LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

2011年5月の逸冊!(5月に読んだ本)

どうなることかと思っていましたが、
だんだんと読書への気持ちも復活してきました。

ということで、5月に読んだのは、上下分冊も含めて、9冊です。

・本田直之『リーディング3.0』

リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術
(2011/04/22)
本田 直之

商品詳細を見る

大きな影響を受けた『レバレッジ・リーディング』から5年も経ったのかとしみじみしてしまいました。
本書はその続編的な位置づけだと思いますが、副題にもある通り、クラウドの活用法的な話でした。
世の中スマートフォンですねぇ・・・

・村上龍『無趣味のすすめ』

無趣味のすすめ無趣味のすすめ
(2009/03/26)
村上龍

商品詳細を見る

村上龍氏による仕事論で、氏らしく、ハードボイルドな内容です。
経営といっても、結局、人間が人間を動かすもの。
なので、人間を語るセンスがモノを言うのだと思いました。
文庫版も出たようですね。

・ナシーム・ニコラス・タレブ『ブラック・スワン(上・下)』

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る

文章がかなり読みづらい上に、かなりのボリュームもあります。
「未来は過去の続きではない」という七面鳥の話が印象的です。

・伊丹敬之『経営戦略の論理』

経営戦略の論理経営戦略の論理
(2003/11)
伊丹 敬之

商品詳細を見る

会社にて輪読・読了。大学院でも奨められたテキストです。
これから「経営戦略論」を学ぼうという方には、
論点整理の意味でも適した本だと思います。

・三輪裕範『ビジネスマンのためのクオリティ・リーディング』

ビジネスマンのためのクオリティ・リーディング (創元社ビジネス)ビジネスマンのためのクオリティ・リーディング (創元社ビジネス)
(2009/10/16)
三輪裕範

商品詳細を見る

最近の風潮とは異なり、
質を重視する、いわば精読を薦めるところに、
良心的な印象を受けました。
関連記事は、こちら

ここから3冊は、恒例の「ひみつシリーズ」です。

・風林 順平、今橋 さとし『忍術・手品のひみつ』

忍術・手品のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)忍術・手品のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/05)
風林 順平、今橋 さとし 他

商品詳細を見る

旅行中立ち寄ったブックオフにて発見。
内容は昔と同じで、ほとんど覚えていたので、
とても懐かしく、一気に読めました。

・よこたとくお『びっくり世界一 自然のひみつ』

びっくり世界一 自然のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)びっくり世界一 自然のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/06)
よこた とくお

商品詳細を見る

砂漠の広さや山の高さの世界一はどこか?
自然以外にも、生き物の世界一も紹介してくれます。

絵は、よこたとくお氏。
けど、氏のマンガで、一番好きだったマンガが思い出せない・・・
どこかにデータベースでもあるとよいのだけど・・・

・篠田ひでお『恐竜化石のひみつ』

恐竜化石のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)恐竜化石のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/12)
篠田 ひでお

商品詳細を見る

子どもの頃に読んだ記憶はありませんが、
やはり恐竜モノは鉄板で面白いです。
今はブロントサウルスって呼ばないのか!と驚きました。


ということで、5月の読んでよかったなと思った「逸冊!」は、
『ブラック・スワン』(特に下巻)です。

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る


上にも書いた通り、読みづらい本ではあるのですが、
内容は、とても面白く、かつ、印象的でした。
引き続いて、この分野の本を読んでみるつもりです。

今月の読書傾向は、「読書術」と「ファイナンス」でした。
「ファイナンス」というより「統計学」かな?

~他購入した雑誌など~

・BURRN! 2011年6月号

BURRN ! (バーン) 2011年 06月号 [雑誌]BURRN ! (バーン) 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/05/07)
不明

商品詳細を見る

ARCH ENEMYの巻頭大特集でした。
MR.BIGの来日ツアー記事も。
関連記事は、こちら

・世界名作ファンタジー(17)『ふしぎの国のアリス』

世界名作ファンタジー (17) (世界名作ファンタジー 17)世界名作ファンタジー (17) (世界名作ファンタジー 17)
(1986/01)
平田 昭吾

商品詳細を見る

「アリスは見たがり~知りたが~り♪」というおゆうぎ会の歌が頭を回ります・・・
余談ですが、この本は、アマゾンの登録が「世界名作ファンタジー17」となっているので、「ふしぎの国のアリス」で検索しても出てきません。
損してると思いますが・・・

・おひさま 2011年 06月号

おひさま 2011年 06月号 [雑誌]おひさま 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/05/14)
不明

商品詳細を見る

いつもの絵本雑誌です。
今月は、おでかけえほんの付録付きでした。

・中川李枝子『なぞなぞえほん〈1のまき〉』

なぞなぞえほん〈1のまき〉なぞなぞえほん〈1のまき〉
(1988/04/01)
中川 李枝子

商品詳細を見る

「ぐりとぐら」の作者によるなぞなぞの本です。
12cm四方程度と小さいので、おでかけに良いかもしれません。
言葉のタッチが優しいので、大人が見ても楽しめると思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
とても便利です。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/

↓とても励みになります。
関連記事

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/02(木) 13:37:50|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/138-5ee2229f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad