LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アラスカはやはり寒かった

P1130287.jpg

サンクスギビングホリデーに行った南国カンクンとは打って変わり、クリスマスホリデーには、アラスカへ行ってきました。

日本にいた時にはアラスカへ行こうなんて考えたこともなかったですが、アメリカ駐在員の旅行先としてはとてもポピュラーなようです。

ただ、日本とダラスの中間ぐらいに位置するので、日本から行っても、時間はあまり変わらないと思います。

ダラスからは直行便がないので、シアトルで乗り換え、フェアバンクスへ。空港に着いたのは夕方ですが、この時期、太陽が出ているのは2~3時間ぐらいらしく、すでに日没後でした。

オーロラ鑑賞ツアーと言っても、相手は自然現象です。見るためには、いつくかの条件が必要です。

まずは最低限、曇っていないこと。雲があると見えません。

そして、オーロラが出ること。オーロラが出るメカニズムは説明されましたが、よくわかりません。太陽からの風がどうとか(汗)。 ただ、オーロラ予報のサイトもあり、高・中・低といったいくつかの段階で予報を出してくれています。

結果的には、3日間いずれも観ることができたのですが、テレビや写真で見るような、緑や青のカーテンがうねうね動くみたいなものではありませんでした。そういうものはたぶんベストショットな訳で、見られた方は超ラッキーと言えるでしょう。

私たちが見たのは、白いスジ状の光と言ったらいいのか、空にすーっと細長い光が射している感じ。初日は、それがウネウネしたりしていました。オーロラというよりも、ノーザン・ライツですね。同じことですが。

P1130463.jpg

とは言え、私たちも3日とも見られた訳で、ラッキーでした。三脚を持って行かなかったので、ブレブレですが、比較的マシな写真です。私たちの目に見えていた白い光でも、カメラで撮るとこのようにうっすら緑色に写っていたので、テレビ等で見るのは、もしかしたら肉眼とは違うのかもしれません。

2日目、3日目のオーロラは、ウネウネするでもなく、ずーっと出ていたので、途中から、オーロラを見るよりも、いかに写真に収めるかに興味が移ってしまいました。

でも、氷点下20度の世界という貴重な体験ができました。再訪はなかなか難しいとは思いますが、ベストショットも観てみたいですね。

P1130325.jpg

P1130476.jpg

P1130565.jpg

P1130762.jpg

P1130772.jpg

余談ですが、旅行中のどこかでカメラのスイッチを触ってしまったらしく、写真のアスペクト比がまちまちです。ご勘弁ください。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/28(土) 07:40:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末は紅白に限ります

20160909002809.png

年末は、やはり紅白歌合戦ですね。毎年毎年、演出がどうの、視聴率がこうの言われていますが、そんなこと関係ありません。

日本にいた頃はいろいろ選択肢もあったので、「笑ってはいけない」の方が面白いだの、「誰だ、この人たち?」みたいな文句も言ったりしましたが、それは贅沢というものです。

アメリカのテレビでは、ニューヨークの年越しイベントの中継を放送しているチャンネルもありましたが(話題になったマライア・キャリーのステージを見そこなったのは残念ですが)、基本は家族3人揃って、紅白を観てました。

北米の日本語チャンネルであるテレビ・ジャパンでは、31日には、紅白は2回放送されます。1度目は日本と同じ時間に生放送、つまり、アメリカでは早朝から朝にかけて、2度目は31日の夜、北米でも時差があるので、終了が0時という訳にはいきませんが、わが家では夜の8時から1時までの放送でした。

チビ加も、というよりも、チビ加が一番楽しみにしていましたね。

去年は、旅行から帰って来たのが31日の夜だったので、テレビをつけたらレベッカが歌っていたのを覚えていますが、今年は初めから見ました。

正直に言うと、私は朝、最後の1時間だけ一人で見ていたので、さんざんチビ加から「どっちが勝ったの?」と聞かれました。紅白の勝敗が気になるところは、さすが小学生です(笑)

バナナマンの副音声が聞けないのは残念ですが、初めからずっと見ていると、十分に面白いです。特に、今年は、チビ加の好きなAKB、嵐以外にも、ピコ太郎、RADIO FISH、星野源など、歌って踊れる歌が多く、とても楽しんでいましたね。

個人的には、欅坂46(と言ったら、ヨメさんに呆れられた)とピコ太郎を楽しみにしていたのですが、一番印象に残ったのは、意外にも(失礼)氷川きよしでした。昔の、どちらかというと、おばちゃん受けを狙ったような歌ではなくて、落ちついた、堂々たる歌いっぷりでした。

そんな訳で、紅白が終わってからも、YouTubeで紅白の歌のプレイリストがチビ加のヘビーローテーション中です(笑)


関連記事

テーマ:NHK紅白歌合戦 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2017/01/19(木) 02:20:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年のクリスマスプレゼント

IMG_0960.jpg

わが家には、まだサンタクロースがやって来ます。

日本製のものを希望しても叶わないことがあるといった制限はあるものの、チビ加には、まだサンタクロースがやって来ます。

「サンタクロースって本当にいるの?」という質問を年末に初めてされましたが、小4のチビ加には、まだサンタクロースがやって来ます。

さて、昨年に引き続き、英語で手紙を書いたチビ加。それを暖炉の上に吊るしてあるソックスに入れてありました。

昨年、サンタは、フットバスを届けてくれたものの(案の定、数えるほどしか使っていませんが・・・)、手紙は持って行ってくれず、チビ加はそのまま手紙と同封したキャンディーが残ってるとがっかりしていました(・・・汗)。わが家では12月24日から旅行に行く予定だったのですが、今年のサンタは、そんなミスはしないでしょう(笑)。

28日の朝に家に戻ると、チビ加は真っ先に中へ入り、プレゼントと手紙を見つけていました。ちゃんとサンタが来てくれて良かった。当たり前ですが、私たちは旅行中、家を出発する時から帰宅するまで、ずっと一緒でしたので、サンタ以外にプレゼントと手紙を届けてくれる人はいない訳です。

サンタは、しっかりとチビ加のレターは持ち帰り、代わりに、手書きの返事をくれました。これにはチビ加も「ハンドライティングなんてすごくない!?」と大喜びでした。これで、しばらくの間、わが家には、サンタクロースは来てくれそうです(笑)

IMG_0957.jpg

さて、プレゼントですが、チビ加と相談した結果、次の2つをリクエストすることに決定しました。

1つは、モノポリー、そして、もう1つは、アップルス・トゥ・アップルスというカードゲームです。どちらも、もしお店で買ったとしたら、これぐらいのお値段のようです。お手頃ですね。

IMG_0936.jpg

IMG_0937.jpg

どちらも、現地校で先生が持ってきて、みんなでやったのが楽しかったそうです。日本では考えにくいですが、先生がゲームとか持ってきて、みんなでやったりするのは、よくあることみたいです。

チビ加によれば、先生の持ってきたモノポリーは、珍しいバージョンだったようで、一緒にアマゾンで探してもなかなか見つからず、見つかった結果、100ドル近いプレミアがついていました。結局、そのバージョンではなく、「HERE&NOW」というバージョンに落ち着きました。

モノポリーは、恥ずかしながら、これまで一度もやったことがなかったのですが、チビ加に教わりながらやってみると、なかなか面白かったです。ですが、これだけ世の中で普及しているからには、まだ気づいていない面白さがあるのでしょうね。

そして、もう1つの「Apples to Apples」というのは、緑カードど赤カードを使う言葉遊びのようなゲームです。

詳しくは、チャンスがあれば記事にしてみようと思います。

今のところ、家族3人でしかやっていないので、なんとなくこんな感じかな?という雰囲気でやっていますが、アメリカ人が入ったりして、大人数でやると、どちらももっと面白いことになるかもしれませんね。


Apples to Apples: Party Box
Apples to Apples: Party Box
posted with amazlet at 17.01.16
マテル
売り上げランキング: 62,963


関連記事

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/01/17(火) 06:24:43|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新年のご挨拶

IMG_0955.jpg

今さらではありますが、あけましておめでとうございます。

どうなることかと心配していたアメリカ生活も丸2年が経過しました。本当にあっという間です。

この2年の間で(まあその前のことは知らない訳ですが)、ダラスにはとても日本のお店が増えました。ダイソー(1.5ドル均)、くら寿司(2.25ドル/皿)、ラウンドワン。年末には、牛角、紀伊国屋書店もオープンしました。日系スーパーも近々オープンするらしく、チビ加が首を長くして待っています。

さて、きちんとしたブログであれば、年末年始に1年間の振り返りとか、新年の抱負とか書いたりするのでしょう。去年何か書いたかなと思って、調べてみたら、同じようなことを書いてました。我ながらまったく進歩がありません(笑)

年末から風邪かな?とくすぶっていたのですが、いつの間にか本格的にこじらせ、まだ体調がイマイチです。もともと体が強くないので、しょっちゅう風邪はひくのですが、歳とともに、治りづらくなりましたね。

今年の風邪は、鼻水・痰が大量に出て(ある意味気持ち良いぐらい)、微熱&関節が痛みだし、咳が止まらなくなるというなかなか辛い風邪です。左耳が痛いのは、この風邪からくる中耳炎なのかもしれません。

日本から持ってきたいつもの風邪薬を飲んでもなかなか治らないので、今回はアメリカの薬を買ってみました。

まず購入したのは、上の写真の赤いやつ。TYLENOLのACETAMINOPHEN 500mgの錠剤です。解熱剤みたいなもんだと思います。

6時間ごとに2錠服用と書いてあるのですが、アメリカの薬なので、1錠で試してみたところ、これがまあ効くこと。アメリカの薬だというプラシーボもあるかもしれませんが、熱っぽいのも治りました。

しぶとく残るのが咳です。昨夜も夜中の3時頃に咳が出だして、目が覚めてしまいました。そんな時に、効いたのが、ホールズのハニーレモン味。

始めは別のホールズを舐めていたのですが、全然効かず、こっちに替えてみたところ、これもまあ効くこと。さすがにパッケージに「Relieves Coughs」と謳ってあるだけはあります(最初のには書いてなかった)。

夜中に飴を舐めるのもどうかと思いますが、まあ仕方ありません(笑)

新年一発目の更新が病気の話になってしまいましたが、まだ昨年のクリスマスのことや旅行のことなども書きたいと思っているので、引き続き、一ヶ月近い時差を含めてお届けできれば、と思っています(笑)

さて、昨年の記事に書いてあった抱負ですが、今年も引き続き、同じ抱負を掲げたいと思います。こうして見ると、生活面はそこそこ達成できた気がしますが、仕事が全然ダメですね。

1.家族3人、健康に、安全に暮らす。
2.貴重なアメリカ生活を楽しむ。
3.主体的に、能動的に仕事に取り組む。
4.勉強する。特に、世界史、英語。今年は算数・数学。政治・経済も加えたいと思います。
5.健康管理(体重・血圧)

本年もボチボチ更新していきますので、よろしくお願い申し上げます。


関連記事

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/01/13(金) 07:49:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。