LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

『愛…しりそめし頃に…』12巻 『まんが道』完結!!

IMG_0988.jpg

TSUTAYAの中古本コーナーで、この『愛…しりそめし頃に…』の12巻を見つけたので、思わず購入してしまいました。

この『愛…』は、あの『まんが道』から続いていた藤子不二雄の自伝的青春物語の続編ですが、この春に完結したという話は日経新聞などにも載っていました。

思えば、『まんが道』は、久住昌之著の『ひとり家呑み通い呑み』の中で、「日本人ならこれを読まずに死んではいけない」という記載を読んでから、ブックオフをまわって文庫版を集めました。青春マンガの名作です。

藤子不二雄の物語と言えば、小学生の頃、コロコロコミックに連載されていた『ハムサラダくん』という漫画もありましたね。実家に単行本が残っていました。

IMG_0990.jpg

もちろん、この『愛…』も書店で見かけてはいたのですが、A5版と大き目のサイズだったこともあり、購入は見送っていたのです。

ですので、今回の最終巻が初めての購入です。第一巻を読んでいないので、どこから物語がスタートしたのかわからないのですが、途中でテラさんとの別れもあったようですね。

何はともあれ、長きにわたって、自身の青春物語を描き続けてこられた藤子不二雄A先生、最近は大きな手術もされたようですが、まだ『PARマンの情熱的な日々』の連載もありますし、元気に頑張っていただきたいものです。


PARマンの情熱的な日々 漫画家人生途中下車編PARマンの情熱的な日々 漫画家人生途中下車編
(2010/09/03)
藤子 不二雄A

商品詳細を見る


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/08/30(金) 13:30:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カメラケースを購入しました

5月に中古で購入した愛機 LX-5ですが、その後、レンズ内にゴミが混入してしまっていることが判明。
 
これは、白い壁を写したものですが、右上に、飛蚊症のようなゴミが写っています。

P1000469.jpg

オークションの売り主に連絡を取っても音沙汰なし。もともとそういう悪評のある売り主だったので、授業料と諦めて、パナソニックへ修理に出しました。レンズユニットの交換となり、修理代はカメラ修理定額の8,400円。
 
カメラのアクセサリーとしては、レンズキャップなどを購入したものの、開閉式のレンズキャップは隙間もあるので、やっぱりケースが欲しいなぁと思っていました。

で、純正ケースも見てみたのですが、いかんせん高い・・・

いろいろ検討した結果、懲りずに、ヤフオクでカメラケースを落札しました。送料込みで1,500円ぐらいでした。

いざ装着してみると、若干大き目かな、という感はありますが、色合いや裏地など、なかなか良いです。

IMG_0972.jpg

IMG_0967.jpg

IMG_0968.jpg

また、上部だけ外せば、そのまま撮影できるのもポイント高いです。(撮影している間、上部をどこに置いておくのか、という問題はありますが・・・)

ただ、少し不安な点は、カメラとケース&ストラップを繋ぎとめるものが、カメラ底面の三脚用のネジだけなのです。

IMG_0979.jpg

そういうものなのかもしれませんが、ストラップが、カメラのストラップ留め具を経由して、ケースに留まってくれればよかったのですが、付属のストラップはカメラの留め具を通りませんでした。

IMG_0978.jpg

次はストラップだけ買おうかなぁ(笑)


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/29(木) 21:30:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

従姉と花火遊び

P1010265.jpg

長くていいな、と思っていた小学校の夏休みもあっという間に終わり、いよいよ明日からは小学校が再開します。(2学期制なので「新学期が始まります」とは言わないのかな・・・)

先週は、毎朝5:45起きで、はじめてのラジオ体操も皆勤でした(と言っても4日間ですが)。

そのご褒美という訳ではないのですが、夏休み最後の日曜日、チビ加がずっとずっとやりたがっていた花火をやりました。

チビ加は、スーパーや100均で花火を見かけるたび、「買って~!!」と言っていたのですが、タバコを止めて以来、火も持っていませんし、やる場所などを考えると、ついつい億劫になってしまいます。

そこで、今回は、はじめて、私の実家で、いとこのみーちゃんと一緒にやることにしました。

私と弟が小さい頃にも、実家の前でやっていたものですが、今では、周囲にはマンションも建ち、昔ながらの住民も少なくなってきています。

そんな環境で、苦情が来たらどうしよう・・・とドキドキしていましたが、大丈夫でした。

風があまり吹いていなかったので、思っていた以上に煙がすごかったのですが、二人とも、とっても楽しそうでした。これだけ喜んでくれると、またやってもいいかな、なんて思ったりします。

さすがに、やったのは手持ちの花火だけで、打ち上がるような花火は断念しましたが、花火で遊べるような場所って、どんどん減ってるような気がしますね。

さあ、明日からまた元気に登校しようね。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:おもちゃ・玩具 - ジャンル:育児

  1. 2013/08/26(月) 22:30:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝説のサブカル本 『タキモトの世界』

IMG_0985.jpg

昨日に続いて、本のご紹介です。

この『タキモトの世界』という本ですが、もともと『写真時代』という雑誌に連載されていたものが1992年に書籍化され、一部の人には熱狂的支持を得たものの、長らく絶版、高値取引されていた伝説のサブカル本だそうです。

92年と言えば、私は大学生。知っていてもおかしくはないのですが、全く知りませんでした。

それが、今回復刊されたとのこと。販売元は、復刊ドットコムです。

ここにあるタキモトというのは、滝本淳助氏というカメラマンなのですが、その発想や考え方、言葉の選び方がすばらしく独創的で、面白いのです。

あの『ダンドリくん』や『食の軍師』の原点はここにあったのか、という納得感以上のオモシロ世界観が、久住氏の文章によって伝えられます。

これを読むと、今まで久住氏の面白さだと思っていたものが、実は滝本氏の面白さのコピーだったんじゃないの?なんて邪推してしまうぐらい。もちろん、書き手としての能力は疑いようがないのですが。

なんて、偉そうなことを書きましたが、目次を写してみたので、その雰囲気だけでも感じていただければと思います。基本的には、「なんのこっちゃ」だと思いますが(笑)

まえがき
最後の風景
ペパロニライスの丁度よさ
小さなうなぎと頼もしい男
三浦逮捕と便利棒
ライオンと阪神
夜と災害
オシャレとゲリラ
ひと言とかっこいい犯人
整理と政変
静かな生活とイメルダの便所
謎の覆面とゴマの謎
顔のレベルとツブレタ顔
置き缶と笑う父
オレのスケベの構造
ヒキョーなラブレターと盛り上がらぬコンパ
江戸の暗さと新聞の下の毛
タキモトの夢図鑑
室内高層化と三原山特番
タキモトのトーク・バラエティショー
タキモトのUFO論
リモコンの輪ゴムと小さな名前の人
足のホクロと脳のシクミ
肥後ずいきと生ジュース
ジャズ熱とタイソン
演劇の人たちと「初ゲンカ」
神保町めぐりとそっくりさん殺人
暇な日記と長い題名
部屋の小銭と最高の季節
株の暴落と「先に帰る」
虚言癖の男と乱暴な強盗
マイナーな事件と滝本淳助全記録
ハワイの天体望遠鏡とデブになる自信
金大中と成田の構造
役者滝本淳助
爆発現場一番乗り
コイン集めとジョン・レノン
メスの10円玉と旧日本軍の人々
W松本と二億円
トノスの女とヤリマンの構造
[付録]とけこむタキモト
解説 南伸坊
[付録2]滝本淳助×末井昭


でも「サブカル」って便利な言葉ですね。「メイン・カルチャー」に対する「サブ・カルチャー」ということなので、「非主流」とでもなるのでしょうか?たくさん売れてしまうと、それはメインになってしまう訳で、「知るひとぞ知る」みたいなもんですかね(笑)


タキモトの世界タキモトの世界
(2013/03/16)
久住昌之 文 / 滝本淳助 写真

商品詳細を見る



よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/08/23(金) 21:30:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ヘドバン』という雑誌を入手しました

P1000898.jpg

各方面(?)で激賞されているシンコー・ミュージック発行のムックで、これが発刊第一号です。書店を何軒か回って、ようやく入手しました。

「ヘドバン」=「ヘッド・バンギング」という名前の通り、へヴィ・メタルに関するムックです。

同社が発行している B!誌は、中学生の頃から25年以上購読していたのですが、内容が一新されてしまい、私にとって面白い雑誌ではなくなってしまったので、昨年5月で購入を止めてしまいました。

そんな状況だったのですが、ふとしたきっかけ(それがなんだったかは忘れました)から、このムックの存在を知り、メタルゴッド伊藤政則氏が還暦を迎えたことを知ってしまった以上、買わない訳にはいきませんでした。

IMG_0983.jpg

手にしてみると、その大きさは昔発行されていた素晴らしき音楽文芸誌『炎』と同じサイズで、否が応でも期待が膨らみます。また、ムックと言っても、カラーページは数ページだけで、ほとんどが縦書きの活字で埋まっていて、これも『炎』を彷彿とさせます。

IMG_0981.jpg

巻頭特集は、BABYMETALというアイドルグループの特集なのですが、そのアイドルがどうこうというより、その背後に見え隠れする関係者のメタルへの愛情がひしひしと伝わってきました。

この特集のほかには、吉田豪氏によるデーモン閣下やテリー伊藤氏へのインタビュー、Xの“Vanishing Vision”の特集などが載っていますが、「メタル・フォーマル・コレクション2013~夏」なんて特集があったりと、全体的に漂う雰囲気はサブカル雑誌のそれです。

IMG_0980.jpg

そして、私が一番読みたかったのが「伊藤政則ストーリー」です。今回は前編なので、秋に出るという第二号を、楽しみに待ちたいと思います。

それにしても、ここ最近は、セーソクさんの27年ぶりの新刊や、喜国センセイのROCKOMANGA!の単行本化など、気がつけば、本屋さんの音楽コーナーが熱いです。


目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像
(2013/07/09)
伊藤 政則

商品詳細を見る



ROCKOMANGA!ROCKOMANGA!
(2013/04/25)
喜国 雅彦

商品詳細を見る


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/08/22(木) 12:45:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も鶴見川花火大会へ

P1010202.jpg

17日の土曜日、鶴見川の花火大会へ行きました。

今年はたまがわの花火大会と同日開催でしたが、いつもの通りの鶴見川へ。

昨年までは19:30からだったのですが、今年は19:00打ち上げ開始になっていました。

チビ加とトイレに並んでいて、開始時間には少し遅れてしまったのですが、今年も家族3人、花火を楽しむことができました。

もうそろそろ夏休みも終わりだなぁと、少ししみじみ。

出発したのは16:30で、買い物をしてからバスに乗ったのが17時ちょっと前。
来年も同じ開始時間だったら、もう少し早目に出た方がいいかも。

こういう感じの写真を初めて撮りました。ちょっと楽しい。

P1010214.jpg


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2013/08/21(水) 22:15:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七五三写真の前撮りに行きました

P1000560.jpg

七五三と言えば、もともとは11月15日に子どもの成長を祝って神社・寺などに詣でる行事(by Wikipedia)ですが、最近では、お参りとは別に、先に写真だけを撮ってしまうことが多くなっているようです。

と言っても、恐らくは、大規模チェーン化した写真スタジオの営業戦略上、11月に集中してしまうと捌ききれないため、他の月に分散させようという狙いなのでしょう。

チビ加が三歳の時には、そんなの11月でいいんじゃない?と思っていたのですが、いろいろ特典もあるし、写真撮るまで髪の毛も切れないし、2回晴れ着を着た娘を見られるし、ということで、前撮りへ行ったのでした。

で、今年、七歳の七五三にあたって、ちょうどお誕生日特典のDMが来ていたこともあり、夏の日焼けをする前、前歯が抜ける前にということで、6月の終わりに、前回と同じく、スタジオアリスに行ってきました。・・・って、2ヶ月近く前ですね(汗)

スタジオでは、笑顔を引き出そうと、カメラマンの方がトークを振ってくれるのですが、チビ加の場合、初対面の人のトークには単純に乗ることができず、どちらかと言えば、場の空気に馴染むまで時間がかかってしまうタイプです。

今回は大丈夫かな、と思っていたのですが、前回ほどではないにしろ、やはり戸惑っている様子。なので、笑顔を引き出すのは、前回同様、親、主に私の役割でした。

こちらがニコニコしたり、変な顔をしたりすると、チビ加も笑顔に。背景を変えたり、小物を持たされたりしつつ、無事に笑顔で写真を撮り終えることができました。

今回は、2種類の着物選びから、メイク、撮影など、3時間ほどの長丁場でした。

で、撮影した数十枚の中から、五枚を購入。2種類の着物で一枚ずつ、家族写真一枚の三枚でいいよ、と思っていたのですが、やはり見ていると欲しくなってしまいますね。

写真選びのシステムは、要らない写真を候補から外すことができなかったりと、改良の余地がある気がしましたが、恐らくこの手のスタジオを利用するのは、この先あるかどうか・・・といったところなので、大目に見ておくことにしました。

で、最後に11月のレンタル着物の予約をしてこの日は終了。

後日、可愛らしい台紙と一緒に写真が出来上がってきたので、そこから、ジジ・ババ用に、近所のプリントサービスで2Lサイズに焼いてもらい、IKEAで買ってきたフォトフレームに入れて、プレゼントしました。

IMG_0974.jpg


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

  1. 2013/08/20(火) 22:15:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お出かけ】伊豆旅行(2日目後半~3日目)

P1010114.jpg

浄蓮の滝で楽しく過ごした後は、また鬱陶しい暑さの地上へ戻り、一路、土肥温泉へ。

宿泊先の土肥マリンホテルへ着いたのは、午後4時でした。チビ加はプールで遊びたかったようですが、すでに清掃に入ってしまっていたので、この日は断念。代わりに、温泉に入ったあと、ロビーに置いてあったビリヤードで遊びました。

P1010047.jpg

しかし、なんでしょうか、このホテル。不思議な印象のホテルでした。

P1010045.jpg

チェックインの時に、タッチパネル式の券売機でお金を支払います。受付は、アルバイトの学生さんでしょうか、若い男の子です。態度が悪いとかいうことは全くないのですが、支配人らしき人がいないので、誰がこのホテルを仕切っているんだろう?という不安な気持ちになりました。

また、部屋が最上階だったせいなのか、冷房の効きが悪く、そのうち冷えるだろうと思っていたのですが、結局、翌日になっても涼しくなりませんでした。

一方で、浴衣は自分の好きなものが選べたり、卓球やビリヤードがフリーだったり、湯上りに冷たいお水が用意されていたりと、それなりにサービスは充実していましたし、食事はとても美味しくて、ボリュームもあり、満足できるものでした。

P1010053.jpg

P1010055.jpg

P1010057.jpg

P1010061.jpg

なんともチグハグな印象のホテルだったのですが、なんと言っても、このホテルの目の前が海水浴場です。

P1010041.jpg

翌日は、朝からプールや海で、たっぷり遊んでから帰りました。

P1010078.jpg

この土肥海水浴場は、西伊豆では最も広い海水浴場なのですが、比較的空いていて、防波堤があるために波もほとんどありません。また、砂浜に漁船を利用した温泉や子ども用のミニプールがあったりするので、海に入れなくてもどうにか過ごすことができます。

そんな訳で、チビ加が生まれてから3回目の訪問だったのですが、3回目にしてようやくチビ加も海に入って遊ぶことができました。海が楽しくなったそうです。

P1010092.jpg

さすがに、帰りの車では、あっという間に眠ってしまいました。たくさん遊んで疲れたのでしょう。道の方は、多少の渋滞はあったものの、食事休憩のタイミングがうまく取れたので、それほど遅くならずに帰れました。

この旅行では、ウォータースライダー、釣り、海水浴と、いろいろな「初めて」を体験することができ、良い旅行だったなと思いますが、チビ加には、どんな思い出が残っていくのでしょうね。

残念だったのは、思ったより道路が混んでいて時間がかかってしまい、長岡や三島にあるブックオフに寄ることができなかったことぐらいでしょうか(笑)


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2013/08/18(日) 20:30:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お出かけ】伊豆旅行(2日目前半)

P1010018.jpg

旅行を決めるのあたって、どこへ行きたいかとチビ加に聞いたところ、帰ってきた答えは予想通り「温泉とプールがいい!」だったのですが、何か夏休みならではの体験がないかな~と考えていたときに浮かんできたのが、「浄蓮の滝」でした。

浄蓮の滝は、私も小さい頃から何度となく連れてきてもらっていた場所で、『天城越え』の歌を知るより先に知っていた場所です。ここなら、綺麗で大きな滝も見ることができますし、マス釣りをすることもできるので、普段できない経験ができるかな、と思いました。

これが2日目のメインです。

伊東から海岸線をずーっと南下し、河津からループ橋を通って天城へ。途中、『孤独のグルメ Season3』に出てきたわさび丼はこの辺りかな?なんてことを話しながら、浄蓮の滝へ到着しました。

P1000981.jpg

滝へ下りると、ここ数日の酷暑が嘘のようにひんやりとしていて、とても気持ち良いです。

P1010025.jpg

早速、竿を借りて、釣り場へ。

P1010033.jpg


P1000995.jpg

P1000994.jpg

始めは、私がやってみることにしました。チビ加は、すぐに釣れるものだと思っていたようで、なんで釣れないの?と言いながら、あっちでやってみたら?こっちがいいんじゃない?など、いろいろ言います。

10分ぐらいやってみましたが、釣れないので、ここで秘密兵器を投入することに。

釣り場で渡されるエサは「いくら」なのですが、いくらの代わりに、コンビニで買ったさきいかをつけるのです。これは、大昔、確か父がやっていたような記憶があったので、今回わざわざ買って行きました。

久しぶりに食べたさきいかは、とっても美味しくて、思わず全部食べてしまいそうになるのですが、それをこらえて、釣り餌に。

すると、しばらくして、一匹目のニジマスが釣れました。

その後、チビ加にチェンジすると、すぐに二匹目が釣れました。さきいか効果か?チビ加も「釣れた!」と嬉しそうでした。陸に上がりパチパチと跳ねる魚には、「コワい~」と近づけずにいましたが(笑)

あとは妻だけだったのですが、残念ながらしばらくやっても釣れず、私に交代して三匹目をゲット。

釣った魚は捌いてくれるので、コンロを借りて、その場でいただくことにしました。よく見てみると、ニジマスだけでなく、アマゴが1匹釣れていました。3匹をありがたく、美味しくいただき、大満足できた浄蓮の滝でした。

P1000999.jpg

P1010006.jpg

P1010012.jpg


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2013/08/17(土) 06:45:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お出かけ】伊豆旅行(1日目)

P1000926.jpg

夏休みのお出かけのメインイベント。家族3人、2泊3日の伊豆旅行へ行ってきました。

まず1日目の宿泊先である伊東のサンハトヤへ向かいます。

ところが、この日は、朝からあーだこーだと文句を言うチビ加との大親子ゲンカでスタートしてしまい、父怒鳴り、母怒り、チビ加怒ったあとで大泣きという波乱の幕開けとなってしまいました。

そんなこんながありましたが、どうにか9時半過ぎに家を出発。覚悟はしていましたが、東名高速をはじめ、伊豆へ入ってからも道路が混んでいたので、伊東へ到着したのは14時半ごろでした。

途中、これは外せない東名海老名SAでの鯵の唐揚げ。この日は、ペペロンチーノとしょう油味をいただきました。美味しいです。

P1000913.jpg

途中、お昼に鯵のたたき定食も。

P1000919.jpg

で、伊東のサンハトヤですが、泊まるのは私も初めてです。

P1000925.jpg

私が小さい頃には、よくテレビでCMが流れていて、お魚が泳ぐ温泉やピチピチのまぐろ(はまち?)を抱える子どもの様子など、ある年齢層以上の方にはおなじみだと思います。

「伊東へ行くならハ・ト・ヤ~♪ハトヤに決めた!~♪」という歌や、そのアレンジバージョンである「伊東へ行くならサンハトヤ~♪」という歌も頭に残っています。

言うならば、70年代後半から80年代という、価値観が今ほど多様化していなかった時代のホテルです。団体旅行で、大浴場のある大きなホテルへ行って、大宴会場に集まって、みんなで宴会をする、という時代ですね。

こういう昔ながらのホテルは、実は子どもが喜ぶホテルだったりするのです。ベタなプールがあって、ゲームセンターがあって、大きな温泉があって、食事はバイキングで・・・。こういうホテルだと、子どもが喜ぶイベントもあったりします。

で、到着後、落ち着く間もなくプールへ。

IMG_0934.jpg

チビ加は、上達した泳ぎを見せてくれたり、初体験となるウォータースライダーにハマッてみたりと、さんざん遊んだ後は、そのまま海底風呂へ。昔テレビで見たままのお風呂で、大きなウミガメがいたりして、ちょっと感動してしまいました。

P1000933.jpg

ちなみに、チビ加は、水槽を泳ぐサメが風呂に入ってこないかと、ビクビクでした(笑)。

その後は、お待ちかねの夕食タイム。この大会場でのバイキング、往年の迫力を感じます。味もなかなかでしたが、こちらが何も言わずとも仲居さん(?)が「お写真撮りましょうか?」と聞いてきてくれたりと、サービスも良かったです。

P1000940.jpg

P1000935.jpg

食事がひと段落した後は、なんとディナーショー!この日は夏休み期間中ということで、マジックショーでした。若干遠い席だったので、チビ加は、マジックショーよりも、ヘンテコなダンスに大ウケでした。

P1000973.jpg

P1000945.jpg

食事後は、小さな会議室へ移って、マジックグッズの実演販売があったのですが、そこで教えてもらえたマジック2つは、帰って来てからも、練習しているぐらいです。

そんな感じで、どうなることかと思った朝から始まった一日は、楽しく幕を閉じました。つづく。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

  1. 2013/08/16(金) 21:30:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad