LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【図書室14&15】ルルとララのチョコレート&100万回生きたねこ

IMG_1437.jpg

【図書館】シリーズの2回分まとめての記事になりますが、14冊目の本は、最近こればっかりの「ルルとララ」シリーズの「チョコレート」版でした。

バレンタインデイならぬ「チョコレートデイ」をめぐるお話です。チビ加は妻と一緒に読んだようで、私も一人で読みました。

動物たちが登場するほのぼのとしたお話です。

そして、今年最後の本となるであろう15冊目の本は、妻リクエストの『100万回生きたねこ』でした。

IMG_1473.jpg

こちらの本は名作というイメージのある本ですが、奥付を見ると、1977年発行とありました。私が小学校に入学するぐらいの本なので、それほど古い本でもないようです。(←充分古い)

IMG_1476.jpg

本屋さんで読んだことはあったのですが、改めて読むと、難しい話ですね。

読む人によって、感想が変わってくる絵本だなと思いました。

今回私が読んで思ったのは、最後の件ではなく、生き返ってくる段階でのネコの気持ちに関してのもので、人は(ネコは)他人からどんなに愛されていても、それには関心がなく、満足もできないものなのかな、ということでした。

最後の件については、そりゃ愛する人(ネコ)が死んだら泣くでしょうよ、という冷めた感想と、愛する人ができて満足したから生まれ変わってこなかったのだろうね、良かったね、という気持ちも湧いてきました。

チビ加にこんな感想は言えませんので、もう少し優等生的な感想を考えておかないといけませんね(笑)。

◆『ルルとララのチョコレート』

ルルとララのチョコレート (おはなしトントン)ルルとララのチョコレート (おはなしトントン)
(2007/02/01)
あんびる やすこ

商品詳細を見る

◆『100万回生きたねこ』

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/10/19)
佐野 洋子

商品詳細を見る


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/12/12(木) 21:55:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/496-6f8077c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。