本書の価値がないというつもりは毛頭なく、素晴らしい本だと思いました。


・佐藤 和歌子『悶々ホルモン (新潮文庫)』

悶々ホルモン (新潮文庫)悶々ホルモン (新潮文庫)
(2011/04/26)
佐藤 和歌子

商品詳細を見る

牛のレバ刺しは今月から食べられなくなってしまいましたね・・・

本書では、20代後半の女子である著者が「ホルモンヌ」として、いろいろなホルモンを食べ歩きます。

もちろんグルメガイドにもなるのですが(行ってみたいお店がたくさん)、純粋なエッセイとしても楽しめました。


・ナンシー関『お宝発掘! ナンシー関』

お宝発掘!  ナンシー関お宝発掘! ナンシー関
(2012/05/31)
ナンシー関

商品詳細を見る

久しぶりにナンシー女史の文章に触れましたが、鬼才とはこういう人のことを言うのだと思います。

ものごとの本質を見抜く眼力は素晴らしいです。

そして、その対象が、実はどうでもいいことである、という点を自覚していることもまた素晴らしいのです。


・齋藤 孝『自然体のつくり方 (角川文庫)』

自然体のつくり方 (角川文庫)自然体のつくり方 (角川文庫)
(2007/11)
齋藤 孝

商品詳細を見る

よく「自然体で臨む」と言う場合の自然体と、ここでの「自然体」とは違うものです。

上半身は柔らかく、下半身は力強いという「上虚下実」という状態が「自然体」であり、それは訓練次第で身につくものだと言います。

それを身につけるための具体的なトレーニング事例も豊富に書かれています。

電車内でつり革につかまらないトレーニングと、臍下丹田を意識する呼吸法を始めました。


・C.M.ブリストル『信念の魔術 新装版』

信念の魔術信念の魔術
(1982/02)
C.M.ブリストル、大原 武夫 他

商品詳細を見る

「信じること(bilieving)」で人生は変わる、という成功本の古典です。

ナポレオン・ヒルやマーフィーらとどちらが古いのかは知りませんが、内容的には同じようなものだと思います。どれか一冊は読んで損はないでしょう。

書かれた時代のせいか、「これはサイエンスということに拘り過ぎのような気がしましたが、これは経験則に近いものであって、サイエンスではないでしょう。


 ひみつシリーズ

今月はひみつシリーズはありません。
近いうちに、持っているひみつシリーズを整理してみようと思います。


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った今月の「逸冊!」は・・・



『達人のサイエンス』です。


達人のサイエンス―真の自己成長のために達人のサイエンス―真の自己成長のために
(1994/03)
ジョージ レナード

商品詳細を見る

上にも書いたように、本書は、合気道5段の著者が、達人になるための方法をまとめた本です。(蛇足ながら、どうも私自身には、なぜか合気道に対する憧れがあるようです。やったこともないですが。)

本書は、努力はしているのに、どうして伸びないんだろう?と悩んでいる人を元気づけてくれる本ですし、すべての人に、謙虚な姿勢の大切さや初心を思い出させてくれる本です。

版が古いせいか、活字が読みづらいかなとも思いましたが、読み始めるとまったく気になりませんでした。


今月も、『モリー先生との火曜日』、『素直な戦士たち』、『自然体のつくり方』など、甲乙付けがたい良書がたくさんありました。

今月の読書傾向は・・・困難、鍛錬などですね。エッセイという傾向もありますね。


 他購入した雑誌など

毎月購入していた『BURRN!』ですが、しばらく購入を見合わせることにしました。

高校生ごろから25年以上購入していた雑誌だけに、今回のリニューアルは残念ですが、これも時代の流れなのかもしれません。

BURRN! (バーン) 2012年 07月号BURRN! (バーン) 2012年 07月号
(2012/06/05)
不明

商品詳細を見る


さて気を取り直して。


・藤子 不二雄A『まんが道 (14)』

まんが道 (14) (中公文庫―コミック版)まんが道 (14) (中公文庫―コミック版)
(1996/12)
藤子 不二雄A

商品詳細を見る

先月に引き続いて、最後の14巻まで読み終わりました。

確かにこれは日本人なら必読と言ってよいと思いますが、少々尻切れトンボな感がありました。と言って、『愛・・・しりそめし頃に』に手を出すと、長いしなぁ・・・

それはともかく、これを読んでから、もう一度、久住氏の『ひとり家呑み通い呑み』の該当箇所を読み直すと、思わずクスリと笑ってしまいます。

ひとり家飲み通い呑みひとり家飲み通い呑み
(2012/01/30)
久住 昌之

商品詳細を見る



・水木 しげる 『劇画ヒットラー (ちくま文庫)』

劇画ヒットラー (ちくま文庫)劇画ヒットラー (ちくま文庫)
(1990/08)
水木 しげる

商品詳細を見る

日経アソシエの読書特集に取り上げられており、気になったので購入しました。
もちろん『夜と霧』を読んだことともつながります。

ただ、読んでいて、ストーリーとして唐突というか、理解できない部分があったのも事実です。

しかしながら、そのとき彼が何を考えてそういう行動に出たのか、ということを描こうとしても、結局は作者による後付けにしかならないので、こういう形にならざるを得ないのかもしれませんね。


・久住 昌之/谷口ジロー『孤独のグルメ 【新装版】』

孤独のグルメ 【新装版】孤独のグルメ 【新装版】
(2008/04/22)
久住 昌之

商品詳細を見る

文庫版は持っていたのですが、つい新装版も買ってしまいました。やっぱり大きいとイイです。

こちらには、文庫には収録されていない特別編や、久住氏、谷口氏らの対談も収録されていて、面白く読めます。その代わり、文庫にあった久住氏の文章はカットされています。
今もSPA!で不定期連載されているようなので、いつかそれらも第2巻としてまとめてくれないかなと思います。


・神沢 利子『ぼくのぱん わたしのぱん』

ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(1981/02/02)
神沢 利子

商品詳細を見る

私が小さい頃に好きだった絵本を娘に買ってあげました。

ふくらんだ生パンも柔らかそうで、小さい頃は指で実際に押したくなったものですが、今でもその印象は変わりません。一番下の弟くんが可愛いです。

娘もお気に入りの本になったようです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/07/04(水) 16:30:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad