LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

小学校(現地校)へ ~後編~

IMG_3404.jpg

迎えた水曜の朝。教科書も学校に置いてあるそうなので、持ち物は、お弁当と水、スナックだけです。

チビ加の学校は、午後にスナックタイムというのがあり、スナック菓子とかフルーツとか、そういうものを食べるそうです。余談ですが、授業も5分休みのようなものはなく、トイレは各自が先生に申告して行くだけだそうです。

通学は、基本的にはクルマで送り、降ろしてくることになるのですが、初日ということで、家族3人で少し早めに登校、クルマは駐車場に停めて、校内の説明を受けます。

担任の先生にもこの時に挨拶しました。とても元気そうな若い女の先生でした。

その後、体育館へ行き、学年の列に並びます。翌朝からは、この列に並んで始業を待つことになります。

そこで、事務の方から、日本人の女の子を紹介されました。同じクラスの女の子です。事務の女性は、その子に「面倒見てあげてね。」みたいなお願いをしてくれました。もちろん英語で、です。英語がわかる日本人の女の子がいるというのは、心強かったです。ただ、子ども同士はすぐにその場で仲良く話をする、ということはなく、少し距離があるような感じでしたが・・・。

さて、残念ながら、ここでチビ加とはお別れとなってしまいました。教室についていった場合の英語での自己紹介、娘紹介とかも考えていたのですが、使うことはなかったです。

お別れの時に、チビ加は私の方を見たのですが、その顔は、今にも泣き出しそうでした。心細かったのでしょう。

その顔を見てしまったら、私も泣いてしまいそうになりました。たぶん、あのままチビ加の顔を見ていたら、泣いてしまったと思います。

ただ、ヨメさんによれば、幼稚園とか習い事とか最初はいつもこんな感じだったよ、とのこと。母は強いですね。そんな心配をしながら、私は会社へ。泣いてないかな?大丈夫かな?と気が気ではありませんでした。

3時過ぎに、チビ加を迎えに行ったヨメさんからメールがありました。

「帰ってきたよ。楽しかったみたい。」と(笑)

帰宅してから聞いてみると、英語はわからないけど、お友達が何を言っているか教えてくれたり、外で遊んだり、スナックを食べたりして、楽しかったとのこと。

朝の泣きそうな顔とは別人のニコニコした顔がありました。

最初の何か月かは、毎朝「学校行きたくない!」と泣くので、なだめすかして行かせるのが大変だったなんて話も聞いていたので、すっかり拍子抜けしてしまいました。

6月に2年生が終わって、9月から新学年が始まるので、その時にどうなるかはわかりませんが、とりあえずのところはひと安心です。

関連記事

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

  1. 2015/05/16(土) 01:46:53|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ラルさん、どうもです。
ドキドキしながら読みましたよ。
とりあえず、チビ加ちゃんの笑顔が
あったので、ホッとしましたよ(笑)

それにしても想像を絶しますね!

我が家の娘は来年小学校なんですが
ランドセル、学習机、いろいろ今のうちに
早めに準備しておかなくちゃ、なんて
夫婦で最近よく話してるんですが、
なんかどうでもよくなってきました(笑)
  1. 2015/05/17(日) 18:19:31 |
  2. URL |
  3. 海 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

海さん、ありがとうございます。

私もどうなることかと思っていましたが、ほっとしています。これもお友達のおかげですね。でも、アメリカの学校は日本とは全く違うので、話を聞くと、面白いです。

ランドセル選びですか。懐かしいです。昔記事にした記憶がありますね。うちは学習机は買いませんでしたが、私たちの時代とは違って、いろいろな種類があって、楽しいやら面倒やら(笑)
  1. 2015/05/18(月) 10:44:51 |
  2. URL |
  3. 金子ラル #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/683-c4eabc1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad