LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【読書】2012年2月の逸冊!(2月に読んだ本)

もう3月ですね。2月に読んだ本は、4冊といつもより少なめでした。

 先月読んだ本

・上野 千鶴子『男おひとりさま道』

男おひとりさま道男おひとりさま道
(2009/10)
上野 千鶴子

商品詳細を見る

前月に『坂の上の坂』を読んだ流れで読みました。

自分の老後について、理由もなく「自分は大丈夫」と考えていましたが、改めて、それが甘い考えだということを気づかされました。

親に対する接し方、妻と娘、自分の将来についても考えさせられます。


・出町 譲『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』

清貧と復興 土光敏夫100の言葉清貧と復興 土光敏夫100の言葉
(2011/08/03)
出町 譲

商品詳細を見る

メザシの土光さんの語録をベースにして、その時代背景や功績が語られています。

以前に語録は読んだことがあったのですが、伝記・評伝も併記されているので、その意味をより正しく理解できた気がします。

今私の住んでいるところから、そう遠くない場所にご自宅があったということも知り、親近感が湧きました。


・柴田 哲孝『下山事件 最後の証言 完全版』

下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)
(2007/07)
柴田 哲孝

商品詳細を見る

土光さんの本からの流れで、下山事件に漂着しました。

この謎の多い事件(事件?自殺?)について、事件に深く関わっていたらしいという著者の親族の話を中心にして、その真相にアプローチしていきます。

私が事件を詳しく知らなかったこともあり、3章までの面白さは素晴らしかったです。ただ、後半になってくると、歯切れが悪くなっており、消化不良な面もありました。


・ロバート・ハリス『人生の100のリスト』

人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)
(2008/05/20)
ロバート・ハリス

商品詳細を見る

著者が10代のころに作ったという「人生でやりたいことリスト」を元にした自伝的エッセイです。

そういうと自己啓発的な内容を想像しますが、実際にはそうではなく、アウトサイダー的な内容が多く含まれています。

なので、もし自分が10代の時に本書を読んだとしても、憧れこそあったかもしれませんが、同じような行動は取れなかっただろうし、取らなかっただろうと思います。

各ページに挿入されている著者お気に入りの書籍やCDなどをパラパラ見ているだけで、雑貨屋を見ているような感じにさせてくれる本です。


 ひみつシリーズ

今月読んだひみつシリーズはありません。

このところあまり読んではいないのですが、それでも新古書店に行くと、児童書のコーナーをチェックしてしまいますね。


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った2月の「逸冊!」は・・・


『下山事件最後の証言 完全版』です!

下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)下山事件最後の証言 完全版 (祥伝社文庫 し 8-3)
(2007/07)
柴田 哲孝

商品詳細を見る

『清貧と復興』とどちらにしようか迷ったのですが、ミステリー的な要素もあり、エンターテイメントとしても読めるので、こちらにしました。

単行本から文庫化されるにあたって、結論が反対になっている、という批判もあるようですが、そのあたりは気になりませんでした。

下山事件に限らず、結局、世の中の事件すべて、さらに言えば、事件であろうとなかろうと、「真相」などというものは、当事者以外にはわからないものだよね、と思ってしまいました。

ということで、今月の読書傾向は・・・「昭和」「人生」という感じです。


 他購入した雑誌など

・BURRN! 2012年3月号

BURRN! (バーン) 2012年 03月号BURRN! (バーン) 2012年 03月号
(2012/02/03)
不明

商品詳細を見る

2月に日本最後?のライブを行ったPRIESTの大特集があり、かなり読み応えがありました。他にも、GNR周辺のレポートもいろいろ。RIP.マーク・リアリ


・久住 昌之、谷口 ジロー『孤独のグルメ (扶桑社文庫)』

孤独のグルメ (扶桑社文庫)孤独のグルメ (扶桑社文庫)
(2000/02)
久住 昌之、谷口 ジロー 他

商品詳細を見る

1人でお店に入り、好きなものを食べ、しみじみと旨いなぁと思う。
主人公はお酒こそ呑まないが「酒のほそ道」に通じるものを感じます。
テレビで放送されているドラマ版もついつい見てしまいます。


・むらやま けいこ、やまわき ゆりこ『おたんじょうびのおくりもの (スピカのおはなしえほん (3))』

おたんじょうびのおくりもの (スピカのおはなしえほん (3))おたんじょうびのおくりもの (スピカのおはなしえほん (3))
(1984/01)
むらやま けいこ

商品詳細を見る

絵は、「ぐりとぐら」のやまわき ゆりこさん。(アマゾンには画像があるのですが、ここには表示されないようです。)

お友だちのおたんじょうびにプレゼントをあげようとするぴょんぴょんのお話。

娘が自分で見つけてきた本で、昨晩も一緒に読みました。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/



よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/03/05(月) 15:00:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

下山事件最後の証言

その通りです。エンターテイメントですが、ノンフィクションにはなっていませんね。
http://www.geocities.jp/kosako3/shimoyama/nagashima_nengajo.html
  1. 2012/03/08(木) 00:23:33 |
  2. URL |
  3. kkos #-
  4. [ 編集 ]

kosakoさん

コメントありがとうございます。

ページも拝見いたしました。
「なるほど」と思いました。

「全研究」、興味はありますが、ハマってしまいそうなので、やめておきます。(笑)

ありがとうございました。

ラル
  1. 2012/03/08(木) 19:15:57 |
  2. URL |
  3. ラル #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/252-cfc6385e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad