LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

メタリカのライブアルバムを聴いて

『ヘドバン』を読んで、久々にメタリカのアルバムを聴きたくなり、パラパラと聴いています。

初期3作を始め、“ブラック・メタリカ”まではもちろん名作なのですが、意外にも“LOAD”や“RELOAD”も悪くないなと思えるようになりました。

さて、メタリカと言えば、その昔、元旦に、VHSビデオ3本とCD3枚のボックスセットを買いにいった記憶がありますが、当時はお金持ちだったのだなと、しみじみ思います(笑)

今となっては、あのVHSがどこへ行ってしまったのかわからないのですが、CDだけは持っていました。

このCDは、ライブアルバムだったのですが、その中で、ベース(当時)のジェイソン・ニューステッドが“SEEK AND DESTROY”のボーカルを務めています。

ジェイムズのドスの効いた声とは違うのですが、なかなか味のある歌いっぷりで、かなり好きです。



で、自分の嗜好について改めて思ったのですが、私、ボーカル以外の人があえて歌っている歌声がかなり好きなようです(笑)

思い起こせば、高校生の頃に初めて観たボン・ジョヴィのコンサートで、リッチー・サンボラがカバー曲“DRIFT AWAY”を歌っていたのを聴いて、「なんて上手なんだろう」と思ったのが最初の記憶。KISS(素顔時代)のコンサートで、故エリック・カーが“BLACK DIAMOND”を歌い出した時には、鳥肌が立ちました。



他にも、キースの歌うストーンズの曲や、ジョー・ペリーの歌うエアロの曲なども好きですが、ストーンズやエアロの場合、もともとキースなりジョーなりが歌う用の曲ですね。

そうではなく、CDでは本職のボーカルの人が歌っている曲を、他のメンバーが歌っているというのが好きなのです。

もともとリッチー・サンボラについては、ジョンより上手いという評判がありましたが、実際にソロアルバムを聞いてみると、確かに上手い。ライブで観ても、確かに上手い。



上手いのですが、リッチーのソロライブでボン・ジョヴィの曲を聴くと、やはりジョンというスターの不在を感じてしまい、イマイチでした。

やはりボン・ジョヴィのライブでのリッチーの歌声がいいのです。まあ勝手なものですね(笑)




ライヴ・シットライヴ・シット
(2003/11/06)
メタリカ

商品詳細を見る


アフターマス・オブ・ザ・ローダウンアフターマス・オブ・ザ・ローダウン
(2012/09/12)
リッチー・サンボラ

商品詳細を見る

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/11(水) 22:51:59|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/501-6e246b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad