LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

ボリショイサーカスを観に行きました

20100802132923.jpg

勝手にイメージしていた以上に、
アナログというか、人力な感じでした。

電動・機械というものはほとんどなくて、
ロープや滑車、重りや体重、力で運営されていきます。

それだけに、
はじめは、サーカス団の悲哀的なもの(=先入観)
を感じましたが、

見ているうちに、その運営が、
完璧なことに気がつきました。

誰の演技の間に、誰がどこにスタンバイしているか、
などといったことがきっちり決まっているようです(当たり前か?)。

まさにプロフェッショナル。

さすがに歴史のあるサーカス団といった感じで、感動しました。

(まあ「国立」という冠がついているのに、株式会社が運営しているって、どういう事情?
 と思ったのは確かなのですが。)

音楽も、基本的にはバンドが生演奏していますが、
やはりサーカスは「ライブ」なので、
見せ場などは、バンドが目で見て、
音をつけていくということなのでしょう。

まあ、1枚1000円の記念写真が、デジカメ&プリントではなく、
いわゆるポラロイドカメラなのはご愛敬?
皆さんも記念にどうぞ。

サーカスは、ボリショイかどうかは覚えていませんが、
小さいころに見ています。
小学生低学年か幼稚園のころに2回ぐらい観てるような気がします。

母方の祖母に連れて行ってもらったのを覚えています。

記憶にあるのは、金網の中をオートバイが走っていたやつです。

ですが、その周辺の景色や、途中どうやってセッティングしていたのか、
などはあんまり覚えていません。
(子どもがそんなところ見ていたらイヤな子ですね。)

あと、やはり子どもにとっては、この目の前で起きていることが
どれだけすごいことなのかは、わからないと思います。

まだまだ自分自身できないことがいっぱいあって、
逆にいえば、可能性がまだまだ無限に広がっているから、
もしかしたら、大人になったらできるようになる、と思っているのかもしれませんね。

けど、お父さんは空中ブランコとか、できないぞ。


うちの娘の目には、どう映っていたんだろう?
大きくなったら聞いてみたいなと思います。

楽しかったです!また行ってみたい。

終わったあとは、伊勢佐木町のプロントで食事をしてから、
みなとみらい方面に徒歩で移動。

ちょうど神奈川新聞花火大会だったので、最後だけ少し観てきました。

混むので、花火が終わる前に帰ろうと思っていたのが、
予想より早い時間に終了だったので、
結果的に最後まで観ることになってしまっただけですが。

やっぱり花火はキレイですね。

東横線は混むだろうから、
京浜東北線で鶴見駅まで。

そこからバスにしたら、思ったより早く家に着きました。

(2010/8/1 16:30開演。横浜文化体育館にて。2時間ぐらい。)

・オープニングに、チェブラーシカと熊のマスコット登場。
・ジャグリング&一輪車や、犬、猫のサーカス
・バランス的なものや、空中ブランコ。
・15分の休憩を挟んで、猛獣(ライオン、虎、ジャガー)ショー。
・綱渡り(熊も)にて終了。(だったと思う。)

関連記事

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/08/02(月) 23:53:27|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/68-a5cd8464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad