LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【読書】2013年10月の逸冊!(10月に読んだ本)

もう11月ですね。私の会社はクールビズが終了し、今日からネクタイでした。

さて、10月に読んだ本は7冊でした。

 先月読んだ本

◆内藤 遊人 『はじめてのジャズ』

はじめてのジャズ (講談社現代新書)はじめてのジャズ (講談社現代新書)
(1987/07/17)
内藤 遊人

商品詳細を見る

このところ読み漁っているジャズ関連の新書です。

本書は、ジャズの歴史からアプローチした本で、ジャズの巨人たちのエピソードも豊富に取り上げられています。図や写真も適度に入っていて面白く読めました。

◆土橋 正 『やっぱり欲しい 文房具』

やっぱり欲しい 文房具 ~ステイショナリー評論家がえらんだ普段使いの傑作たち~やっぱり欲しい 文房具 ~ステイショナリー評論家がえらんだ普段使いの傑作たち~
(2005/12/13)
土橋 正

商品詳細を見る

写真が大きくて、フルカラーなので、眺めているだけで楽しい本でした。

チビ加からは「読む本じゃなさそうだけど?」と言われるぐらい(笑)
実際に欲しいなと思ったのは、エンボッサーとアマダナ電卓の2つでした。

◆俣野 成敏 『プロフェッショナルサラリーマン』

プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術
(2011/11/15)
俣野 成敏

商品詳細を見る

この歳になると、こういうビジネス書を読んで感動する、ということはないのですが、マンネリ感や停滞感を感じていたので、手に取ってみました。

日々当たり前に感じているようなことでも、改めて文字で読んでみると、発奮材料になったりしますね。

◆百田 尚樹 『永遠の0』

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

12月に映画が公開される小説です。私はブックオフで購入したのですが、なんと著者のサイン入りでした。

途中、若干くどい説明があったり、最後も「やっぱり」という面があるので、超名作!とは思いませんでしたが、やはり何度も泣かされてしまいました。

◆美崎 栄一郎 『[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術』

[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる![書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!
(2011/01/28)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る

こちらも文房具の本ですが、趣味としての文房具ではなく、ビジネスで使い倒すための本です。

とは言え、これだけの量を試したりしていれば、立派に趣味の世界だと思います。
欲しくなったものは、文房具に限らず、「ロッカールームソックス」やら「NOOK」やら、たくさんありました。

◆佐藤 英志、須原 伸太郎 『CFO経営』

CFO経営CFO経営
(2010/02)
佐藤 英志、須原 伸太郎 他

商品詳細を見る

CFOは最高財務責任者ということなのですが、このポジションは経理・財務部長ではなくCEOと対等の経営者だ、という考え方には驚きました。確かに、この分野は専門知識が必要なので、経営の分業は必要なのかもしれませんが、そこに逃げて、専門用語で煙に巻くという人がいるのも事実でしょうね。

若干一般的過ぎるような印象もありますが、とても参考になりました。

◆碓井 孝介 『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』

偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)
(2012/08/21)
碓井 孝介

商品詳細を見る

初めて記憶術の本を読みました。

これまで無意識にやっていたこともあれば、「へ~」と感心させられるものもありました。章末か巻末に「まとめ」があると、もっとわかりやすくなったと思います。自分も、せめて名刺をいただいた相手の名前は覚えられるようになりたいものです。


 ひみつシリーズ

今月は、ひみつシリーズはありません。


 今月の逸冊は

ということで、読んでよかったなと思った今月の「逸冊!」は・・・






『永遠の0』です!

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

涙なしには読み進められませんし、最後まで読んでから「阿修羅」の箇所を読み返すと、改めて感動します。

ただ、この作品の感動の裏側にあるのは、これまでさんざん言われてきた軍幹部連の腐敗ぶり、無策ぶりや、マスコミ自身の戦争責任など、どうにもならないことへの憤りであるのが悲しく空しいところです。

最近あるポッドキャストで特攻隊の話が出ていたのですが、特攻隊のことを「クレイジー」の一言で表現していた女性がいました。クレイジーだったのは一体誰だったのか、よく考える必要があるでしょうね。

アマゾンのレビューにもあったのですが、「特攻隊は決して一般市民を狙ったものではない、テロと一緒にするな。」という言葉は、日本人が肝に銘じておくべきだと思います。

今月の読書傾向は・・・「ジャズ」「文房具」「ビジネス」といった感じ。

 他購入した雑誌など

◆『日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 11月号』

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 11月号日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 11月号
(2013/10/10)
日経ビジネスアソシエ

商品詳細を見る

手帳大全です。すごいボリュームでした。

◆『ブルーノート (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』

ブルーノート (文藝別冊/KAWADE夢ムック)ブルーノート (文藝別冊/KAWADE夢ムック)
(2012/06/19)
不明

商品詳細を見る

ブルーノートの特集ムックです。まだあまり読めていないのですが、濃そうな感じ。

◆『レコード・コレクターズ 2010年 9月号』

レコード・コレクターズ 2010年 09月号レコード・コレクターズ 2010年 09月号
(2010/08/12)
不明

商品詳細を見る

日本のロックアルバムベスト100の80年代編です。80年代と言えば、世間的にもBOOWYと尾崎豊じゃないの?などと言いたくなってしまいますね。もちろん個人の趣味では、ZIGGYですが(笑)

◆坂戸 佐兵衛『めしばな刑事タチバナ 10』

めしばな刑事タチバナ 10 (トクマコミックス)めしばな刑事タチバナ 10 (トクマコミックス)
(2013/09/30)
坂戸 佐兵衛

商品詳細を見る

最近一番ハマっているマンガです。2つも記事を書いてしまいました。

参考記事-『めしばな刑事タチバナ』の10巻です
参考記事-うまい棒のシュガーラスク味とサラダ用スパイス

◆須賀原 洋行『実在ゲキウマ地酒日記(1)』

実在ゲキウマ地酒日記(1) (イブニングKC)実在ゲキウマ地酒日記(1) (イブニングKC)
(2013/10/23)
須賀原 洋行

商品詳細を見る

これはどこかのブログで拝見して書店で衝動買いしてしまったマンガです。
ご事情により連載を終了されたようですが、読んでいるとお酒が飲みたくなってきます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/11/01(金) 21:15:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

JAZZ

こんにちは、【内藤遊人】氏の「はじめてのジャズ」、懐かしいです。今は手元に無いのですが、高校生の頃入手した「JAZZ」のバイブルですw・・・。

「JAZZ」に関しては、中学生の頃、大好きな【筒井康隆】氏の影響で好んで聴くようになったのですが、その時は好きな音楽・・・という訳ではありませんでした・・・。

しかし高校生の頃、ビデオで観た『パーマネント・バケーション』(ジム・ジャームッシュ監督)で、【チャーリー・パーカー】を知る事になってから”開眼”しました・・・。

丁度その頃、入手したのが前述の「はじめてのジャズ」です・・・。私の場合「ラウンジ・リザーズ」等の影響もあって、すんなり「フリージャズ」の虜になってしまいました・・・。

【チャーリー・パーカー】を聴く様になってから「小編成」の魅力に嵌る事になり、「CLASSIC」に関しても「小編成」の「室内楽」が好きになりました・・・。

「JAZZ」ですが、”これ”というのに当たると、”のめりこめる”と思います・・・。
  1. 2013/11/01(金) 22:24:17 |
  2. URL |
  3. lomo #nKBDKouo
  4. [ 編集 ]

ZIGGY

ラルさん、どうもです。
lomoさんがジャズなら、私はZIGGYの話題を(笑)

ZIGGYファンのラルさんには申し訳ないですが、
私や友人たちはレッドウォーリアーズのほうを
評価していました。すいません、偉そうな発言で(笑)
まあ、正直ZIGGYは大ヒット曲があったりしたので
メジャーバンドでしたよね。
レッズは人気があった割にはテレビの露出もなく、
テレビに出たとしても、なんか場違いなパフォーマンス
とかするのでウケませんでしたね。
私たちとしてはZIGGYは優等生バンドみたいに
感じたのです。だから、ロックバンドとしては
レッズの肩を持ってしまうのですよ(笑)
そんな流れを最大限に高めて大成功したバンドは
その後のイエローモンキーでしょう、おそらく。
  1. 2013/11/01(金) 23:45:29 |
  2. URL |
  3. 海 #-
  4. [ 編集 ]

Re: JAZZ

lomoさん、こんにちは。ジャズもお詳しいのですね。知らない固有名詞ばかりです(笑)
いつもながら色々ご紹介いただいてありがとうございます。
私は最近聴き始めたばかりなのですが、まだ“これ”というものには出会えていません。
今のところCD等で聴いているだけなので、ジャズ喫茶とかライブとかも“体験”してみたいな、と思っております。
  1. 2013/11/02(土) 09:29:32 |
  2. URL |
  3. 金子ラル #-
  4. [ 編集 ]

Re: ZIGGY

海さん、こんにちは。
偉そう返しになってしまいますが、私がZIGGYのファンになったのは「GLORIA」が大ヒットする前なのです。なので、ドラマ主題歌でヒットした時には「今頃かよ」なんて思っていました(笑)
確かにレッズに比べて、その後どんどんメジャーになってしまいましたが、テレビではZIGGYさんもかなり浮いていた気がします。
それが今では立場逆転で、ユカイさんの方が圧倒的に売れてしまってますが。。。
  1. 2013/11/02(土) 09:37:44 |
  2. URL |
  3. 金子ラル #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/473-b5f4c7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad