LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

【読書】2014年5月の逸冊!(5月に読んだ本)

今月も、先月から引き続いて大作『世界史』に挑戦中です。

その合間を縫って、興味のあるテーマの本を読んでいるのですが、振り返ってみると、8冊も読んでいました。一方で、5月には、ヨメさんからのプレッシャーに耐えられず、80冊の本をブックオフに売却、4,180円となりました。

 先月読んだ本

◆レイモンド・チャンドラー 『ロング・グッドバイ』

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
(2010/09/09)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る

NHKドラマの方は、映像と登場人物のルックスはカッコ良かったのですが、内容的にはあまりピンと来ませんでした。
小説は、ハードボイルド独特の言い回しが少しまどろっこしい面はあるものの、とても面白かったです。さすが名作です。

参考記事-ギムレットには早すぎるね


◆親野 智可等 『うちの子は勉強ができません。どうしたらいいですか?』

うちの子は勉強ができません。どうしたらいいですか? (宝島SUGOI文庫)うちの子は勉強ができません。どうしたらいいですか? (宝島SUGOI文庫)
(2012/02/07)
親野 智可等

商品詳細を見る

その昔、チビ加が生まれて初めて買った育児関連の本が『「親力」365日!』」というだったのですが、本書はその文庫版です。

以前読んでいた『親力で決まる!』『プロ親になる!』に続く、「親力」三部作の第三弾という位置づけだったので未読だったのですが、前2作を読み終えたので、この文庫版を購入して読みました。これもとてもよかったですが、このタイトル変更はどうかと思います。おちおち本棚に置いておけません。


◆親野 智可等 『9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本』

9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本
(2012/02/17)
親野 智可等

商品詳細を見る

上の本と同じく、親野氏の著作です。引き算の筆算の繰り下がりで苦しむ娘をみて購入しました。

9までトランプとかお風呂算数とか、家庭で遊びながら勉強できそうなネタがたくさん載っています。これから九九も覚えないといけないし、役立ちそうです。

そういえば、私も以前トランプのゲームを考えたことがありました。

参考記事-トランプでたし算のお勉強!「14ババ抜き」


◆レイチェル・L. カーソン 『センス・オブ・ワンダー』

センス・オブ・ワンダーセンス・オブ・ワンダー
(1996/07)
レイチェル・L. カーソン

商品詳細を見る

農薬問題を世界で初めて取り上げた『沈黙の春』の著者であるカーソン女史のエッセイで、子どもたちの好奇心を大事にしてあげましょう、という大人たちへ向けられたメッセージが伝わってきます。

ご存知、環境エネルギー館で出会った本です。

参考記事-『センス・オブ・ワンダー』を読んで思ったこと


◆小野 裕子 『ファイリングの基本&超整理がイチから身につく本』

ファイリングの基本&超整理がイチから身につく本ファイリングの基本&超整理がイチから身につく本
(2009/10/19)
小野 裕子

商品詳細を見る

業務上の必要性から、ファイリングを学び直すために読みました。理解できていることが多かったですが、改めて学んでみて、とても参考になりました。

こういったスキマ的仕事が疎かになってしまう会社というのは、なかなか辛いものがありますね。確かに、すぐにお金には結びつかないとは言え、とても重要な業務だと思うのですが・・・


◆刑部 恒男 『魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術』

魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
(2005/08)
刑部 恒男

商品詳細を見る

上記の本と一緒に購入したもので、こちらは、ファイリング一般の話ではなく、著者の独自方法の紹介でした。

著者独自のファイリング方法も面白いのですが、本書で参考になったのは、生活への応用と手帳活用術のところでした。これについては、機会があれば、まとめてみたいと思います。(と書いて、実際にまとめたことはあまりないのですが・・・)


◆福島 哲史 『クリアホルダー整理術』

クリアホルダー整理術クリアホルダー整理術
(2008/09/19)
福島哲史

商品詳細を見る

上2冊からのファイリングの流れで読んだ本が、この本は以前にも読んだことがあって、あまり参考にならない本だという印象がありました。今回は、何か見落としでもあったのではないかと思って再読したのですが、やはり私の印象は間違っていなかったです(笑)

まぁ、クリアホルダーの利用法として、花に水をあげるジョウロや日傘にする、というアイデアなども掲載されていて、楽しむには良い本だと思います。


◆美崎 栄一郎 『仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ』

仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ
(2013/02/23)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る

ファイリングと整理術は同系統のテーマということもあり、読みました。

著者の本は、これまでにもかなり読んでいるのですが、正直なところ、最近ではあまり共感できるものがありませんでした。本書もあまり期待しないで手に取ってみたのですが、とても参考になるものでした。すぐに実行したいアイデアがたくさん。これも機会を見て記事にまとめてみたいなぁ・・・


 ひみつシリーズ

さすがにもうずっと読んでいないので、このコーナーは今回を持って廃止して、他の本と同列に扱うことにします。


 今月の逸冊は

ということで、読んで良かったなと思った今月の「逸冊!」は・・・





『センス・オブ・ワンダー』です。

センス・オブ・ワンダーセンス・オブ・ワンダー
(1996/07)
レイチェル・L. カーソン

商品詳細を見る

この本は、薄い本なので、すぐに読めるのですが、とても大切なことが書いてあると思います。

装丁もキレイなので、お友だちの出産祝いにも良いのではないでしょうか。

ずっと大切にしたいと思わせてくれる本でした。

今月の傾向は、「世界史」、「育児」と「整理術」でした。


 他購入した雑誌など


◆COMIC CUE Vol.200

Comic cue (Vol.200)Comic cue (Vol.200)
(2002/04/01)
不明

商品詳細を見る

◆COMIC CUE Vol.300!

COMIC CUE Vol.300!COMIC CUE Vol.300!
(2003/05/31)
福島 聡、羽海野 チカ 他

商品詳細を見る

以前イーストプレスを調べてから、ずっと探していたのですが、近所の古本屋(ブックオフではなく)で発見。各100円(税込)でした。

それぞれテーマが設定されていて、それについて、いろいろな漫画家が描いているのですが、vol.200では「食べ物」、vol.300は「もしも、ドラえもんの“ひみつ道具”があったら?」というテーマでした。事前の想像とは違って、エログロの要素はほとんど(「全く」ではありません)なく、感動的なストーリーがあったりして、面白く読めました。

参考記事-凄まじいマンガたち


◆サラ・ネイサンシーラ・ローマン 『アナと雪の女王 (竹書房文庫)』

アナと雪の女王 (竹書房文庫)アナと雪の女王 (竹書房文庫)
(2014/02/20)
サラ・ネイサンシーラ・ローマン

商品詳細を見る

チビ加に購入したものです。私もこの本のおかげで、本作のストーリーがうっすら理解できました。旅行中などに、割と熱心に読んでいましたチビ加でしたが、最後まで読み通せたかどうかは不明です。

◆松谷 みよ子 『ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本(1)』

ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本(1) (講談社青い鳥文庫 6-1)ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本(1) (講談社青い鳥文庫 6-1)
(1980/11/10)
松谷 みよ子

商品詳細を見る

ヨメさんが昔よく読んだ本らしく、チビ加に買ってあげていました。


◆原 ゆたか 『かいけつゾロリのきょうふのゆうえんち (8)』

かいけつゾロリのきょうふのゆうえんち (8) (かいけつゾロリシリーズ  ポプラ社の新・小さな童話)かいけつゾロリのきょうふのゆうえんち (8) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)
(1991/02)
原 ゆたか

商品詳細を見る

◆原 ゆたか 『かいけつゾロリつかまる! ! (15)』

かいけつゾロリつかまる! !  (15) (かいけつゾロリシリーズ  ポプラ社の新・小さな童話)かいけつゾロリつかまる! ! (15) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)
(1994/07)
原 ゆたか

商品詳細を見る

◆原 ゆたか 『かいけつゾロリ イシシ・ノシシ大ピンチ! ! (44)』

かいけつゾロリ イシシ・ノシシ大ピンチ! !  (44) (かいけつゾロリシリーズ  ポプラ社の新・小さな童話)かいけつゾロリ イシシ・ノシシ大ピンチ! ! (44) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)
(2008/12)
原 ゆたか

商品詳細を見る

前月初めて家にやってきたゾロリですが、まず(8)と(15)が増殖し、3冊となりました。このままではマズイということで、読み終えた3冊を売却、その代わりに(44)を購入してあげました。

参考記事-わが家に「かいけつゾロリ」がやってきた

さて、6月中に『世界史』は終わるのでしょうか・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
蔵書管理には、メディアマーカーを利用しています。
http://mediamarker.net/u/tkaneko/

関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/06/02(月) 20:30:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/590-d44900df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad