LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【読書】2014年2月の逸冊!(2月に読んだ本)

2014年ももう3月になりましたね。わが家では、昨日の日曜日、家族揃っておひなさまの晩ご飯をいただきました。

2月に読んだ本は5冊でしたが、先月の読書が濃かった反動か、今月はあまり読書意欲が湧いてこない月でした。

 先月読んだ本

◆高沢 皓司 『宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作』

宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)
(2000/07/28)
高沢 皓司

商品詳細を見る

先月からの「あさま山荘」の流れで、本書を読みました。これも名前は聞いたことがあるものの、あまりよく知らない事件です。濃厚なノンフィクションでした。


◆小倉広 『「ビミョーな人」とつきあう技術』

「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)
(2011/03/17)
小倉広

商品詳細を見る

人づき合いの技術的な話が書いてある訳ではなく、さまざまなテーマについてのエッセイといった印象です。自身の身の回り(会社やご家族など)を事例とした自己啓発書と言った感じでしょうか。


◆美崎 栄一郎 『「結果を出す人」の手帳の秘密』

「結果を出す人」の手帳の秘密「結果を出す人」の手帳の秘密
(2011/10/18)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る

手帳の話はイントロダクションに出てくるのみで、その後は、時間管理術の話になります。少し拍子抜けではありますが、時間管理の話自体には、いくつか実行したいなと思うこともあって、久しぶりにこの著者の話で面白いと思った本でした。


◆オダギリ 展子 『最強の文具活用術』

最強の文具活用術 (PHPビジネス新書)最強の文具活用術 (PHPビジネス新書)
(2011/11/19)
オダギリ 展子

商品詳細を見る

前半で文具紹介、後半が使い方紹介となっていて、カラーの写真ページも豊富で楽しいです。気になった文具もいくつかありました。

文具とは関係ないのですが、今度雪が降ったときに、チビ加に雪の結晶を見せてあげたいなと思いました。


◆中野 明 『ドラッカー流 最強の勉強法』

ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)ドラッカー流 最強の勉強法(祥伝社新書207)
(2010/06/30)
中野 明

商品詳細を見る

ライターである著者が、ドラッカーの著書から勉強法に関連する部分を拾い、それを取っ掛かりにしてまとめたものです。もちろん、ドラッカーが「通勤時間には読書をしなさい」とか言っている訳ではありません。

トラベラーズノートの活用も勧められていて、これまでは全く気にならなかったのですが、勉強ノートに愛着を持てるようになるとありました。すごく気になってます。


 ひみつシリーズ

ちゃんと読んだものはないのですが、最近チビ加が「ことわざ」に興味を持ってきました。そろそろ集めてきたひみつシリーズが役に立つ時が来るのかもしれません。

まんが ことわざ事典 (学研まんが ひみつシリーズ)まんが ことわざ事典 (学研まんが ひみつシリーズ)
(1992/07)
相田 克太、横田 とくお 他

商品詳細を見る


 今月の逸冊は

ということで、読んで良かったなと思った今月の「逸冊!」は・・・





『宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作』です!

宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)
(2000/07/28)
高沢 皓司

商品詳細を見る

「あさま山荘事件」と同じく、あまりよく知らない「よど号ハイジャック事件」について知りたいという動機で読み始めたのですが、読み進めるうちに、ハイジャックの話から北朝鮮の話に変わってきます。

よど号メンバーというと、「われわれは明日のジョーである」という言葉もあり、なんとなくヒーロー的なイメージがあったのですが、これを読むとその印象が一転します。

ハイジャックで北朝鮮に渡ったメンバーたちが、その贅沢を保証された生活に義理を感じ、思想を変え、家族を与えられ、北朝鮮の工作員になっていく、という話が、本人たちへのインタビューと丹念な取材によって展開されます。

そして、この事件はまだ何も解決されていないのだ、という恐ろしさを感じて、先日、交番の前を通り過ぎるときに、彼らの指名手配の写真に見入ってしまいました。

今月の読書傾向は・・・「ノンフィクション」、「文具」でした。


 他購入した雑誌など

◆『ぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号 (ぴあMOOK)』

ぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号 (ぴあMOOK)ぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号 (ぴあMOOK)
(2014/02/12)
不明

商品詳細を見る

予習のために購入しました。多く出版された来日記念号のなかでは、一番面白いと思ったのですが、同じぴあMOOK同士で比較すると、ポール・マッカートニー版の方が面白かったなと思います。

参考記事-『ぴあSpecial Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号』


◆永井豪・豊福きこう 『けっこう仮面快楽白書』

けっこう仮面快楽白書―マンガ・データ主義ノーカット無修正版けっこう仮面快楽白書―マンガ・データ主義ノーカット無修正版
(1999/11)
永井 豪、豊福 きこう 他

商品詳細を見る

マンガ評論ですが、かなりマニアックに分析されています。作者との対談も掲載されているのですが、作者自身が「そこまで考えていなかった」と驚いているぐらいです。原作を読んでみたくなりました・・・が置き場所に困るでしょうね(笑)

◆坂戸佐兵衛・旅井とり 『めしばな刑事タチバナ 12』

めしばな刑事タチバナ12: ファミレス ナウ&ゼン (トクマコミックス)めしばな刑事タチバナ12: ファミレス ナウ&ゼン (トクマコミックス)
(2014/02/04)
坂戸佐兵衛、旅井とり 他

商品詳細を見る

今回もいろいろあるのですが、メインはファミレスご飯でした。ジャンバラヤ。なんという懐かしい響きでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
もう少し詳しい感想や目次などは、こちらを覗いてみてください。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/

よろしければ、ランキングサイトへの投票をお願いします。
あなたのワンクリックが、とても励みになります。
関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/03/03(月) 21:45:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/540-6d7fbfc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad