LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ストーンズから一夜明けて

IMG_1779.jpg

改めて、昨日のコンサートの印象を書きとめておきたいと思います。

まず、なんと言っても、ミック・ジャガーです。現在のポール・マッカートニーやストーンズを語る時、どうしても「年齢」の話題になりがちですが、そんな話題を持ち出すのが失礼なぐらい、動き、踊り、歌いまくっていました。いや、大げさでなく、疲れも見せず、どんどん若くなっている印象です。

チャーリーもロニーも普通に元気でした。本当にすごい人たちです。しかも、みんな本当にスマートで、スペシャルゲストのミック・テイラーとは大違い・・・いや、ミック・テイラーが世の中標準だと思いますが。

逆に、キース・・・(涙)。私はキースの佇まいが好きなので、公演中、ほとんどキースを観ていたのですが、ほとんど動かない。以前のように片足を上げてステップを踏むこともなく、花道に出ることもほとんどなく・・・もし私が8万円の席だったとしたら、ちょっと悲しくなっていたと思います(笑)

トレードマークだったタバコにしても、ロン・ウッドはぷかぷか吸ってましたが、キースは最初の方に少し吸ったぐらいだったのではないでしょうか。まぁ、いいことなのですが。

そんなキースだったのですが、それでも、たまに見せてくれるニヤっとした笑顔がたまらんのですね。あの笑顔を観に行ってきたといっても過言ではありません。いるだけで絵になる。カッコいいです。あんな風に歳をとれたらいいなぁと思います。

IMG_1781.jpg

思い出していたら、来週も行きたくなってきました(笑)

さて、今回は、ツアーパンフも確保できました。

ポールの時には、グッズ売り場が長蛇の列だったので、何も買えなかったのですが、今回は、一緒に行く先輩が早めに行くというので、パンフの購入をお願いしたのです。さらに厚かましいことに「小分け用袋ももらってくださいね!」とお願いしていたところ、一会計について一枚、と言われたらしく、面倒にも分けて支払ったそうです。

購入点数より多くちょーだいと言っている訳ではないのですから、その辺は融通を効かせてくれてもいいと思うのですが、そういうマニュアルなのでしょうね。

でも、無理言ってもらってきて良かったです。これまた想像以上にカッコいい。

IMG_1784.jpg

IMG_1783.jpg

実際のところ、グッズ売り場は長蛇の列で、その日に観る人が並んで購入するのは無理だと思いますが、パンフだけであれば、専用の売り場があったので、ほとんど並ばずに購入できたようです。

で、今回、なぜその先輩が早めに会場へ行ったのかというと、もちろんストーンズが好き、ということもあるのですが、先輩にとって、今回は特別な公演だったのです。

先行予約を申し込む時、その先輩から「今回はどうしても息子(中2)と一緒に観たい!」という強い想いを聞いていました。なので、チケットも多めに予約して、先輩と息子、会社の同期と私の4人で参戦することになったのです。

お父さんの夢が叶った瞬間ですね。息子さんとしても、今は「ストーンズ?はて?」とピンと来ないかもしれませんが、もう少し大きくなったら、絶対自慢できます。「ストーンズ?ああ、俺、昔ライブ行ったけど?」みたいな感じで。

私が同期と二人でビールを飲みながら、あれやこれや語り合っていた頃、帰りの電車ではどんな会話が交わされたのでしょう。

私も、チビ加とそういう思い出が作りたいものですね。AKBなら一緒に観に行ってくれるかな?いや、6~7年後に、またストーンズかポール・マッカートニーに来日してもらいましょう(笑)

IMG_1788.jpg

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/27(木) 22:50:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

行ってきました、ストーンズ(2/26)!!!

IMG_1770.jpg

時間短すぎ!というのが正直なところです。

と言っても、しっかり2時間は演ってくれたのですが、いかんせん聴きたい曲が多すぎます(笑)

もう夜も遅いので、今日のところは、一言コメントのみで。

ミック凄すぎ。
チャーリーしゃんとしてる。
ロニー若い。
リサ凄い!。
キース・・・心配だけど、やっぱりカッコ良すぎる!!!

いいお酒が呑めました(笑)

以下、本日2月26日のセットリストですのでネタバレ注意です。(※2/27一部修正)

1曲目はなんと・・・

1.Get Off Of My Cloud
2.It's Only Rock'N'Roll (But I Like It)
3.Tumbling Dice
4.Wild Horses
5.Emotional Rescue
6.Doom And Gloom
7.Bitch (Fan vote)
8.Honky Tonk Women
9.Slipping Away (with Keith on lead vocals and Mick Taylor joining on guitar)
10.Before They Make Me Run (with Keith on lead vocals)
11.Midnight Rambler (with Mick Taylor)
12.Miss You
13.Paint It Black
14.Gimme Shelter
15.Start Me Up
16.Brown Sugar
17.Jumpin' Jack Flash
18.Sympathy For The Devil

(アンコール)
19.You Can't Always Get What You Want
20.(I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)


IMG_1775.jpg

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/27(木) 00:56:39|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZIGGY30周年のチケットが届きました

IMG_2567.jpg

いよいよストーンズのライブを明日に控えた今日この頃ですが、昨年11月に申し込んでいたZIGGYの30周年ライブのチケットがやっと届きました。

オリジナルメンバーが期待された30周年でしたが、いろいろとすったもんだがあったようで、SNAKE HIP SHAKESのジギーカバーアルバムの時もそうでしたが、割とすったもんだが多い感は否めません。

単純に30周年をお祝いするイベントだと思ってチケットを申し込んだのですが、大人の思惑なのか、子供の無神経さなのかわかりませんが、変な感じになっています。

チケット申し込んだ時のドキドキ感が、今ではなんだか淋しい感じになってしまいました。

公式ページを見ると、「このボーカルの人誰?」というルックスになってしまっていて唖然としてしまいますが(笑)、楽曲の持つ力に期待して、単純に楽しんでこようと思います。

新曲も出ているようですが、聴くのは、ストーンズが終わってからですね。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/25(火) 23:07:26|
  2. 森重樹一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人的ロック名盤ベスト10 ~第1位および所感~

過去3回に渡りご紹介してきた個人的ロック名盤も、いよいよ1位を残すのみとなりました。

では、発表します。

【第1位】BON JOVI 「NEW JERSEY」

JERSEY.jpg

ベタですみません。

ボン・ジョヴィと言えば、前作の「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ(原題:SLIPPERY WHEN WET)」が世界中で爆発的ヒットとなったのですが、ちょうどその時期が、私が洋楽を本格的に聴き始めた頃とダブってきます。そういう意味で、まさに同時代、という感覚があるバンドなのです。

そして、そのプレッシャーに潰されることなく、さらに充実したアルバムを発表してきたのがこの4枚目です。

本当に捨て曲なしとは、このアルバムのことだと思います。“Homebound Train”だってネチネチしてていい、という人もいるはず(笑)

マイベストは、“BORN TO BE MY BABY”ですが、後年、横浜スタジアムのライブで、哀愁の名曲“WILD IS THE WIND”が演奏された時には、鳥肌ものでした。

ボン・ジョヴィは、リリースされているアルバムすべて名作と言っていいでしょう。本当に良い曲を書く人(たち)だと思います。早くリッチーに戻って欲しいのですが、どういう状況なのでしょう・・・


【所感】

これまでご紹介してきた個人的ロック名盤をまとめてみますと

1位:BON JOVI「NEW JERSEY」(1988)
2位:ZIGGY「NICE & EASY」(1989)
3位:尾崎豊「回帰線」(1985)
4位:ENUFF Z'NUFF「STRENGTH」(1991)
5位:OUTRAGE「LIFE UNTILL DEAF」(1995)
6位:VAN HALEN「5150」(1986)
7位:ANDY TAYLOR「THUNDER」(1987)
8位:大滝詠一「B-EACH TIME L-ONG」(1985)
9位:QUEENSRYCHE「OPERATION:MINDCRIME」(1988)
10位:HELLOWEEN「KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part2」(1988)


()内は発表年ですが、こうして見ると、ほとんどが中高生の頃に出たアルバムですね。やはりリアルタイムで発売を楽しみにしていたアルバムは、思い入れが違います。

当時は、「友&愛」とかのレンタル屋さん全盛期で、今のように洋楽のレンタル制限はなかった一方で、お小遣いという大きな制限があったので、一つ一つのアルバムを歌詞カードとにらめっこしながら一生懸命聴いたものです。

だからこそ、今でも強く印象に残っているのですね。

今回は、上のような順位を付けたのですが、いざ考え始めてみると、本当に苦労しました。

好きなアーティストは思いつくものの、その中からどのアルバムを選ぶのか、また、いろいろ聴きだすと、あれもこれも入れたくなってきてしまったり・・・

例えば、今回洩れてしまったアルバムとしては、GENESIS「INVISIBLE TOUCH」、DEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」、IRON MAIDEN「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」、JUDAS PRIEST「PAINKILLER」、EXTREME「PORNOGRAFITTI」、MR.BIG「LEAN INTO IT]などがありますし、AEROSMITHやHANOI ROCKS、KISSといったR&R系にも好きな曲がたくさんあります。

たぶん、一週間も経てば、「あ、あれもあった!」というアルバムが出てくるでしょう。

他にも「グループとソロは別」としつつも、今回はZIGGYさんを入れたので、関連作品は外しました。森重さんソロの「BUTTERFLY」や、THE DUST'N'BONEZの「FLAME SKULL BASTARDS」は、本当に好きなアルバムです。

まあ、こうして見ると、いろいろ幅広く聴いている割に、好きなものとなるとやはり大きく偏っていますね。

自分の嗜好を振り返る良い機会になりました。海さんに感謝です(笑)


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/24(月) 21:45:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

個人的ロック名盤ベスト10 ~第4・3・2位~

さて、今回は、4位から2位までをご紹介します。引っ張りますね~。

【第4位】ENUFF Z'NUFF 「STRENGTH」

strength.jpg

イナフズナフは、有名ではありませんが、大好きなバンドです。ドニー・ヴィーのボーカル、ビートルズ~チープ・トリックの系統を引くと言われたベタベタと甘ったるい曲(笑)、半音(シャープとかフラットとか)をいっぱい使った曲。ロックソングからバラードまで、良い曲がたくさんあります。

そんなバンドなのですが、セールス的には恵まれず、現在まで来てしまいました。クラブチッタ川崎の初来日公演(98年)は、嫁さんと観に行きましたが、そのあたりがピークだったのかな?メンバーも流動的で、現在、バンドはあるのかどうか。ですが、個人的には、メンバーが誰であっても、ドニーが歌っていればそれでいいんじゃない?と思っています。

で、このバンドは、どのアルバムも素晴らしいですが、やはり個人的名盤としては、この2ndを挙げたいです。ポップな一方で、どことなく暗い。一曲目の“HEAVEN OR HELL”がいきなりの名曲。他にも“BABY LOVES YOU”といったポップどころから、“TIME TO LET YOU GO”のようなアコースティック曲とか“THE WORLD IS A GUTTER”といったハードな曲まで。

残念なのは、このアルバムは現在手に入りづらくなってしまっていることなのですが、1stも3rdも名盤ですので、未聴の方には、ベスト盤でもなんでもいいので、一度聴いてみて欲しいなと思います、本当に。

ちなみに、このアルバムの曲をピアノの弾き語り中心に再収録した「EXTRA STRENGTH」というドニーのソロアルバムも出ています。

【第3位】尾崎豊 「回帰線」

ozaki.jpg

「トロピック・オブ・カプリコーン」と言えば菊池桃子ですが、こちらは「トロピック・オブ・グラデュエーション」です。

このアルバムに説明は要りません。当時真面目な中学生だった私に、“卒業”がどれだけ衝撃を与えたことか。この歌を小学校の卒業式で歌っていたらどうなっていたかな・・・なんて真剣に妄想してましたね(笑)

同じ頃、フジテレビで夜中に尾崎のライブが放送されたのですが、ビデオに撮って何度も何度も観たものです。“シェリー”を使ったカップヌードルのCMも流れていましたね。

亡くなった後のベスト盤やコンピレーションの連発や、崇め称えるような風潮にうんざりして、逆に距離を置くようになってしまいましたが、彼が残した曲すべてが名作でした。

今でも後悔しているのは、友人に誘われた東京ドームのコンサートを断ったこと。結局、ライブに行く機会が永遠に失われてしまいました・・・

ちなみにこの頃、“卒業”という同じ名前の曲がたくさんヒットしていました。尾崎豊、斉藤由貴、菊池桃子・・・あと一つぐらいあった気がする、と思い調べてみると、倉沢淳美でした。懐かしいですね。

【第2位】ZIGGY 「NICE & EASY」

ziggy_20140220185618487.jpg

ご存じジギーさんです。まだチケット届きませんが、3月にライブがあります。残念ながら、松尾さん、Joeさんは参加しないようです。

世間的には“グロリア”が大ヒットしたので、一発屋的なイメージがあるのかもしれませんが、そんなことはなく、他にも宝石のCMソングや日テレの野球中継のテーマ曲、コナンくんの主題歌などなど、耳にする機会はたくさんあったのですが、ファンしか知らないその事実(笑)

その歴史は、wikipediaでも参照いただくとして、個人的名盤の候補に挙がったのは、メジャーデビュー盤の「IN WITH THE TIMES」とその次の「HOT LIPS」、99年の「GOLIATH BIRDEATER」、02年の「HEAVEN AND HELL」、03年の「ROCK AND ROLL FREEDOM」あたりです。

どれも楽曲の充実度は高いのですが、その中でも、名曲“SING MY SONG”が収録されているという点と、発売当時、本当に聴きこんだという理由で、このアルバムを選びました。音質的には、少々微妙な感じもするのですが(笑)

さて、次回は、いよいよ第一位の発表です。

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/23(日) 20:56:27|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人的ロック名盤ベスト10 ~第7・6・5位~

前回、10位から8位までご紹介しました。今回は、7位からご紹介しますが、その前に、まずは番外編から。

【番外編】全日本プロレス・テーマ・パーフェクトコレクション

226007472.jpg

ハードロック・へヴィメタルを好きな人にはプロレス好きな人が多いというのは世間の常識ですが(←割と定説)、かくいう私も、幼い頃から、祖父と一緒にプロレスを観て育ちました。

このアルバムに思い入れがある訳ではなく、私が持っていたのは、小学校の時に買ってもらった、プロレスラーのテーマ曲集で、黒っぽいケースに入ったカセットテープでした。今では有名になった「イノキ・ボンバイエ」も当然「猪木がんばれ」だと思っていた頃の話です。

レスラーの入場曲としては、ブルーザー・ブロディ“移民の歌”、A・T・ブッチャー“吹けよ風、呼べよ嵐”、ミル・マスカラス“スカイハイ”、ロード・ウォリアーズ“アイアンマン”などは、超有名な曲ですね。三沢光晴“スパルタンX”もこの流れに入るのでしょうか。

オリジナルの入場曲でも、ジャンボ鶴田“J”、、長州力“パワーホール”、ザ・ファンクス“スピニング・トーホールド”などの名曲があります。スタン・ハンセン“サンライズ”もいろいろ組み合わさっているようなので、ほぼオリジナルテーマみたいなものでしょう。しかし!誰がなんといっても“王者の魂”です。今でもこの曲を聴くと、鳥肌が立ってしまいます。

という訳で、私の音楽人生に大きな影響を与えたものの一つとして、プロレス入場曲を挙げてみました。

では改めて7位から。

【第7位】ANDY TAYLOR 「THUNDER」

thunder.jpg

デュラン・デュランのギタリストだったアンディ・テイラーのソロアルバムです。

当時、タワーレコードで輸入盤のLPを購入したのですが、その後廃盤になってしまい、大人になってから探し回り、e-bayでようやく見つけたCDを恐る恐る購入しました。まだamazonはなかった頃の話です。

一曲目の“I MIGHT LIE”からして本当にカッコイイです。デュラン・デュランで溜まったストレスなのか、これでもかというぐらいにギターを弾き倒しています。

同じくアンディのプロジェクトだった「POWER STATION」も名作なので、どちらを選ぼうか迷いましたが、より思い入れのあるこちらを選びました。

アンディは、デュランをやめた後、ソロで活動しつつ、サンクチュアリーというマネージメント会社を立ち上げて大成功したのだと思います。再結成デュランにも参加していたようですが、再度脱退してしまいました。

【第6位】VAN HALEN 「5150」

5150.jpg

「やっぱヴァン・ヘイレンはダイヤモンド・デイブでしょ」という意見は百も承知ですが、私にとっては、このアルバムです。私のハードロックはこのアルバムから始まったと言ってもいいのかもしれません。

それは「夜のヒットスタジオ」の洋楽コーナーに、ヴァン・ヘイレンがどこか(たぶん米国)から出演し、先行シングルだった“WHY CAN'T THIS BE LOVE”を演奏(口パク)していたのです。

雰囲気のあるイントロ、しゃがれたボーカルが、カッコいいなと思ったのです。

そして、アルバムには、天下の名曲“DREAMS”も収録されています。もうそれだけで充分です。

ちなみに、私の結婚式の最後には、“CAN'T STOP LOVING YOU”を流しました。このアルバムではありませんが、これもVAN HAGARです。

【第5位】OUTRAGE 「LIFE UNTIL DEAF」

outrage.jpg

スラッシュメタル系だと、メガデス、メタリカといったところは当然ながらよく聴きましたし、そこから派生して、TESTAMENT、OVER KILL、EXODUSといったところもよく聴きました。

で、そんな時に出会ったのが、このOUTRAGEのアルバムでした。ちょうどメタリカがブラックアルバムで広く世間に売れたあとぐらいだったので、こっちの方がカッコイイじゃん、と思った覚えがあります。
本当によく聴きました。1曲目の“MEGALOMANIA”から11曲目の“LIVE UNTIL YOU DIE”まで、完璧です。「スラッシュ系でどれか1枚」と言われたら、これを選びます。

ちなみにこのバンド、日本のバンドというのが嬉しいところです。

まだ続きます。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/21(金) 20:40:06|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

個人的ロック名盤ベスト10 ~第10・9・8位~

前に、海cafe2の海さんが、「個人的ロック名盤ベスト10」というテーマで記事を書いていらっしゃったので、それを「リスペクト」して、私も「個人的ロック名盤」を考えてみました。最初に断っておきますと、ビートルズもストーンズも入っておりません。

ちなみに、この「リスペクト」は、日本語で言うと「パクッて」ということになります。海さん、ごめんなさい。

その「リスペクト」に基づく選定ルールは、下記の4つです。

①1アーティスト1作品のみ。ただし、グループとソロは別物として考える。
②洋楽と邦楽の区別はなし。純粋に私が好きな作品のみ。
③特別な事情がない限り、ベストアルバムやライブ盤は避ける。極力フルアルバムから選ぶ事。
④2枚組、3枚組も1作品とする。ただしボックスセットの類は除外する。


という訳で、早速ご紹介していきたいと思います。

【第10位】HELLOWEEN 「KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part2」

Keeper2.jpg

ドイツのバンドと言えば、まずスコーピオンズ、次いでアクセプトですが、このハロウィンが花を咲かせて、「ジャーマン・メタル」という言葉を一気に普及(?)させました。

ジャケットからは、限りなくB級の香りが漂っていますが、前作の“~Part1”から、音質的にも大きく進歩した印象です。

マイケル・キスクのボーカルがとても気持ちよくて、テンション上げたい時に何か1曲聴こうという時には、よく“EAGLE FLY FREE”を聴いています。他にも“I WANT OUT”に代表されるような疾走系の曲、“DR.STAIN”のような楽しい曲や“KEEPER OF THE SEVEN KEY”のような壮大な曲もあって、とても充実した内容です。

その後、大きなメンバーチェンジがありましたが、メンバーチェンジ後も、「THE TIME OF THE OATH」といった名作を作っています。

【第9位】QUEENSRYCHE 「OPERATION:MINDCRIME」

OM.jpg

続く9位もまたメタル系ですが、アメリカのバンド、クイーンズライクの名作です。

このバンド、当初は「クイーンズライチ」と呼ばれていたのですが、本作ぐらいから「クイーンズライク」と呼ばれるようになった気がします。「チ」より「ク」の方がカッコ良さそうですからね。関係ありませんが、スキッド・ロウの元ボーカルのセバスチャン・バックも、出たての頃は、セバスチャン・バッハだった記憶があります。「ク」つながりということで。

本作は、そのバンドが作ったコンセプト・アルバムで、リリース前からプレス(=「BURRN!」)の評判も高かったのですが、それほどメジャーなバンドではなかったせいか、発売日に横浜駅周辺のレコード屋さんを何軒も捜しまわって、やっと購入できたという記憶があります。

当時の私は、「コンセプト・アルバムだって!スゴイ!」ぐらいの認識で、曲間がすべてSEでつながっていることにも驚いたのですが、その物語が理解できた訳ではなく、結局は各曲の完成度の高さに惹かれた訳です。

緊張感のある高音ボーカルは、好き嫌いが分かれるでしょうが、本当に名曲がたくさん詰まっています。

この物語の主人公は、ニッキーという麻薬中毒者なのですが、その設定に怒ったモトリークルーのニッキー・シックスが、これまた名作「DR.FEELGOOD」のイントロでこのアルバムのSEをパクったという話もありました。

【第8位】大滝詠一 「B-EACH TIME L-ONG」

BTL.jpg

一気に趣きが変わります。年末に亡くなられた大滝詠一さんです。特別な事情があって、ベスト盤です。

記憶が曖昧ですが、中学生当時愛読していた「FMステーション」で紹介されていたような気がします。もしくは、当時開催された「ALL TOGETHER NOW」というイベントに、再結成はっぴいえんどが出ていたから興味を持ったのかもしれません。(ちなみに、今はどこかに行ってしまいましたが、この時のはっぴいえんどのライブLPもよく聴きました。)

このように、購入した動機は曖昧ですが、とにかく当時、このカセットテープを買ってもらったのです。確かCDとカセットのみの発売で、わが家にはCDプレーヤーがなかったのだと思います。ベスト盤だという認識もありませんでした。

ここに収録されている曲は、すべて通常の曲の前に、ストリングスによる長~いインストがついていたので、そういう編集盤だったようです。

とにかく一曲目の“カナリア諸島にて”を聴いて、すっかり気に入ってしまいました。それ以来、大滝さんのファンになりました。今では、このアルバムは廃盤になってしまったようで、このカセットもどこに行ってしまったかわかりません。オリジナルアルバムで聴くしかないのですが、再発を期待したいですね。

(つづく)

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/20(木) 22:00:05|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ」がスゴい

ひと月以上前になってしまいましがが、成人の日、川崎大師からの帰り道にカーラジオをいじっていると、伊藤政則さんの声が・・・。

「そういえば、昔、成人の日には、丸一日『パワーロックトゥデイ』をやってたな。まだやってるんだ。」などと思いながらぼーっと聴いていると、話題はあるアーティストの話になっていました。

その名前は、初めて聞く名前だったのですが、「ロック好きなら一度は聴いた方がいい」という話。

信号で止まったときに、かろうじて聴きとった「ろどりご、かんぱねーら」(←適当)という言葉を携帯にメモしました。

で、帰宅してからネットで調べてみると、それはどうやら「ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ」というアコースティックのギターデュオのようでした。

レンタルで借りてきて聴いてみました。

IMG_1682.jpg

ライナーノーツを読んでみると、元々はメタルバンドをやっていたようで、このアルバムでもメタリカの「ORION」や、ツェッペリンの「天国への階段」のカバーを演っていたりします。



ライブアルバムも借りてきたのですが、こちらでは、メタリカの「ONE」がカバーされていたり、「ENTER SANDMAN」のリフがちらっと出てきたりして、思わずニヤリとさせられます。

IMG_1684.jpg

すでにかなり人気があるようで、今さら感は否めないのかもしれませんが、確かにこれはスゴかったです。


激情セッション(初回生産限定盤)(DVD付)激情セッション(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/10/08)
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

商品詳細を見る



よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/19(水) 21:45:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日遅れのバレンタイン

結局、サンフランシスコから家に戻ったのは、日曜日の夜11時過ぎ。

機内では、本を読もうと思っていたのですが、あまり進まず、代わりに、「スティーブ・ジョブス」、「LAST VEGAS」、「謝罪の王様」、「ゼロ・グラビティ」と、4本も映画を観てしまいました。

で、翌朝、嫁さんとチビ加から3日遅れのバレンタイン・チョコをもらいました。

チビ加のプレゼントは、土曜日に二人で作ってくれたというトリュフチョコです。

IMG_2524.jpg

IMG_2529.jpg

一緒に入っていた手紙には、チョコが溶けてしまわないように手を冷たくするのが大変だったけど、割と簡単だった的なことが書いてありました(笑)

嫁さんからは、こちらのチョコレート。

IMG_2521.jpg

IMG_2523.jpg

どちらもとても美味しかったので、少しずつ食べて行きたいと思います。

ありがとう。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:バレンタイン - ジャンル:日記

  1. 2014/02/18(火) 21:30:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪のバカヤロー!

IMG_1748.jpg

という訳で、前回書いたように、出張でサンフランシスコに来ました。

米国本土への上陸は、新婚旅行以来2回目。仕事で来るのはこれが初めてです。英語が話せる訳ではないのですが、日本語の達者な米国人がアテンドしてくれました。

どうにかこうにか業務を行い、休憩時間にふと携帯を見ると、一本のメールが。

「出発遅延のお知らせ」

あー、日本はまた雪らしいから、その影響で少し遅れるのかな、と思って、中身を見てみると、なんと23時間の遅延・・・意味がわからず、何度も見返してみましたが(笑)、やはり明日の夕方に変更と書いてあるようです。

えー!明日!?と思いつつ、業務終了後、空港へ連れて行ってもらったのですが、やはり遅延状況は変わらず。

アテンドしてくれた彼は用事があるため空港で別れて、エアラインで手配してもらった空港そばのホテルへ移動して、この記事を書いています。

行動力のある人であれば、これ幸いとタクシーで観光に行ったりするのでしょうが、勝手のわからない米国で、そんな度胸は持ち合わせていません(笑)

で、そのホテルなのですが、三階建ての小さなホテルで、レストランもなく、ビールも売っていません。

少し歩けばデニーズがあるそうですが、ひと気もあまりなく怖いです。ピザのデリバリーが頼めるそうですが、電話で必死に頼んでまで食べなくてもいいかと思い、ホテルにある自販機でドリトスとカップラーメンとコカコーラを買って済ませました。

という訳で、もともと土曜の晩に到着予定だったのが、日曜の晩到着になってしまいます。

なんて書いていたら、さらに1時間遅延の連絡が・・・本当に明日帰れるのでしょうか?

サンフランシスコは、日本より17時間遅れなので、もうすぐ14日の夜9時半になるところです。

こちらのテレビでは、朝から「ハッピーバレンタイン!」のオンパレードで盛り上がっているのですが、私は一人、名も知らぬホテルの部屋で、出張前にチビ加からもらった手紙を眺めています(笑)

またチビ加と雪かきしたかったのですが、無理そうです。残念。

IMG_1750.jpg


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2014/02/15(土) 14:30:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。