LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

『誘拐』

IMG_2996_R.jpg

以前購入した『本の雑誌』の事件ノンフィクション特集で、古典として挙げられていました。

この事件は、私が生まれるより10年ぐらい前の話なのですが、なんとも悲しい話でした。

ただ、貧困や差別など、計り知れない不幸があったとしても、そして、犯行を認めた後でどれだけ悔い改めたとしても、いきずりの4歳の子どもを誘拐するというのは、許すことができませんでした。

いや、正直に言うと、幼い頃からの境遇などを考えると、犯人に同情してしまいそうな自分もいるのですが、もしその事件が自分の家族に起こったことだったらと想像してしまうと、同情などしてはいけない、と思うのです。

本事件に言及したサイトなどを見ていると、犯人の母親のコメントなどもあり、それらを読むと、ますます辛くなってきます。

犯人が完全に悪人として描かれていればこんな気分にはならなかったと思うのですが、世の中、そんな単純なものではなく、それをしっかりと描いている点が古典たる所以なのかもしれません。

非常にいたたまれない気分になった一冊でした。


誘拐 (ちくま文庫)誘拐 (ちくま文庫)
(2005/10/05)
本田 靖春

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/06/30(月) 20:45:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『イニシエーション・ラブ』という小説を読みました

IMG_2091.jpg

以前、テレビで、くりーむしちゅーの有田氏が大絶賛していたのを見て気になっていたのですが、この度、ブックオフの108円コーナーにて発見し、読んでみました。

本の帯にも、最後から二行目は絶対先に読まないで、的なことが書いてあったので、その部分がとても気になりつつ、急いで読みました。

内容は、恋愛小説なのですが、その手の本をほとんど読まない私としては、これが普通の恋愛小説なのかそうでないのかわからないまま、ただ、読み進めるにつれて、何か変だな?という違和感を感じながら、ようやくその問題の箇所まで到達しました。

『ハサミ男』的などんでん返しがあるのかと期待していたのですが、想像と違い、少々肩透かしを食らいました(汗)

確かに、面白いアイデアで、よく考えられているなぁ、と思いますし、有田さんが言っていたように、「もう一度読み返したくなる本」でしたが、まあ、それだけです。

やっぱり事前に期待値が上げられてしまうと、ダメですね(笑)

解説のサイトもありますので、てっとり早く内容を復習したい方には、そちらがおススメです。


イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04/10)
乾 くるみ

商品詳細を見る


ハサミ男 (講談社文庫)ハサミ男 (講談社文庫)
(2002/08/09)
殊能 将之

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/06/26(木) 22:45:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「目のたいそう」を始めました

IMG_2065_20140625165641ceb.jpg

小学校の視力検査で、C判定だかD判定をもらってきたチビ加。

近所の眼科で検査してもらうと、とりあえずは「仮性近視」とのことでした。

ワックという機械を使ったりしながらしばらく様子を見るということなのですが、少し調べてみたところ、そもそもワックというのは目の緊張をほぐすための機械らしく、あまり期待はしない方が良さそうです。

確かに、歯と視力は、一度悪くなったら良くはならないというイメージがあります。

とは言え、低学年からメガネというのは、かわいそうです。

私が小学生だった頃には「目のぐりぐり体操」というものがあり、毎週火曜日の朝に、保健委員のお兄さん・お姉さんと一緒に、「夕焼け小焼け」の歌に合わせて、目を上下左右に動かす体操がありました。

そこで、ネットで見てみると、同じような体操が推奨されていました。

A5のハードケースを買ってきて、中には、私が作成した体操の紙を入れました。一応、目に優しいように、グリーン中心の色使いです(笑)

IMG_2067_20140625165639986.jpg

私も、タバコをやめてから、喫煙室でボーっと遠くを見ることがなくなってしまい、さらに目が悪くなってきた気がするので、毎朝、チビ加と一緒に、この目のたいそうをしています。

私もヨメさんも目が悪いので、将来的にメガネが必要になるのは仕方ないとは思っているのですが、できるだけ裸眼でいられる期間を長くしてあげたいものです。


関連記事

テーマ:学校での出来事 - ジャンル:育児

  1. 2014/06/25(水) 21:00:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンのデスクトップも整理しました

以前ご紹介した本には、パソコンのデスクトップの整理についても書かれていました。

もともと私もデスクトップがごちゃごちゃしているのが好きではないので、壁紙は使っておらず、基本は黒一色の背景で、真ん中に、チビ加の写真があるだけです。

アイコンも最小限にしていて、ショートカットは、すべて、Orchisというランチャーに集約しています。

-小物創作所 http://www.eonet.ne.jp/~gorota/

Launcher.png


ランチャーの区分

このランチャーには、画像の通り、6つの区分を作っています。

・Business
・Folders
・Audio&Visual
・Web
・Network
・Setting


各区分に入れているのは、下記の通りです。

Business:業務関連のソフトへのショートカット

 会社の業務ソフト、テキストエディタ(MKEditor、VxEditor)、
 PDF関連(Adobe Reader、ConcatPDFWなど)、
 MS OFFICE(Excel、Word、PowerPoint)

Folders:使用頻度の高いフォルダへのショートカット

 部署の共有パソコンやサーバーへのショートカットに加えて、
 自分のパソコンの各種フォルダへのショートカットも置いています。

ちなみに、作成途中のファイルや進行中の案件のファイルは、“Project”という仮置きフォルダにまとめてあり、このフォルダへのショートカットもここに置いてあります。ただ、スタートアップにも登録してあるので、パソコンを起動時に自動的にフォルダが開かれるため、このショートカットを利用することはほとんどありません。

Audio&Visual:画像加工のソフトやiTunesへのショートカット

 画像加工(JTrim、Paint、Winshot、Jointogetherなど)
 音楽関連(iTunes、iFunbox)

Web:ブラウザとか

 Chrome、Firefox、EVERNOTE

Network:社外からネットワーク接続するためのソフトへのショートカット

 Windowsの更新インストーラー、vIpCnfgなど

Setting:パソコンの設定に関わるソフトへのショートカット

 窓の手、AOMEI Partition Assistant、スタートアップチェッカー


まあ6つの区分があるとは言え、実際の使用頻度の多寡は、大きな違いがあります。


アイコンの並べ方

本書でも、デスクトップのアイコンは2列以内に、と提案されています。また、アイコンは自動整列を解除して、右側に並べること(右利きの場合)や、今取り組んでいるファイルやフォルダのショートカットを特例として作りタスク管理に使用することなど、とても参考になる使い方が提案されています。

早速、私も一部取り入れて、画面の左側に「コンピュータ」「ネットワーク」「ごみ箱」などの必要最小限のアイコンを一列に。右側には、タスク管理用として、“Project”フォルダ内に置いてあるワーキングフォルダへのショートカットを置くことにしました。

desktop624.png

デスクトップがキレイになると、頭もスッキリするような気がします。おススメです。


仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ
(2013/02/23)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:スキルアップ - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2014/06/24(火) 22:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【図書室2-5】ジャレットとバラの谷の魔女

IMG_2081.jpg

2年生の図書室シリーズの5冊目は、前回に引き続き、あんびるサンの本です。

どうも「魔法の庭ものがたり」というシリーズになっているようです。

結局、前回借りてきた『魔法の庭のピアノレッスン』は、家で読む時間をとったので、読み終わったようですが、今回は完全に借りてきただけでした。

まぁチビ加が借りてきた、という実績のメモだけですね。(笑)

今回の香りは、ローズでした。

IMG_2083.jpg


◆あんびるやすこ『ジャレットとバラの谷の魔女』

魔法の庭ものがたり7 ジャレットとバラの谷の魔女 (ポプラ物語館)魔法の庭ものがたり7 ジャレットとバラの谷の魔女 (ポプラ物語館)
(2010/04/20)
あんびる やすこ

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/06/20(金) 22:00:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京おもちゃショー2014へ行ってきました

P1030711_R.jpg

昨年に引き続き、今年も東京ビッグサイトで開催された東京おもちゃショーに行きました。

P1030713_R.jpg

基本的には、昨年と大きな変化はなく、バンダイとタカラトミーという2大おもちゃメーカーの巨大ブースを中心に、小さなブースがたくさん並んでいるという感じでした。

昨年来て、なんとなくイメージがついていたので、今年はまず一番に、バンダイのブースへ。

P1030716_R.jpg

改めて見ると、ウルトラマン、仮面ライダーに、戦隊もの。2大メーカーと書きましたが、キャラクター的には、バンダイが圧勝のイメージですね。

P1030718_R.jpg

P1030720_R.jpg

加えて、今年は、妖怪ウォッチが大ヒットとなっていますし、チビ加のお目当てのアイカツ!もあります。

P1030721_R.jpg

P1030722_R.jpg

期待していた通り、今年もアイカツ!のプロモーションカードを配布していて、無事に確保することができました。

P1030723_R.jpg

これで、当初の目的は達成です。

あとは、大人が見ても楽しい歴代マジンガーZなどもありました。

P1030741_R.jpg

他にも、たくさんの楽しいブースがあります。

P1030820_R.jpg

P1030802_R.jpg

P1030798_R.jpg

P1030783_R.jpg

P1030773_R.jpg

昨年と同じく、とんがりコーンのトッピング食べ比べ「生クリームかマヨネーズ、どっちが美味しいか?」があったり(私は何もつけないのが美味しいと思いました)、昨年はできなかったボディペイントをしてもらったり。

P1030767_R.jpg

P1030776_R.jpg

ムラサキノチョウタチヨ~♪

知恵の輪やけん玉といった昔ながらの遊びはやはり楽しいです。この方は、パズルの実演販売で有名な方らしく、軽妙なトークが面白かったです。

P1030786_R.jpg

中でも、今回チビ加が気に入ったのが、この遊び。

手芸の編み棒のようなものを使って、輪ゴム(シリコン?)を組んで、ブレスレッドを作ったりするものです。

P1030795_R.jpg

P1030797_R.jpg

P1030826_R.jpg

レインボールームとファンルームという、それぞれの名前でブースが出ていたおかげで、二つ作ることができました。

P1030830_R.jpg

「お誕生日のプレゼントはこれにしようかぁ」と真剣に悩んでました。

入場無料で、丸1日遊ぶことができますし、お土産もいろいろといただけました。恐らく来年も開催されると思いますので、お近くの方は是非。子どもだけでなく、大人にもおススメです。

P1030794_R.jpg


関連記事

テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

  1. 2014/06/19(木) 20:45:00|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日のプレゼントをもらいました

IMG_2089.jpg

昨日は父の日だったのですが、このところ外出続きで、お疲れモードだったわが家なので、私の父へプレゼントを贈るのは来週まで待ってもらうことにして、日曜は家でゆっくりすることにしました。

そんな日曜、日本代表の試合が始まるちょっと前、チビ加とヨメさんからポロシャツのプレゼントをもらいました。私は全く想定していなかったので、ビックリでした。

私自身、ファッションというものにはまったく無頓着なので、こういう機会でもないと洋服が増えることはありません。

チビ加からは、手紙ももらいました。

こちら裏面。雑な感じは否めませんが(笑)、嬉しいものです。三角や四角の物体が飛んでいるのは何なのでしょう?

IMG_2087.jpg

こちらがオモテです。

IMG_2085.jpg

チビ加からの手紙には、私がいつも怒るのでイヤだとかヤメテとか書いてあるのですが、「けんかのことは書きません」とあるのは、それは書かないということを指しています。

「書く」という漢字も覚えたんだなぁと。

で、最後に書かれているこの言葉。

IMG_2085 (2)

私は、どこへ行ってしまうのでしょう(笑)

ヨメさんにも「忘れちゃったら困るよ」と突っ込まれておりました。

こんな父の元で可哀想だな、と思うこともしばしばあるのですが、いい子に育ってくれていて、逆に感謝です。


関連記事

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

  1. 2014/06/16(月) 23:02:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仕事机に散らばった書類を立てて整理する方法

昨日に引き続き、5月の読んだ本からの話です。

私の仕事は基本的にはデスクワークなのですが、社会人ともなると、机周りをどう使ったらいいか、といった基本的なことは、会社では教えてくれません。なんとなく上司や先輩を見ながら、真似をしていくことが多いのではないかと思います。


三段トレーの活用

こんなので良いのかな?と思っていた若かりし頃、「なるほど!」と思ったのが、この本でした。

IMG_2054.jpg

この本にあった「デスクをコックピットにする」という考え方に感銘を受けて、早速、三段トレーを導入。これまで使ってきました。

本書によると、三段トレーは、

上段:インボックストレー
中段:読み物トレー
下段:保存用トレー


として使うとあったのですが、これを少しアレンジして、こんな感じで使っていました。

上段:ワーキングファイルトレー

今取り組んでいる仕事のワーキングファイルを置く場所として、資料を案件ごとにクリアファイルに入れて積んでおく。終了した案件は、ファイリングか廃棄、となります。

中段:読み物&リファレンストレー

ここは、もともとの読み物トレーとしての役割のほかに、会社の予定表などの参照用資料も一緒にクリアファイルに入れて、すぐに取り出せるようにしてあります。

下段:個人資料トレー

ここは、基本的には個人に関する資料置き場として、毎期の業績目標の管理表や、資格試験に関するもの(FASSの得点表とか)などを入れてあります。




三段トレーから三列レーンへ

基本的にはこれでさほど不自由はなかったのですが、整理法の本などを読むと、必ず「書類は立てろ!」と書いてあります。確かに、書類が積んであると、下の方の書類は忘れがちになってしまいますので、立てる必要性はうすうす感じていたのですが、なかなか踏み切れなかったのは、三段トレーのような「惹かれる道具」がなかったから。

ブックエンドやボックスファイルを使う、とあったのですが、そんなに素敵な感じではありません。

何かいいものはないかなぁと、会社に置いてあるアスクルのカタログをパラパラとめくっていたところ、「これならなんとかいけるかも」という製品を見つけました。

ソニックのファイルボックス タテ型というものです。

socicfile.png

でも、これを買ったとして、どう使おうか・・・と思っていた矢先に、この本に出会いました。

IMG_2055.jpg

この本では、書類縦置きの提案がされており、デスクの右側(右利きなので)に、3つの書類棚を置いた上で、

左:アグレッシブレーン(使用頻度の高い仕事の資料を置く)
中:はんこレーン(請求書や回覧資料など、
    処理しなければいけない書類を置く)
右:リーディングレーン(読んでおきたい資料などを置く)


として使用するというものでした。

これを少しアレンジして、こんな感じにしました。

左:ワーキングファイルレーン

元のワーキングファイルトレーと同じく、進行中の仕事のファイル
置き場として、資料を案件ごとにクリアファイルに入れて立てておく。

中:リファレンス&はんこレーン

請求書などの要処理の書類や、展示会の招待状などを置いておく。
会社の予定表などの参照資料もここに。

右:リーディングレーン

読んでおきたい本や資料などの置き場。


三段トレイの一番下に置いていた個人資料は、参照する機会が少ないので、袖机に収納しました。

これらのレーンに、資料の入ったクリアファイルを立てていくのですが、立てる時のTipsとしては、クリアファイルの開いている方を奥に、綴じている方を手前にして収納するということ。こうすれば、クリアファイルがぺラッとだらしなく開いてしまうこともないようです。

ついでに、デスクの引き出しも整理。中に何が入っているのか覚えていないフロッピーディスクや、使ったことがことがなかったようなガラクタをたくさん処分して、転勤か?というぐらいすっきりしました。


仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ
(2013/02/23)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る



気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ (ソフトバンク文庫NF)気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ (ソフトバンク文庫NF)
(2010/02/17)
リズ・ダベンポート

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:スキルアップ - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2014/06/13(金) 12:49:10|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

システム手帳のリフィル保管について考えた

5月の逸冊の記事でも書きましたが、ここのところ、必要に迫られて、ファイリング関連の本を読み漁っておりました。

それこそベーシックなことが書いてある基本書から、

IMG_2047.jpg

少しマニアックな応用編(?)まで。

IMG_2051.jpg

ファイリングのメインテーマは、当然ながら書類の整理なのですが、個人の書類整理に関しては、『スーパー書斎の仕事術』や『超整理法』といった名著が存在します。

IMG_2073.jpg


刑部式システム手帳について

この刑部氏の本は、この2冊の名著からインスパイアされたという本なのですが、参考になったのは、その「ダブルインデックス式ファイル」ではなくて、システム手帳の使い方でした。

IMG_2049.jpg

私自身、システム手帳のリフィル保管について、どうしようかな・・・とモヤモヤしていたので、目からウロコでした。

著者のシステム手帳は、「人生管理」と「データ管理」という大きく2つのシステムから構成されており、「人生管理」には、やりたいことやスケジュールなどのリフィルが、「データ管理」には、文字通り、本や知人から得た情報などのデータを記入したリフィルが入っています。

そして、データ管理のリフィルは、それを保存版バインダーに移す際に、分野別のバインダーに分けたうえで、その中を時系列に並べて行くというものでした。(人生管理のリフィルをどう保存するかについては記載がなかったのでよくわかりません。)


バインダーを分ける

これを自分にあてはめると、人生管理=「スケジュール部分」と、データ管理=「メモ部分」という2つの部分をどう扱うかということになります。これまでは、この2つをどうやって1つのバインダーに綴じるかということを考えていました。

この考え方を捨てて、保存用バインダーを2つに分ければ良いのです。

スケジュール部分は、マンスリーはマンスリーで寄せて、ウィークリ―はウィークリーで寄せる。生活の区切りに合わせて、4月から翌年の3月まで、つまりは、年度ごとにまとめてファイルします。これでバインダー1冊ですが、もしバインダーに余裕があるようなら、複数年度をファイルしてもいいでしょう。この部分は、ライフログにもなっています。

そして、次にメモ部分です。こっちは、打ち合わせのメモが圧倒的に多く、次が何か調べ物をした時の走り書き(主にプライベート)です。この2つをスケジュール部分とは別のバインダーにファイルします。

と言っても、プライベートの走り書きは多くない上に、ずーっと後になって見てみたいいこともあると思うので、年度ごとのスケジュール部分の後ろに、時系列で置けばいいかもしれません。

仕事上の打ち合わせメモは、長期間取っておく必要があるものは少ないと思うので、とりあえず、時系列でバインダーへ移動して、2年ぐらい過ぎたら、シュレッダーすればいいかなと思います。

こうして改めて書いてみると、見出しまでつけた割にはたいそうな話じゃないな、と思いますが、まあ私の頭がスッキリしたので、ヨシとします(笑)

バインダーに綴じたものが見返しづらいようなら、背中を糊で貼り合わせてもいいかもしれませんね。

ということで、構想は完了。あとはいつ実行するか、です(汗)


魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
(2005/08)
刑部 恒男

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/06/12(木) 12:51:06|
  2. 文具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ビジネスに効く最強の「読書」』

IMG_2079.jpg

ちょうど期限切れになりそうなヤフーポイントがあったので、新刊で購入しました。

世界史を学び直す契機になった『仕事に効く教養としての「世界史」』の著者であり、読書家としても有名なライフネット生命の出口会長による読書ガイドです。

【目次】
Part1: リーダーシップを磨くうえで役に立つ本
Part2: 人間力を高めたいと思うあなたに相応しい本
Part3: 仕事上の意思決定に悩んだ時に背中を押してくれる本
Part4: 自分の頭で未来を予測する時にヒントになる本
Part5: 複雑な現在をひもとくために不可欠な本
Part6: 国家と政治を理解するために押さえるべき本
Part7: グローバリゼーションに対する理解を深めてくれる本
Part8: 老いを実感したあなたが勇気づけられる本
Part9: 生きることに迷った時に傍らに置く本
Part10: 新たな人生に旅立つあなたに捧げる本


目次だけ見ると、ビジネス書っぽいのですが、中身をパラパラと見た感じだと、紹介されている本は、非常に骨太な本、という感じでした。

昨日の雑誌もそうですが、この手の読書本は、ついつい購入してしまいます。そして、その本から、たくさんの面白そうな本がみつかって、新たな購入につながっていきます。

ただでさえ未読の本がたくさん溜まっていて、この本自体を読むのがいつになるかわからないというのに、私は一体どうするつもりなのでしょう(笑)


ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊
(2014/06/04)
出口 治明

商品詳細を見る


関連記事

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/06/11(水) 22:00:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad