LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

油壺マリンパーク

日曜日、久しぶりの晴れ間をぬって、油壺マリンパークに行きました。

マリンパークというと、幼い頃に両親に連れてきてもらった覚えが強いのですが、
その後、妻と行った時のイメージでは、かなり寂しい水族館というイメージでした。

最近では、「天才!志村どうぶつ園」のペンペンでも有名かもしれません。

20100926_aburatsubo1.jpg

地理的にみても、油壺三浦半島の先っぽ、かなり遠いという印象があったので、
少し頑張って、8時半過ぎに家を出発。

その甲斐あって、10時前には到着しました。

いつのまにか新しく高速道路(「三浦縦貫道路」)が出来ていたんですね。
おかげでかなり近かったです。

今回行ってみて感じたのは、寂しい水族館どころか、
新しく設備投資もされていて、現役バリバリの水族館だ!ということでした。

20100927_Marinepark1.jpg


入ってすぐに、ふれあいコーナーがあり、ヒトデやヤドカリ、ウミウシ、
そして、小さなサメ(黒っぽいやつ)に触る「サメ肌体験」などができます。

サメに触れる水族館なんて、あまり記憶にありません。

帰ってから娘に、「今日は何が一番楽しかった?」と聞いたら、
「触るやつ!」と言っていたので、このコーナーが一番お気に召したようでした。

そういえば、帰り際にももう一度ここでいろいろと触っていたね。

ただ、「お母さんがフワフワのやつ(ウミウシ)に触ってくれなくて、寂しかった・・」とも言っていました(笑)
まあ、もう少し大きくなったら、お母さんみたいに、ああいう生き物には触れなくなるんでしょうけどね。

他にも、有料(500円/人)ですが、犬やウサギ、
ヤギとかカピパラとかペリカンとかポニーとかがいるミニ動物園などもあり、
ここでも娘はたくさん犬と遊んでいました。

「ワンちゃん、どうしたの?」とか、気分はお姉さんです。

今は、やっと動物とかに触れるようになってきているので、楽しいんでしょうね。

三浦半島」と言えば、「まぐろ」ということで、お昼には、「まぐろラーメン」を食しました。
妻は「まぐろ漬け丼(冷や奴、マグロ味噌汁付き)」、娘は「ホットケーキ」を注文して、
皆で分け合って食べました。

価格も割と良心的です。

20100927_MaguroRamen.jpg

まぐろラーメンというのは、マグロの佃煮(生利かな?)のようなものが入っていて、
汁は少なめで、ジャージャー麺のような感じといえばよいでしょうか。
なかなかおいしかったです。

今回、生まれて初めてその名前を耳にしたのが、「メガマウス」という名前のサメ。
稀少種らしく、剥製の展示と、捕獲の映像が放映されていましたが、とにかく大きい!
こういうのを見ると、この水族館の現役感が伝わってきますね。

20100927_Megamouth.jpg

他にも、イルカとアシカのショーも楽しかったですし、
この夏にオープンしたばかりの「かわうその森」もよかったです。

20100927_Marinepark2.jpg

20100927_JapaneseRiverOtter.jpg

ですが、マリンパークと言えば、やっぱり、ドーナツ水槽でしょう。
これは私が小さい頃から変わりません(「芸をする魚たち」も忘れてはいけませんが)。

20100927_DonutsPool.jpg

逆に、どんなに設備が新しくなろうと、
ドーナツ水槽がなければ、マリンパークとは言えない!と、
昔を知っているおじさんは思ってしまいます
(しつこいですが、「芸をする魚たち」も)。

今でこそ、大きな水槽の水族館は多くなりましたが、
その昔、70年代後半から80年代はじめの頃は、
こういう回遊式の巨大水槽は珍しかったんじゃないでしょうか?

今回、娘の思い出の場所にもなったと思うので、
この先、いつまでも頑張って欲しいなと思いました。

今回は、城ヶ島まで足を伸ばす時間がなかったので、
次回は、そっちも含めて行きたいと思います。

かなり楽しめる水族館でした!オススメします。

20100926_aburatsubo2.jpg


関連記事

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

  1. 2010/09/27(月) 20:10:54|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/46-5f4b7ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad