LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

Back to School!!!

IMG_0246_20150916053709d74.jpg

私の住む地域では、8月24日から小学校がスタートしました。

この時期は、多くのスーパーで「Back to School」という看板が掲げられ、文房具などのセールが行われてます。

こちらでは、文房具は共用品なので、学校指定の文房具を買い集めて、学校に提出。それを先生が必要に応じて、配布したりするようです。日本のように、お気に入りの文房具を持っていったり、ということはできません。

日本と違うのは、文房具の扱いだけではありません。もう全然違います。

まず、始業式というものはありません。初日からお弁当ですし、授業もスタートします。普通に。

その代わり、という訳ではないでしょうが、学校の始まる前の週、「Meet The Teacher」というイベントがありました。

これは、夕方、子どもと親が小学校へ行き、自分のクラスを教えてもらって、教室に行き、先生と会うというものです。

と言っても、こちらの先生はとてもフレンドリーで、教室も日本のように整然と机が並んで・・・という感じではないので、子どもと親が、三々五々教室に入ってきて、話が終わったら出ていく、というカジュアルな雰囲気のものでした。

「うちの娘は英語がわからないのですが・・・」「全然問題ないですよ」みたいなやり取りをして、教室の雰囲気を味わって、10分ぐらいで帰ってきました。先生は、優しそうな女性の先生でした。

あまりにあっという間に終わってしまったので、ついでに、2ndの時の先生のクラスも覗いてみたところ、「オー、チビ加~♪どの先生になったの?」と歓迎してくれました。

また、アメリカには、英語がわからない子どもたち(日本人だけでなく)に、英語を教えてくれるESLというクラスがあるのですが、帰り際、その先生にもばったりお会いして、お話することができました。

なんでも夏休みに日本へ行ってきたらしく(英語の先生として行ってきたのかも)、「奈良、京都、斑鳩、広島・・・とかに行ってきました。チビ加たちに早く写真を見せたいわ~」と仰っていました。とても感じのよい先生です。

肝心のクラスですが、3rdでは、日本人の男の子一人が同じクラスで、仲良しの女の子とは残念ながら違うクラスになってしまいました。2ndに編入した時には、その女の子にとても助けてもらっていたので、「新学年は大丈夫かな?」と少し心配に・・・。

タイミング悪く、新学年の最初の週は、私が日本出張となってしまい、一緒にいることができなかったのですが、ヨメさんから、大丈夫そうよ、というメール報告。本当にほっとしました。

そして、学校が始まった次の週には、先生が親たちに新学年のカリキュラムを説明してくれる「Curriculum Night」という時間がありました。いちいちカッコいい名前です(笑)

こっちは、私一人で出かけて、話を聞いてきました。まあ、そんなに大した話ではなく、「ふーん」という感じでしたが、GmailやFacebookなどを使ってITリテラシーを学ぶ、みたいな話もあって、日本との・・・、というよりも、私の子どもの頃との違いを感じてしまいました。

そんな感じで、もうすぐ一カ月が経とうとしています。今のところ皆勤賞です!

これから、宿題やらイベントやら、いろいろと戸惑うことも出てくるでしょうが、一緒に頑張っていきたいと思います。

関連記事

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

  1. 2015/09/16(水) 08:00:00|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/696-2c71af46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad