LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チビ加のコンサートデビュー

このところ、続けて私のライブ参戦記録について書いていましたが、その間に、チビ加も初のコンサート参戦を飾りました。

「初の」と言っても、もっと小さい頃に、しまじろうコンサートとおかあさんといっしょのファミリーコンサートに行っているので、厳密には、初めての外タレの初コンサートです。いや、アメリカにいる場合はこちらが外国人なので、外タレではなくて、アーティストのコンサートと言った方がいいのかな。

これまで、機会を見ては、私の音楽の趣味に染めようとしてきたのですが、「お父さんの聴く音楽はうるさい」と言われてしまうので、当然ながらまったく系統の違うアーティストです。

それは・・・

IMG_1172_2017042804353238b.jpg

沢尻エリカ。

ではなくて、アリアナ・グランデです(笑)。前座に、Little MixとVictoria Monetを従えて。まったくわかりません。すみません。

私はあまり興味がないので参戦せず。ヨメさんとチビ加で、アメリカンエアラインセンターまでの送迎つきでの参戦です(ドライバーは当然私)。

事前にCDを購入し、聴き込んでいったので、ほとんどの曲がわかり、楽しかったようですね。

こちらに来てから、ヨメさんの車のなかで、よくTOP40もののラジオを聴いているので、アリアナ・グランデ以外にも、私の知らない曲をたくさん知っています。

先日家族でカラオケ(ダラスにはROUND 1があるのです)に行った時にも、たくさん洋楽を歌っていました。中には、歌詞に「sex」とか出てくるものもあって、ドキッとしたのですが、意味がわからないまま歌っていました。

IMG_1197.jpg

IMG_1193.jpg

そんな訳で、チビ加のために、セットリスト保存です。

Set 1
1. Be Alright
2. Everyday
3. Bad Decisions
4. Let Me Love You
Set 2
5. Knew Better Pt.II
6. Forever Boy
7. One Last Time
8. Touch It
9. Leave Me Lonely
Set 3
10. Side To Side
11. Bang Bang
12. Greedy
13. I Don' Care
Set 4
14. Moonlight
15. Love Me Harder
16. Break Free
17. Sometimes
18. Thinking Bout You
19. Problem
20. Into You
Encore
21. Dangerous Woman


そのROUND1ですが、せっかくなので、日本の最新曲があるといいのですが、微妙に歌が古かったですね。せめて恋ダンス、歌いたかったです(笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2017/04/28(金) 23:05:37|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デイヴ・メニケッティはやはり人間国宝だった

IMG_1137.jpg

Y&Tのライブに行ってきました。

場所は、先日TESTAMENTを観たGAS MONKEYですが、先日のライブハウスとは違って、今回はBAR&GRILLというお店の方。どこがステージなんだろうと思いながら行ってみると、お店の脇に少し広めのテラスがあり、そこがステージでした。客席も狭くて、ステージが近いです。

IMG_1140_20170413232743e97.jpg

入場料18ドルを支払い、手に「OK」のスタンプを押してもらいます。これがチケットの代わりです。

8時ちょっと前から、前座のJoey C. Jonesの演奏が始まりました。・・・と書いていますが、その場では、この人たちが誰なのかわからず、家で検索して判明した次第。

IMG_1142_20170413232736ded.jpg

ボーカルは少しハスキーで、ENUFF Z'NUFFのドニーのような感じ。嫌いじゃありません。曲も同じくポップめのハードロックで、良かったですね。

特にこの曲が印象に残りました。だいぶ今のルックスは違ってましたが・・・。



8時半過ぎに演奏が終わり、セットチェンジが始まりましたが、まだこの時点では、次に出てくるのがY&Tなのか、他のバンドが出てくるのか私にはわかりません・・・。

IMG_1143.jpg

ステージを見ていると、ドラムにかかっていたカバーが外され、そこにY&Tの文字が!これは次に違いない、と確信するとともに、最前列に空きスペースを発見。ふら~っと、そのスペースに入りこむことができました。生まれて初めての最前列確保です!あとは、トイレに行きたくならないことを祈るだけ。

そして、9時過ぎに、いよいよY&Tの登場です。

セットリストは後述しますが、とにかくデイブ・メニケッティの歌が上手い。ギターが上手い。目を閉じて歌いギターを弾くその姿は、まさに人間国宝の名にふさわしかったです。

IMG_1145_20170413232739e24.jpg

MCでは、日本について2回触れられていました。1回は、名曲「MIDNIGHT IN TOKYO」の前に歌の説明として、もう1回は、先月日本に行って「EARTHSHAKER」の全曲演奏をしてきたことについて。

嬉しかったのは、MCで「JAPAN」という単語が出た時に、前にいたギターのジョン・ナイマンに向かって自分を指差し、「日本からだよ」アピールをしたところ、オーという表情で指差してもらえたこと。大声で「I'M FROM JAPAN!!!」という度胸はないのですが、認識してもらえてよかったです(笑)

IMG_1156.jpg

結局、トレイ問題も発生せず、最後まで最前列で観ることができました。途中、子どもが何度かチョロチョロと前に入り込んできましたが、隣にいたアメリカ人男性も戸惑いながらもニコヤカに対応してあげていて、アメリカ人は優しいな、と感心しました。

気が付くと11時半を回っていて、結局2時間以上にわたる熱演でした。明日はヒューストン、その次はオースティン、サンアントニオ・・・とか言っていましたが、それだけ続くロードなのに、手を抜こうという感じは一切なく、力いっぱい歌い、ギターを弾く・・・。感動です。

感動のあまり、公演中に「買おう」と決意していたTシャツを買うのを忘れて帰ってきてしまいました(笑)

セットリストは、いつものsetlist.fmから。

1. Hungry for Rock
2. Don't Stop Runnin'
3. Hurricane
4. Lonely Side of Town
5. Shine On
6. Dirty Girl
7. Struck Down
(partial)
8. Mean Streak
9. Don't Be Afraid of The Dark
10. Winds of Change
(Dedicated to Leonard Haze, Phil Kennemore and Joey Alves)
11. Blind Patriot
12. I'll Keep on Believin' (Do You Know)
13. Black Tiger
14. Midnight in Tokyo
15. 25 Hours a Day
(includes short bass solo, not on setlist, Young and Tough was)
16. Hang 'em High
17. I Believe in You
18. Contagious (includes drum solo)
19. Down and Dirty
(drummer's choice, not on the setlist)
20.Straight Thru the Heart
(fan request, not on the setlist)
21. Lipstick and Leather
(fan request, not on the setlist)
22. Summertime Girls
23. I'm Coming Home

Encore:
24. Rescue Me
25. Forever


行って良かった!


アースシェイカー
アースシェイカー
posted with amazlet at 17.04.13
Y&T
USMジャパン (2011-12-21)
売り上げランキング: 116,779


関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2017/04/14(金) 01:46:45|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダラス マーべリックスを観に行ってきました

IMG_1111_201704130128312b7.jpg

今回は、北米に4大プロスポーツのうち、ベースボール(MLB),アイスホッケー(NHL)に続いて、バスケットボール(NBA)の観戦に、家族揃って行ってきました。

4月15日からプレイオフが始まるようで、シーズン最後のギリギリです。

試合は、ダラス・マーべリックス対デンバー・ナゲッツ。と言っても、NBAについてもほとんど知識がありません。

今期の成績表を見てみると、マーべリックスは、ウェスタン15チームのうち12位とあまり強くないのかな、という印象を受けたのですが、2011年には優勝していたり、ダーク・ノヴィツキーという選手を中心とした、なかなかのチームのようです。

IMG_1113.jpg

この日は、シーズン最後だからなのか、ファン感謝デーだったらしく、配られていた冊子には、「FAN APPRECIATION NIGHT」の文字が。

IMG_1136.jpg

そんな訳で、入場ゲートを入ると、マーべリックスのキャップを配っていたり、席にはTシャツが置いてあったりして、ちょっと得した気分でした。また、会場では、日本から来てバスケを観てアメリカを周っているという方にお会いしたり。

この日は、ダラス・カウボーイズで長年QBを務め、移籍ではなく引退を選択したトニー・ロモが招待されていました。会場には、彼のジャージを来た観客も大勢いて、プラカードや大きな声援で、感謝の気持ちを伝えていました。

IMG_1120_201704130128348a1.jpg

競技は違っても、英雄を称えるというアメリカのこういう姿勢は、見ていてジーンとくるものがありますね。

ここに関連記事が載っていました。

実は、私は高校時代、バスケ部だったのですが、あまり良い思い出がありません(笑)。好きというよりも、あくまでも部活としてやっていたという感じでした。ですが、久しぶりにバスケを生観戦して、ちょっとやりたくなってしまいました。3ポイントシュートが入った時の「サコッ」っという音がたまりませんね(笑)。

試合自体は、マーべリックスが負け、終了後にセレモニーがあるでもなく、あっさりと終わってしまいましたが、予想以上に楽しめました。

IMG_1122_20170413012835660.jpg

出口では、チームのポスターも配っていたみたいですが、我々の近くでは見つけられず、断念。

ホッケーもそうですが、バスケももっと早く来ていれば良かった(笑)。あとはフットボール(NFL)で4大スポーツ制覇ですが、秋まではアメリカにいないかな・・・。チビ加のお気に入りは、やはりベースボールだそうで、理由は、知ってる人(ダルビッシュ)がいるから、ってことみたいですな(笑)。

という訳で、この日の戦利品。

キャップ。
IMG_1129.jpg

Tシャツ。
IMG_1133.jpg

タコス無料券(笑)
IMG_1128.jpg

ご陽気なお兄さんたちと記念撮影も。このお兄さんたち、スポンサーなのでしょうか?

IMG_1126_201704130128375a3.jpg

ちなみに、マーべリックスのスペルですが、“MAVERICKS”と書き、通称「MAVS」です。てっきり、マーベラスで素晴らしいとかそういう意味だと思っていたのですが、調べてみると、“MAVERICK”は「焼印のない牧畜動物、群れから離れた馬(牛)」とあり、「驚くべき」とか「素晴らしい」は、“MARVELOUS”で、全然違いました(汗)。 実際には、60年代に放送されたコミカル西部劇のタイトルから取ったようなので、そういうカウボーイ的なもののことみたいですね。

TV Maverick


関連記事

テーマ:バスケットボール(アメリカ) - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/13(木) 02:12:07|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカのライブハウスに行ってみました

IMG_1085.jpg

先週の金曜日、意を決して、アメリカのライブハウスへ行ってきました。

実はこの場所、こちらへ来た早々に会食場所と間違えて来てしまったことがあるのですが、その時に、長髪のジャンキーっぽいおっちゃんにお金をせびられました。それ以来、ちょっと怖い場所という認識でした。

ですが、いつまでいられるかわからないアメリカ生活なので、勇気を出して行ってみることにしたのです。メインアクトは、スラッシュメタルの雄、TESTAMENTです。

入場料は、当日券で30ドルでした。

7時過ぎに会場へ入ると、オープニングアクトのバンドが演奏中。

IMG_1090.jpg

The Convalesceneというバンドのようです。白塗りのデスメタルバンドでした。まだ人はパラパラといった感じです。会場の都合なのか、元からなのか、ドラムはいないみたいでした。(けど、このビデオで観ると、ドラムいますね・・・?)



会場には、大きな円形のバーカウンターがあり、各種アルコールや飲み物が買えるようです。日本から帰って以来、咳が止まらないので、この日はアルコールは控えて、ずっとのど飴を舐めて過ごしました。

次に登場したのは、PRONG。この日は3組だと思っていたのですが、4組だったようです。

IMG_1092.jpg

PRONGは名前は知っていたのですが、残念ながら曲は知りません。でも、ボーカルの人がニコニコしていて、可愛らしかったです。3ピースのバンドですが、演奏もカッチリしていて良かったです。唯一聴きとれたのが、この曲でした。代表曲っぽいです。



次に出てきたのは、SEPULTURA。もちろんバンドは知っていますが、これまた曲は知りません。ですが、これまた演奏は素晴らしかったです。轟音ですが。

IMG_1096.jpg

IMG_1097.jpg

特に、ドラムのお兄ちゃん、最初から上半身裸で筋骨隆々、頭はボウズ。まさにダイナマイト・キッドでした(笑)。こういうメタルバンドのドラムの人たちは、本当にすごいと思いますね。恥ずかしながら、ほとんど曲は聴き取れず。なので、この曲も演奏したのかどうか、定かではありません・・・。



このSEPULTURAあたりから、左前にいたおじいちゃん(本当に70歳ぐらいのおじいちゃん)がノリノリで飛び跳ね出したのにはビックリしました。さすがにアメリカは奥が深い・・・。

最後に登場したのは、メインアクトのTESTAMENT。この時点で11時過ぎです。

IMG_1100.jpg

IMG_1101_20170411062641e50.jpg

IMG_1099_20170411062639ad8.jpg

さすがの貫録でした。こういうしっかりしたメロディがある曲は好きです。残念だったのは、チャック・ビリーのボーカルが少し聞こえづらかったのと、アレックス・スコルニックのギターの音がちょっとキンキンしていたこと。それまでのバンドの音がバランス良かったので、残念でした。あと、チャックのエアギターはどうなんだろ・・・。



テスタメントの演奏が終了した時には12時を回っていましたが、これだけ観られて30ドルとはお得感がありました。ですが、病み上がりの身にはずっと立ちっぱなしは厳しいものがありましたね。もっと体力を付けねば、と決意を新たにしました。

結局、怖い思いをすることもなく、予想以上に楽しめたライブハウス体験でした。これに味をしめて、ちょくちょく行こうと思います。

関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2017/04/12(水) 06:41:01|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。