LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“ミスタープロレス”天龍源一郎に国民栄誉賞を!

tenru.jpg

この前の日曜は、天龍源一郎の引退試合だったんですね。

へそ曲がりの私は、金曜8時の猪木人気絶頂期の影響で全日ファンに。その後も、天龍革命、超世代軍の影響で、ジャンボを応援してきました。昔から、人気のある選手は好きではなかったんです(笑)

私にとって、天龍関の最初のイメージは、コーナー対角線の「つっぱり」です。これが出ると、当時一緒にプロレスをテレビ観戦していた祖父が喜んだものです。それから、独特の延髄斬りやコブラツイストといった新日の技もよく使っていましたね。

それでも、印象としては、よくて第三の男で、場合によっては、タイガー戸口、ロッキー羽田に続くぐらいの位置づけでした。タイトルで言うと、UNですね。

そこから、全日を背負って立つことになる訳ですが、一番思い出に残っているのは、札幌でのタッグマッチ、馬場・木村VS天龍・ハンセンです。もちろん、なんと言っても、馬場・木村のベテランの2選手の頑張りによって記憶に残っているのですが、同時に、天龍・ハンセンの戸惑いというか、葛藤も見えるような試合でした。

私が会場へ足を運ぶようになった頃は、もう全日を離れた後だったので、生で観戦したのは、SWSかWARの、横浜アリーナでのリック・フレアー戦ぐらいだと思いますが、残念ながら、「足4の字でピンフォールなんて・・・」という印象が強く、あまり面白くなかったという記憶しか残っていません。

じゃあ天龍関が嫌いだったのか、というとそんなことはなく、やはり全日本出身ということで、ずっと気になってきたレスラーでした。

一連の鶴龍対決と、そこから連なる四天王プロレス。私が好きだったプロレスを作ったのは、やはり天龍選手なんだろう、と思います。

最近のことはきちんとフォローできていませんが、いろいろな団体で試合をして、なんとか業界を盛り上げようと、頑張っていた印象があります。

そういう意味では、元祖ミスターの長嶋さんと同じですね。「俺が俺が」という印象を受ける選手が多いなか、業界全体のことを常に考えていたのではないか、という感じがします。馳ピーが大臣になった今こそ、天龍関に国民栄誉賞を授与、なんてことになったら楽しいのですが(笑)

でも・・・何なんでしょう?

当時、馬場さんを含めた全日本プロレスを「ゆるい」だの「甘い」だの批判していた団体出身のレスラーたちがまだ現役でやっていて、全日の第一線で頑張っていた選手たちがリングから去ってしまったのを見ると、何だかなぁ、という感想が湧いてきます。まあ今でもそういう名選手が見られるのは有難いのですが。

なんだか取り留めがなくなってきました(笑)

何はともあれ、思い入れを持って観ることのできる最後のレスラーが引退してしまいました。

寂しい話ですが、まずは、「無事に引退を迎えることができて、おめでとうございます!」ですね。

まったく関係ありませんが、アメリカへ来てから、昔は、すごく大きくて強そうに見えた外国人レスラーが、その辺を歩いているガタイのいい一般人と変わらないように見えてしまいます。なんならレスラーの方が線が細く見えたりして(笑)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/11/17(火) 08:50:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Happy Halloween!!!

P1080550.jpg

アメリカに来てから、初めての10月31日を迎えました。ハロウィンです。

日本でも若者のイベントとして、一部で変な感じで盛り上がってしまっているようですね。

私自身は、ハロウィンと聞くと、頭の中を、名曲“Invitation~Eagle Fly Free” が流れてしまいますが、そんなことは関係なく・・・

補習校から帰宅してから、アパートに住む日本人の子どもたちが集まって、記念撮影をした後は、近所の住宅街へお菓子をもらいに行きます。

金曜日から降り続いた雨も、この夕方だけはどうにか持ちこたえてくれました。

P1080564.jpg

とは言え、私が同行したのは、英語を教えてもらっている先生のお宅だけで、本番は、チビ加とヨメさんが、お友だちとママさんたちとで、近くの住宅街を回ってきました。

ヨメさんの「え、ついてくるの?」という雰囲気を察した私は、おうちで留守番です(涙)

しかし、そんな留守番の私にも、訪れる子どもたちにお菓子を配るというミッションがありますので、ビールなど飲んでる訳にもいきません。

ところが、アパートだからか、わが家に訪れた子どもたちは、たったの4組ほど。小さな子どもたちはいろんなコスチュームに身を包んでいて可愛かったですが、中学生ぐらいの少年集団は、大したコスチュームも着ておらず、「お菓子くれ」と言わんばかりの態度に、苦笑いでした(笑)

ようやく5組目のチャイムが鳴ったと思ったら、チビ加たちでした。

帰宅したチビ加は、たくさんのキャンディやらに囲まれて、ご満悦。とても楽しかったようですね。

P1080615.jpg

ビデオを見せてもらったら、いろいろと凝った飾り付けがあるお宅もあって、賑やかな雰囲気でした。

P1080587.jpg

P1080607.jpg

そんな感じで、肩透かしに終わってしまったハロウィンですが、来年、機会があれば、チビ加と一緒に行って、雰囲気を味わってみたいな~と思います。

ハロウィンが終わった夜中に、サマータイムも終了。朝が1時間遅くなりました。

関連記事

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2015/11/03(火) 03:38:06|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。