LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『少女パレアナ』と『スウ姉さん』

IMG_2242.jpg

8月の逸冊に選んだ『少女パレアナ』ですが、「がんばれ社長!」という人気メルマガの3月25日号で、女性起業家のKさんという読書家の方の「今までのベスト本」として紹介されていたものです。

本自体は、だいぶ前にブックオフで見つけ、購入してあったのですが、この北海道旅行の時に、旅のお伴に持って行き、読み始めました。

この小説は、「愛少女ポリアンナ」というタイトルで、テレビの世界名作劇場でも放送されていたようですが、全然記憶にありません。

両親を亡くしたパレアナという少女がお父さんに教えてもらったある「遊び」が人々に影響を与えていく・・・という物語で、遊び自体は、少し悲しくもある遊びなのですが、パレアナの健気さに心打たれます。

作者のエレナ・ポーターさんは、1920年に亡くなってしまっていますが、この「パレアナ」シリーズは、引き継がれて、いくつかの作品が出版されたようです。まるでドラえもんみたいですが、それだけの大ヒットだったそうで、辞書にも「パレアナ」という言葉が載っているそうです。

訳者あとがきを読むと、続編もあるようなので、早速入手し、こちらも読み終えました。第1作ほどでばありませんでしたが、こちらも読んでいて、ハッピーになる物語でした。

そして、この作家の絶筆となった作品が『スウ姉さん』です。

IMG_2244.jpg

こちらは、児童文学的な『パレアナ』とは打って変わって、あまりハッピーな物語ではなく、読んでいて、イライラする時もあったのですが、幸せとは何か、ということを考えさせられました。とても素晴らしい物語で、訳者の方が「この作者の作品で一番好きな物語」だというのが理解できる気がしました。

翻訳されているのはこの3作品だけなのが残念ですが、この夏は、素晴らしい小説と出会うことができたのが「嬉しいですわ。」


新訳 少女ポリアンナ (角川文庫)新訳 少女ポリアンナ (角川文庫)
(2013/03/23)
エレナ・ポーター

商品詳細を見る


スウ姉さん (河出文庫)スウ姉さん (河出文庫)
(2014/04/08)
エレナ ポーター

商品詳細を見る



関連記事

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/09/08(月) 20:30:00|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/636-29197ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。