LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

ギターが欲しい!!!

IMG_0752.jpg

こんなに何かが欲しいと思ったのは、本当に久しぶりです。

アメリカに来て、家も広くなり、時間も日本に比べると、余裕があります。何か新しいことでも始めようかな、とはずーっと思っていて、始めるなら、昔からずっと気になっていたギターかな、と思っていました。

ですが、この年になってからギターを始める、というのも、なんだか気恥ずかしくて、チビ加のクリスマスプレゼント候補を探しにトイザラスに行った時などには、上の写真のようなギターのおもちゃをチビ加に勧めたりもしていました。

今年の誕生日にもギターを勧めたのですが、特に欲しくないようで、ボードゲームを欲しがったりしていたのですが、それらはiPadに無料のアプリゲームがあることが判明。「大きくなってから、ギターとか弾けるとカッコいいよ」などと説得したところ、少しその気になってきたようです。

ですが、今でも、習い事や補習校で忙しいチビ加なので、「せっかく買ったのに練習しない」とヨメさんから言われても可哀想です。なので、正直に、「お父さんが欲しいんだ」という話をしたところ、「じゃ、お父さんと半分ずつお金を出して買おう」ということに落ち着きました(涙)。

とは言え、私は、音楽は聴く方専門で、小さい頃にピアノは習っていましたが、ギターについては、まったくの素人です。なんの知識もありません。

私の世代ですと、学生時代にバンドブームがあったので、ギターの会社や種類について、何か知っていても良さそうなものですが、BURRN!は読んでも、YOUNG GUITARは読まなかったので、本当に何も知らないのです。ストラトキャスターやレスポールぐらいは知ってますが、それがギターの名前なのか、会社の名前なのかも知りません。

大学生の頃、友人がギターをくれたこともあったのですが、その友人に「お前の爪は、ギターを弾くのに向いてない」と言われ、そんなもんか、と思って挫折してしまったのですね。

今回は、ネットで必要なものを調べたり、YouTubeで初心者向けレクチャーを見たり、近所の楽器屋さんをチビ加と回って実物に触ってみたりしているうちに、どんどんどんどん欲しくなってしまいました。

しかし、YouTubeはすごいですね。見てると、自分も弾けるようになるんじゃないか、と思ってしまいます。



どうせ買うなら良いものを、という考え方は理解できるのですが、いつまで続くかわかりませんし、予算は100ドルぐらいかな、と決めて、調べてみました。

アメリカの本家アマゾンを見ると、40ドルの初心者セットから、140ドルのフェンダーのギターセット、ジャスミンの80ドルのギターが人気のようです。



余談ですが、例えば、ジャスミンのギターだと、こっちでは80ドルでも、日本だとかなり高くなるんですね・・・。

そんな感じで、英語、日本語取り交ぜて、いろいろなサイトを調べています。



関連記事

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2016/08/27(土) 03:47:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『システム手帳STYLE』が届きました

IMG_0729.jpg

発注してから10日ちょっと。とうとう待望の『システム手帳STYLE』が手元に届きました。恐らく、アメリカ上陸第1号じゃないでしょうか(←ちょっと失礼)。

一番のお目当ては、先輩ブロガーの海さん紹介のページです。期待に反して(?)、控え目な登場っぷりでしたが、その穏やかそうな佇まいからは、娘さんに優しく接している姿は想像できても、怒りにまかせてペンを折ってしまうような激しさは感じられませんでした(笑)

この先も、手帳愛好家の手本として、ますますご活躍を期待したいところですね。

さてさて、誌面自体も、本当に「システム手帳愛」が感じられる充実した内容で、これカッコいいな、とか、こっちもいいな~とか、目移りしてしまいます。システム手帳事典と言っていいでしょう。

使用事例も、海さんを始め、実際に使い込んでるんだな~、という方ばかりで、またシステム手帳を使いたくなりました。ま、正直に言うと、「これ本当に毎日描いてるの?」と思ったページもあったのですが、人のことは放っておきましょう(笑)

ただ、これだけシステム手帳について網羅されているにも関わらず、ひとつだけ残念だったのは、私の愛用している、UNITED BEESのリフィルやインデックスについて言及がなかったことですね。恐らく、バインダーを作っている会社ではないからなんでしょうが、使い勝手がいいものだけに残念でした。

まだパラパラとめくっただけですが、かなり物欲を刺激されています。

実物の手帳が手に取れない環境で、本当に良かったです(笑)

IMG_0730.jpg

関連記事

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/11(木) 03:23:53|
  2. 文具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今さらながら、2016年の手帳について

日本から『システム手帳STYLE』が届くのを待っているのですが、その前に、今年の手帳について書いておきたいと思います。今さらですが・・・。

毎年、年末近くなると、「手帳好きとしては、一度ぐらいはほぼ日手帳を使ってみないといけないよな~」とか、「ほぼ日手帳カズンも良さそうだな・・・」とか、「ジブン手帳って用途の考え方はピッタリなんだけど、フォントがなぁ・・・」とかいろいろ悩みつつ、結局はBINDEXのシステム手帳を使い続けてきました。

自分なりの理由をまとめたこともありました(→こんな感じで。)

ただ、最近気に入って使っていたUNITED BEESのリフィルがこちらでは手に入らなかったこともあって、今年は、システム手帳は使っていないのです。

余談ですが、アメリカでは、手帳に限らず、まともな文房具がありません。紙の質も悪いし、マジックとかすぐ書けなくなります。ホチキスだってゴツイのしか見たことないです(あくまでも私の周りでは、ということですが)。

それはさておき、今年使っている手帳は、こちら。

成美堂出版の「プラチナダイアリー・プレステージ」です。

IMG_0096_201608090318011e3.jpg

この手帳は、シンプルな中身で、値段も安いし、発売以来ずっと気になってはいたんです。

私の好きなバーティカルも選べますし、その時間軸も、朝の6時から夜中の24時まであって、ちょうどいいです。マンスリーがいつもと違って、ブロックタイプしか選べないですが、まあ慣れれば大丈夫だろうと。

IMG_0098.jpg

IMG_0100.jpg

ただ、いざ「来年はこれにしよう!」と決めた後で、2016年の別売りカバーのラインナップには私の好きなオレンジがないことに気づき、急遽ヤフオクで確保したという・・・。

IMG_0103_20160809031800600.jpg

IMG_0106.jpg

バイブルサイズよりも大きいので、いろんなことが書きこめます。難点と言えば、過去のリフィルのバインダーと並べた時に連続性がないことぐらいでしょうか。

IMG_0107.jpg

IMG_0108.jpg

ただ、中身はこんな感じのシンプルなノートなので、これに手製の紙表紙でも付けて、ファイルするのも悪くないかなと思っています。

まあ来年どうするかは、まだ何も考えていませんが、結構気に入っているんですよね~、これ。なので、またひとしきり悩むだろうな、と思います。



システム手帳 STYLE (エイムック 3461)

エイ出版社 (2016-08-01)
売り上げランキング: 780


関連記事

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/09(火) 06:30:00|
  2. 文具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一時帰国の思い出

IMG_0706.jpg

7月は、ヨメさんとチビ加が約3週間ほど日本へ帰国していました。こちらへ来てから初めての日本帰国なので、1年3カ月ぶりの日本ですね。

日本では、健康診断を受けたり、元々通っていた小学校に体験入学という形で数日通わせていただいたり、お友だちと遊んだりできたようです。

そんな「やることリスト」のうち、チビ加が一番楽しみにしていたのは、買い物・食べ物でした。

私の出張時には、いつもチビ加からの膨大な買い物リスト、主にアメやグミ、ぷっちょなどを中心としたリストが渡されていたのですが、今回は自分の帰国ということもあり、「あれを食べたい」とか「これを買ってこよう」とか、いろいろと考えていたようです。

特に、楽しみにしていたのは、スシロー、牛角、ファーストキッチンなどです。お目当ては、スシローのバジルチーズサーモン、牛角の梅しそ冷麺、ファーストキッチンのフライドポテトにつける各種ディップ、です。お金はあまりかかりません(笑)。

3週間の間には、ちょうど私の出張もあったので、数日は日本で一緒に過ごすことができました。

その数日一緒に過ごしてみて、成長したなぁ~と思ったのは、私が泊ったホテルや私の実家に、ヨメさん抜きで、泊まりに来てくれたことでした。

これまでなら、「お母さんも来ないとイヤ」とか言っていたでしょうが、今回は、冗談半分に「一緒に来る?」と聞いてみると、「うーん・・・行く!」と来てくれました。

まあ、そのうち「お父さんとはイヤ」という意味で「行かない!」と言われるのかもしれませんが、一緒にホテルのバイキング朝食を食べたりと、楽しい思い出ができました。

そして、私だけ一足先に戻り、二人も私から一週間遅れてこちらへ戻ってきてくれました。また3人での生活が始まります。

ちなみに、日本滞在中、スシローには、私との1回を含めて、5回出かけたそうです(笑)。


関連記事

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2016/08/02(火) 05:23:37|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad