LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年3月の逸冊!(3月に読んだ本)

日本はすっかり変わってしまいました。
そして、まだまだ不安な日々が続いています。

日本国のリーダーシップはどこに行ってしまったのでしょう?
もともとそんなものがあるとは期待していませんでしたが、
ちょっと酷すぎる。

日本の政治家は何の価値も生まない、そもそも価値がない、
ということが改めて証明されましたね。
やれやれ。

ともあれ、われわれ一般人は、毎日を精一杯生きるしかありません。

被害に遭われた方々には、心よりお見舞いを申し上げます。



今月は、あまり読書しようという気持ちにもならず、
2月とは打って変わって、あまり本は読みませんでした。

・佐藤優『獄中記』

獄中記 (岩波現代文庫)獄中記 (岩波現代文庫)
(2009/04/16)
佐藤 優

商品詳細を見る

<元外交官の著者が、512日間の拘留中の思索をつづった、
 607ページもの大部の著作です。
 数ヶ月がかりで、少しずつ読んでいきました。
 独房を勉強部屋に変え、読書と思考を続けるその強靱な精神力は
 驚くほかありません。>

・キャリー・マリス『マリス博士の奇想天外な人生』

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)
(2004/04/09)
キャリー・マリス

商品詳細を見る

<名作『ファインマン先生』シリーズにも通じる科学者のエッセイ集。
 ただし、こちらには、ところどころ毒物が混じっているので、
 注意が必要かと思います。翻訳は、あの福岡伸一氏でした。>

・マーク富岡『3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術』

3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術
(2008/06/17)
マーク富岡

商品詳細を見る

<生粋の日本人である著者による交渉術の本です。
 各国の方々との交渉が描かれており、
 海外出張が多い人には参考になるのではないでしょうか。>

ここから3冊は「ひみつシリーズ」です。

・林夏介『カブトムシ・クワガタのひみつ』

カブトムシ・クワガタのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)カブトムシ・クワガタのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/12)
林 夏介

商品詳細を見る

<世界各国のカブトムシ・クワガタが説明されていますが、
 どちらかと言えば、カブトムシが中心です。
 小さい頃には、ヘラクレスオオカブトを日本で観る日が
 来るとは思わなかったなぁ。>

・横田弘行、藤木輝美『からだのひみつ』

からだのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)からだのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/04)
横田 弘行、藤木 輝美 他

商品詳細を見る

<これも子どもの頃、よく読んでいました。
 今持っている人体の知識は、よく考えれば、
 この本が土台になっています。>

・林夏介『イヌのひみつ』

イヌのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)イヌのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/12)
林 夏介

商品詳細を見る

<これは昔読んだのかな?あまり記憶には残っていませんでした。
 世界の名犬、珍犬が紹介されています。犬飼いたい!>

・『視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録 改訂版』

視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録 改訂版視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録 改訂版
(2007/02/01)
数研出版編集部

商品詳細を見る

<化学に関する写真集と言っていいでしょう。
 今後、パラパラめくっていきます。>

・『小学館の図鑑NEOポケット植物』

小学館の図鑑NEOポケット 植物 (小学館の図鑑NEO POCKET)小学館の図鑑NEOポケット 植物 (小学館の図鑑NEO POCKET)
(2010/06/23)
和田 浩志、岡田 比呂実 他

商品詳細を見る

<植物図鑑。持ち運びに便利な大きさです。
 専門的でなく、一般的なことを知りたい時には、
 子ども向けの書籍が便利ですね。>

・筒井康隆『家族八景』
家族八景 (新潮文庫)家族八景 (新潮文庫)
(1975/02)
筒井 康隆

商品詳細を見る

・筒井康隆『七瀬ふたたび』
七瀬ふたたび (新潮文庫)七瀬ふたたび (新潮文庫)
(1978/12)
筒井 康隆

商品詳細を見る


<テレパスである火田七瀬が主人公のSFシリーズ
 「七瀬三部作」の一作目と二作目です。
 読んでいて、辛くなってくるような「痛み」のある小説でした。> 

・鎌田浩毅『世界がわかる理系の名著』

世界がわかる理系の名著 (文春新書)世界がわかる理系の名著 (文春新書)
(2009/02)
鎌田 浩毅

商品詳細を見る

<京大の火山学教授によるブックガイドです。
 選定基準はよくわかりませんが、ダーウィンの『種の起源』など
 14冊の名著が紹介されています。>


ということで、2月の読んでよかったなと思った「逸冊!」は、
『獄中記』です。
勉強を続ける意思という意味で、とても勉強になりました。

今月は、あまり本を読まなかったことに加え、
不安な気持ちが大きくて、あまり心に刺さった本はなかったのですが、
小さいころからの想いも含めて、『からだのひみつ』も
オススメしておきます。

Amazonに中古品もあるようですが、絶版ですので、
図書館の蔵書などを探した方がよいかもしれません。

今月の読書傾向は、ほぼ「サイエンス」(フィクション含む)ですが、
一部「宗教」というテーマもありました。
サイエンスと宗教、興味深いテーマです。


(他購入した雑誌など)

・BURRN! 2011年4月号

BURRN ! (バーン) 2011年 04月号 [雑誌]BURRN ! (バーン) 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/03/05)
不明

商品詳細を見る

 WHITESNAKEの巻頭大特集。
 他にも、マイケル・モンロー、
 レミー・キルミスターのインタビューなど。

・おひさま 2011年4月号

おひさま 2011年 04月号 [雑誌]おひさま 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/03/15)
不明

商品詳細を見る

 妻の判断で、まだ娘には渡していません。なので、未読です。
 が、実は私が読みたかったりします。

・ひらがな(4歳)(多湖輝のNEW頭脳開発)

ひらがな (4歳) (多湖輝のNEW頭脳開発)ひらがな (4歳) (多湖輝のNEW頭脳開発)
(2005/11)
不明

商品詳細を見る

 娘がやっていたドリルが完了したので、次のドリルも買いました。

 がんばろう!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
とても便利です。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/
関連記事

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/03/31(木) 14:14:36|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/113-94f1186c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。