LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

初めて買ったLP

VinylVinyl / stevecadman

LPという言葉もなくなりましたね。

シングル盤に続いて、LP盤も思い出そうとしてみたのですが、
はっきりと思い出せません。

イモ金トリオの「ポテトボーイズNO.1」のような気もしますし、
マッチの何かのような気もしますが・・・曖昧です。

『ティアドロップ探偵団』

『ハイスクールララバイ』よりも、こっちの方が好きだったな。
どちらも、作詞:松本隆、作曲:細野晴臣なんですね。

『ポテトボーイズNo.1』
ポテトボーイズNo.1ポテトボーイズNo.1
(1995/11/17)
イモ欽トリオ、長江健次 他

商品詳細を見る



はっきりと覚えているのは、初めて買った洋楽のLP。

スティング『ブルータートルの夢』
ブルー・タートルの夢(紙ジャケット仕様)ブルー・タートルの夢(紙ジャケット仕様)
(2010/04/01)
スティング

商品詳細を見る


『セットゼムフリー』



なぜスティングだったのか?
ちょうどこのソロアルバムが発売されたところだったんだと思います。
その頃はポリスも知らなかったので、なんとなく格好良さそうだと思ったんでしょうね。
85年発表とあったので、14歳だし。

当時は、その良さがよくわかりませんでしたが、
なんとなく大人になった気がして、よく聴いたものです。

買ってもらったのは、横浜駅西口にあったアリック日進でした。

アリック日進!ご存じでしょうか?



当時流行っていたエレクトロニクス工作やガンダムのプラモデルなどが売っていて、小学生の高学年には、聖地というような場所でした。

当時は、横浜駅の東口も開発されていませんでしたので、母と弟と3人で、横浜西口で買い物をした後、地下にあった「ロータリー」という喫茶店でクリームソーダを飲んでから、バスで母の実家へ行くというコースがよくありました。

他にも、伊勢佐木町の松坂屋(母は野沢屋と言ってましたが)へ行って(エレベーターの階数表示板とかいい感じでしたね)、その後に有隣堂で母が本を探している間、子どもだけで本を見ていたというコースもありました。

野沢屋には祖母と行ったりもしたな~。最上階の大食堂でホットケーキを食べたりして。

話が逸れましたが、LPを買ったのは、母の実家へ行く途中だったと思います。
音楽と本については、比較的寛容だったのかもしれませんね。


ここから80'sの洋楽全盛時代に入っていくことになります。

ちなみに、初めてCDを手にしたのは、レンタルしてきたサミー・ヘイガーでした。
祖母に見せたのを覚えています。92年だったのですね。

サミー・ヘイガー『I Never Said Goodbye』
I Never Said GoodbyeI Never Said Goodbye
(1992/08/25)
Sammy Hagar

商品詳細を見る


『Give To Live』

この頃です。


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽

  1. 2011/12/09(金) 00:15:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/228-62112b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad