LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

個人的ロック名盤ベスト10 ~第1位および所感~

過去3回に渡りご紹介してきた個人的ロック名盤も、いよいよ1位を残すのみとなりました。

では、発表します。

【第1位】BON JOVI 「NEW JERSEY」

JERSEY.jpg

ベタですみません。

ボン・ジョヴィと言えば、前作の「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ(原題:SLIPPERY WHEN WET)」が世界中で爆発的ヒットとなったのですが、ちょうどその時期が、私が洋楽を本格的に聴き始めた頃とダブってきます。そういう意味で、まさに同時代、という感覚があるバンドなのです。

そして、そのプレッシャーに潰されることなく、さらに充実したアルバムを発表してきたのがこの4枚目です。

本当に捨て曲なしとは、このアルバムのことだと思います。“Homebound Train”だってネチネチしてていい、という人もいるはず(笑)

マイベストは、“BORN TO BE MY BABY”ですが、後年、横浜スタジアムのライブで、哀愁の名曲“WILD IS THE WIND”が演奏された時には、鳥肌ものでした。

ボン・ジョヴィは、リリースされているアルバムすべて名作と言っていいでしょう。本当に良い曲を書く人(たち)だと思います。早くリッチーに戻って欲しいのですが、どういう状況なのでしょう・・・


【所感】

これまでご紹介してきた個人的ロック名盤をまとめてみますと

1位:BON JOVI「NEW JERSEY」(1988)
2位:ZIGGY「NICE & EASY」(1989)
3位:尾崎豊「回帰線」(1985)
4位:ENUFF Z'NUFF「STRENGTH」(1991)
5位:OUTRAGE「LIFE UNTILL DEAF」(1995)
6位:VAN HALEN「5150」(1986)
7位:ANDY TAYLOR「THUNDER」(1987)
8位:大滝詠一「B-EACH TIME L-ONG」(1985)
9位:QUEENSRYCHE「OPERATION:MINDCRIME」(1988)
10位:HELLOWEEN「KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part2」(1988)


()内は発表年ですが、こうして見ると、ほとんどが中高生の頃に出たアルバムですね。やはりリアルタイムで発売を楽しみにしていたアルバムは、思い入れが違います。

当時は、「友&愛」とかのレンタル屋さん全盛期で、今のように洋楽のレンタル制限はなかった一方で、お小遣いという大きな制限があったので、一つ一つのアルバムを歌詞カードとにらめっこしながら一生懸命聴いたものです。

だからこそ、今でも強く印象に残っているのですね。

今回は、上のような順位を付けたのですが、いざ考え始めてみると、本当に苦労しました。

好きなアーティストは思いつくものの、その中からどのアルバムを選ぶのか、また、いろいろ聴きだすと、あれもこれも入れたくなってきてしまったり・・・

例えば、今回洩れてしまったアルバムとしては、GENESIS「INVISIBLE TOUCH」、DEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」、IRON MAIDEN「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」、JUDAS PRIEST「PAINKILLER」、EXTREME「PORNOGRAFITTI」、MR.BIG「LEAN INTO IT]などがありますし、AEROSMITHやHANOI ROCKS、KISSといったR&R系にも好きな曲がたくさんあります。

たぶん、一週間も経てば、「あ、あれもあった!」というアルバムが出てくるでしょう。

他にも「グループとソロは別」としつつも、今回はZIGGYさんを入れたので、関連作品は外しました。森重さんソロの「BUTTERFLY」や、THE DUST'N'BONEZの「FLAME SKULL BASTARDS」は、本当に好きなアルバムです。

まあ、こうして見ると、いろいろ幅広く聴いている割に、好きなものとなるとやはり大きく偏っていますね。

自分の嗜好を振り返る良い機会になりました。海さんに感謝です(笑)


よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/24(月) 21:45:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

ラルさん、どうもです。
素晴らしいランキングですね♪
ボン・ジョヴィは恥ずかしながら、
ワイルド・イン・ザ・ストリーツしか持って
おらず(大汗)ニュージャージー見つけたら
速攻で確保いたします。
ちなみに私は大学卒業まで横須賀に
住んでいたのですが、米軍基地内にて
「SLIPPERY WHEN WET」と書かれた
標識を見つけて感動した事があります(笑)
別件ですが、尾崎豊は私にとっても
スペシャルなアーティスト。
またアルバムを揃えたくなってきました。
  1. 2014/02/25(火) 01:45:20 |
  2. URL |
  3. 海 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

海さん、ありがとうございます。どうにかランキングにすることができました。

ボン・ジョヴィは海さん系統じゃなさそうですが、海さんの間口は広いので大丈夫かな?(笑)
イナフズナフも、機会があれば聴いてみてくださいね。

さて、私も尾崎を集めたくなってしまったので、ツタヤへ行ってきます(笑)
  1. 2014/02/25(火) 08:04:17 |
  2. URL |
  3. 金子ラル #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/536-36a405c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「音楽誌が書かないJポップ批評 尾崎豊」

我々の世代にとって特別な存在である、 尾崎豊。ブックオフにて108円と格安で 確保いたしました。
  1. 2014/04/14(月) 22:52:21 |
  2. 海cafe2

FC2Ad