LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【読書】2013年1月の逸冊!(1月に読んだ本)

1月は、8冊の本を読みました。

 先月読んだ本

◆久住 昌之 『ちゃっかり温泉』

ちゃっかり温泉ちゃっかり温泉
(2012/12/25)
久住 昌之

商品詳細を見る

久住昌之氏の温泉エッセイ。
第一話が綱島温泉なので、買わない訳にはいかなかった。

この本は下記エントリーも。
『経営学』ではなく『ちゃっかり温泉』


◆小倉 昌男 『小倉昌男 経営学』

小倉昌男 経営学小倉昌男 経営学
(1999/10)
小倉 昌男

商品詳細を見る

1年の幕開けに、ビシッと背筋の伸びる本を読もうと思って手に取った。

ロマンや筋などの社長としての姿勢にばかり目が行きがちだったが、常に具体的な数字で考えて、裏を取っておられたことがとても印象に残った。

この本は下記エントリーも。
2013年最初に読んだ本


◆水野敬也 『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
(2012/12/12)
水野敬也

商品詳細を見る

自己啓発系エンタメ小説(?)『夢をかなえるゾウ』第二弾。

面白くてあっという間に読み終わった。こういう小説形式の本は、筋書きが気になって、そちらばかりを追ってしまうのだが、本書では、最後にガネーシャの教えがまとまってるので助かる。


◆小阪 裕司 『「人間力」の科学』

「人間力」の科学「人間力」の科学
(2009/03/14)
小阪 裕司

商品詳細を見る

ワクワク系マーケティングの小阪さんの自己啓発書である本書は、学術研究を人生に生かそうという試みの書籍であり、「バルバロッサな人」という連載の書籍化だそうだ。

面白い学術研究というのはたくさんあって、「そんな研究もあるのか」と驚かされる。
また、それらの研究に対して小阪さんが抱く感想も、いかにも氏ならではのものであり、自分も何かを読む時に「何に応用できるだろう?」という目線がもっと必要だと感じた。


◆粂 和彦 『時間の分子生物学』

時間の分子生物学 (講談社現代新書)時間の分子生物学 (講談社現代新書)
(2003/10/20)
粂 和彦

商品詳細を見る

『レバレッジ・リーディング』で推薦されていたので仕事術系の本かと想像していたが、読んでみると、すごく真っ当なサイエンスの本だった。
タイトルはわかりづらいが、生物時計や睡眠というものについて、遺伝子を切り口にして研究成果がまとめられている。


◆檜垣 暁子 『仕事の疲れ予防法!』

仕事の疲れ予防法! (アスカビジネス)仕事の疲れ予防法! (アスカビジネス)
(2008/06/09)
檜垣 暁子

商品詳細を見る

病気ではないが体調が悪い状態を「未病」と定義し、カイロプラクティック理学士である著者が未病を予防するためにはどうしたらよいかを述べている。

第一部でストレスを中心とした未病の状態について解説したあと、第二部では、気分、疲労、睡眠、こころ、内臓、腰痛・肩こりの6つについて、対処法が説明されている。ところどころに、マッサージ方法のイラストなどが挿入されているので、わかりやすい。仕事の合間に試してみようと思う。


◆結城 未来 『頭がよくなる照明術』

頭がよくなる照明術 (PHP新書)頭がよくなる照明術 (PHP新書)
(2006/11)
結城 未来

商品詳細を見る

7年ほど前の本だが、引越にあたって照明を購入する必要があり、再読してみた。

本が書かれた当時は、LED照明が出始めた頃だったので、ほとんど言及されていないが、恐らく原則は変わらないだろう。

逆に、本書で述べられている「青白い光」と「オレンジの光」を使い分けは、LED照明の方が容易になっているはず(「頭の上から浴びる」のと「低い位置から浴びる」のは、さすがに同じ照明では難しいが・・・)。

この本は下記エントリーも。
住みやすい部屋にするために~『頭がよくなる照明術』


◆ローラ・スタック 『仕事のポーション ビジネスパーソンのための疲労回復術』

仕事のポーション ビジネスパーソンのための疲労回復術仕事のポーション ビジネスパーソンのための疲労回復術
(2009/06/20)
ローラ スタック

商品詳細を見る

『仕事の疲れ予防法!』の流れで、同系統と思われる本書を一緒に読んだ。

本書では、『~予防法!』よりもさらに広範囲にわたって、健康法や効率的に仕事を進めるための方法が述べられている。非常に幅広い内容なので、誰でも何かしらひっかかる項目があると思う。

この本は下記エントリーも。
ENERGY UP!させるために~『仕事のポーション』


 ひみつシリーズ

今月はありません。


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った今月の「逸冊!」は・・・





『頭がよくなる照明術』です!


頭がよくなる照明術 (PHP新書)頭がよくなる照明術 (PHP新書)
(2006/11)
結城 未来

商品詳細を見る

家の照明に気をつかっている方はどれぐらいいらっしゃるのでしょう?
私自身、本書を読むまでは、ほとんど気にしたことはありませんでした。

本書を読むと、手軽に家の雰囲気を変えることのできる灯りのパワーを認識することができます。

春から新しい生活を始めようとしている人はもちろんですが、少し部屋の雰囲気を変えたいな~という方にも是非読んで欲しい本です。私もせっかくの機会なので、新しい照明はしっかり選ぼうと思います。

今月の読書傾向は・・・健康、睡眠、というところでしょうか。他はバラバラでした。


 他購入した雑誌など

◆『横浜市の昭和―写真アルバム』

横浜市の昭和―写真アルバム横浜市の昭和―写真アルバム
(2012/03)
不明

商品詳細を見る

いき出版という出版社による地域密着型の写真集。写真が貴重だった時代の写真が集められている。いろいろな地域の写真集が出版されているので、それぞれの地域ではそれなりの需要があるのだろう。

買ってすぐ実家の父にプレゼントしたあと、このお正月にようやく目を通した。土地勘のない場所も多いが、とても興味深く見ることができた。


◆谷口 ジロー 『父の暦 (ビッグコミックススペシャル)』

父の暦 (ビッグコミックススペシャル)父の暦 (ビッグコミックススペシャル)
(1994/11)
谷口 ジロー

商品詳細を見る

自分が幼稚園児や小学生だったころの父親の年齢になり、「当時の父=私」の関係が、「今の私=子ども」の関係に重なってくると、こういうストーリーが心に沁みてくる。

人は、どうしても自分が正しいと思ってしまいがちで、特に相手が親だと、必要以上にムキになってしまい、素直になれないものだ。といって、そろそろお互いの時間に限りがあることが見えてくる時期でもある。

後悔は少なくしたいと思う。


今年から、読書記録のエントリーについては、できるだけメディアマーカーの感想と同期していくつもりです。以前のようなフォーマット化した書評にすると続かないので、そのあたりは曖昧にして。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/02/05(火) 12:50:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/344-2159da27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。