LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【読書】2013年7月の逸冊!(7月に読んだ本)

7月は8冊の本を読みました。

 先月読んだ本

◆デイル・ドーテン 『仕事は楽しいかね?』

仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
(2001/12)
デイル ドーテン

商品詳細を見る

割と有名な自己啓発本だと思います。一応小説仕立てにはなっているのですが、先生と生徒とが会話しているようなもので、大したストーリーはありません。
ですが、何度か読みなおしてみると、確かにジワジワ来る本でした。

◆毛利 元貞 『わが子を守る―通り魔・連れ去り犯・性犯罪者etc.から』

わが子を守る―通り魔・連れ去り犯・性犯罪者etc.からわが子を守る―通り魔・連れ去り犯・性犯罪者etc.から
(2004/08)
毛利 元貞

商品詳細を見る

著者は、元傭兵というキャリアを持つ軍事アドバイザーの方でした。本書は、さまざまな暴力から自分の子どもを守るためにはどうしたらよいか、ということに関して、実践的なアドバイスが紹介されています。直感を重視するというのは、先日読んだ『暴力から逃れるための15章』とも共通する指摘でした。
こういった社会の負の面を描いた本は、読めば読むほど不安が増してしまう類の本ですが、やはり準備はマストだろうと思います。

◆大前 研一 『「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て』

「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て (PHP文庫)「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て (PHP文庫)
(2012/07/04)
大前 研一

商品詳細を見る

昔出版されたものの文庫版のため、こちらには、その育てられた男子2人のインタビューも載っていて、親の視点と子供の視点との差が面白いです。
相変わらずの大前節が全開といった感じですが、子供にベクトルを決めさせて、親はその支援をしていくという姿勢には共感できました。また、お小遣い、お年玉は与えず、家庭内の利権を与えるというのは、ちょっと真似してみたいなと思います。

◆高畑 正幸 『究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる』

究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる
(2010/09/16)
高畑 正幸

商品詳細を見る

久々にこの手のライフハック本を読んだのですが、想像以上に(失礼!)面白かったです。著者が文具王だからと言って、文具に限った話だけでなく、例えば、同じ靴下をたくさん持っておく話なども紹介されていました。私も全部ではないですが、3足ぐらいは同じ靴下を買います。

◆金森 重樹 『プロ法律家のビジネス成功術』

プロ法律家のビジネス成功術 (PHPビジネス新書)プロ法律家のビジネス成功術 (PHPビジネス新書)
(2012/08/18)
金森 重樹

商品詳細を見る

行政書士である著者のマーケティング論と言ってよいのではないしょうか。本書は、読み方次第で、ためにもなれば、毒にもなる本だと思いました。すべての人に、著者の真似はできないでしょうし、する必要もないでしょう。表現としても、挑発的で自慢?ちっくな話も多いので、鼻につく面もあると思いますが、ある種の真理が語られています。

◆さくま ゆみこ 『子どもを本好きにする50の方法―+おすすめ本300冊』

子どもを本好きにする50の方法―+おすすめ本300冊子どもを本好きにする50の方法―+おすすめ本300冊
(2004/04)
さくま ゆみこ

商品詳細を見る

結局のところ、親が子どもに本を読ませようとしたところで、つまらなければ読まないでしょうし、面白ければ放っておいても読むでしょう。親ができることは限られていますので、参考程度に考えたらよいと思います。勉強やしつけに本を使わない、字が読めるようになっても読んであげる、というのは、なるほどと考えさせられました。ブックガイドとしても重宝する本です。

◆余田 拓郎 『BtoBマーケティング―日本企業のための成長シナリオ』

BtoBマーケティング―日本企業のための成長シナリオBtoBマーケティング―日本企業のための成長シナリオ
(2011/07/15)
余田 拓郎

商品詳細を見る

一口にBtoBと言っても、商品の種類も幅広く、それもあって未だぼやぼやした分野です。本書では、そういった幅広い分野ですよ、ということを明確にしたうえで、ではBtoCとの違いは何か、という点から、成分ブランドなどの論点が提示されていて参考になります。
面白い内容ではあるのですが、やはり日本語の本なので、「,」ではなく「、」で、「.」ではなく「。」にして欲しかったです。

◆久住昌之 『久住昌之のこんどは山かい!? 関東編』

久住昌之のこんどは山かい!? 関東編久住昌之のこんどは山かい!? 関東編
(2013/04/05)
久住昌之

商品詳細を見る

同期が貸してくれました。久住さん、まさに「今度は山かい」です。低山登山に、温泉とお酒。いや、温泉とお酒のための低山登山といった感じでしょうか。
関東周辺の、しかも低山なので、子どもと一緒にも行けるかもしれません。鋸山は、今度行ってみようかと思います。絶品アジフライも。


 ひみつシリーズ

今月は、ひみつシリーズが2冊です。

◆内山安二『世界の国ぐにびっくり旅行』

世界の国ぐにびっくり旅行 (学研まんがひみつシリーズ 23)世界の国ぐにびっくり旅行 (学研まんがひみつシリーズ 23)
(1977/01)
内山 安二

商品詳細を見る

学研ひみつシリーズの名作のひとつです。大ちゃんグループとおじさんのグループが、二手に分かれて、お互いを探しながらすれ違い、世界中の国々をめぐる、という内容です。

(参考記事)-ひみつシリーズの名作 『世界の国ぐにびっくり旅行』 です

◆『光ファイバー通信のひみつ』

チビ加が図書室で借りてきてくれました。非売品なので、アマゾンに画像がありません。

(参考記事)-【図書室】光ファイバー通信のひみつ


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った今月の「逸冊!」は・・・






『究極の文房具ハック』です!


究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる
(2010/09/16)
高畑 正幸

商品詳細を見る


今回は、『わが子を守る―通り魔・連れ去り犯・性犯罪者etc.から』とも迷ったのですが、そうすると、先月とダブってしまう感があったので、こちらにしました。

この手の本は、具体例があってナンボだと思っているのですが、そういう面でも実践的でした。

机の裏側を活用して、そこにメモを備えておいたり、ティッシュをセットしたりといったことや、2穴パンチでなくてゲージパンチを活用したり、緑の蛍光ペンをメインに使ったり・・・など、取り入れてみたいと思います。

「規格の統一」の章から始まるのも、山根一眞さんの本を読み漁った私としては、ツボでした。


今月の読書傾向は・・・「子育て」が中心になっていましたね。とは言え、正直なところ、先月、今月とあまり心に刺さる本がありませんでしたね。疲れが溜まっているのかもしれません。


 他購入した雑誌など

◆『筆箱採集帳』

筆箱採集帳 (趣味しゅみ画報)筆箱採集帳 (趣味しゅみ画報)
(2009/01/24)
ブング・ジャム

商品詳細を見る

いろいろな人の筆箱が写真付きで紹介されていて、見ているだけで楽しい本でした。高級なものばかりでなく、100円ショップのものとか、人それぞれにこだわりのポイントが違うのも面白いです。

◆坂戸 佐兵衛 『めしばな刑事タチバナ 1 [立ち食いそば大論争]』

めしばな刑事タチバナ 1 [立ち食いそば大論争] (トクマコミックス)めしばな刑事タチバナ 1 [立ち食いそば大論争] (トクマコミックス)
(2011/03/30)
坂戸 佐兵衛

商品詳細を見る

B級グルメのうんちくマンガ。こういうなんも考えないで読めるマンガがいいですね。

◆福本 伸行 『最強伝説黒沢 1』

最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)
(2003/06/30)
福本 伸行

商品詳細を見る

「アメトーーク!」で紹介されていたマンガ。全11巻なので、集めて、元気をもらいたいと思います。

(参考記事)-『最強伝説 黒沢』を買いました

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/08/02(金) 21:30:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/432-1bc24c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad