LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

行ってきました、モトリークルー (後編)

前回からの続きです。)

何かの小曲(下記セットリスト参照ください)が流れると、場内が暗転、モトリーが登場し、「GIRLS,GIRLS,GIRLS」、「WILD SIDE」が立て続けに演奏されました。

私の周りの席はすでに埋まっていたのですが、誰も立ち上がりません・・・。アリスまでは前座だし、モトリーになったらきっと立ち上がって盛り上がるんだろうな、と思っていたのですが、相変わらず、座ったままリズムを取っているという感じでした。アメリカのコンサートのイメージは、曲に関係なく騒いでいる、踊っているというものだったので、これは意外でした。みんなビールは飲んでるんですけどねぇ(笑)

また、アリスの時には普通だったスクリーン映像ですが、モトリーの時には、変な処理や飾りがされていて、見づらいことこの上ない。たまに普通に映してくれる時もあったので、「そのままでいいよ~。見づらいよ~。」と心の中で叫んでました(涙)

さて、演奏は、10年近く前に横浜で観たモトリーと同じでした。今さら変わりようもないですね(笑)

クールなニッキ―、エネルギッシュなトミー、寡黙なミック、そして、お腹の大きなヴィンス(笑)。ミックが元気そうで良かったですが、いかんせんスクリーンが変てこなので、ニッキーの顔もよく見えません。

日本でのコンサートと違ったのは、やはりパイロや花火の量と音。隣の隣に座っていたおばちゃんが、ドン!!!という大きな爆発音がする度に「ビクッ」として、旦那さんの顔を見ていたのが可愛らしかったです。

IMG_0301.jpg

トミーのローラーコースター・ドラムソロや、

IMG_0305.jpg

エンディングでヴィンスとニッキーが客席の上を旋回する仕掛けは楽しめましたし、

IMG_0313.jpg

曲はもちろんいいですし、アンコールで客席中央に移動しての「HOME SWEET HOME」も良かったです。

IMG_0319.jpg


・・・ですが、うーん、何かイマイチ気持ちが盛り上がりませんでした。

そういえば、ミックは、日本でのインタビューで、「アメリカに戻って、2周目のファイナル・ツアーをやることになっている。強欲過ぎるよね。」みたいなことを言ってましたね。でも、そのおかげで今回観られている訳なので、これは有難い話です。

途中で、ニッキーのスピーチもあり、たぶん感動的な場面なのですが、乗り切れず・・・。乗れなかった一番の理由は、何を言ってるかあまり分らなかったということなのですが(笑)、それ以外にも、感極まった表情、「ダラスは俺にとって特別な場所なんだ」みたいな話からスタートしたので、先のミックの「2周目」発言を思い出して、「どこでもそう言ってるんだろうな」という冷めた見方になってしまったせいです。

きっと、立ち上がって、しっかりしたスクリーンで表情を見ながら聞いていたら、また印象も違ったことでしょう。

やはりコンサートは、周りの人たちと一緒になって感じるものなんだなぁと改めて思いました。

で、22時50分ぐらいにコンサートは終了。

帰りもラッシュになるようなことはなく、スムーズに会場から出ることができ、そのまま電車に。ここでも改札も検札もありません(笑)。車内には、コンサート帰りの人がそこそこ乗っていたので、行きのように怖い思いをすることもありませんでした。

電車の窓から外を見ると、駐車場から出ようとするクルマの混雑が見えましたが、道自体はそれほど渋滞してはいなさそうでした。出るまでが大変なのかもしれませんね。

駅の駐車場にも、車内と同じようにコンサート帰りの人がちらほらいたので、安心でした。バッグも取られていませんでした(笑)。で、結局、24時過ぎに家にたどり着きました。

という訳で、アメリカでの初めてのコンサートのまとめ。

・盛り上がりたいなら、アリーナへ行くべし。アメリカに限らないけど。
 (ただし、見えないリスクあり。それもまた思い出なり。)
・大きなコンサート会場は、安全で快適。
・電車もイベント帰りの人が多くて、問題なし。
・とは言え、そこはアメリカ。油断は禁物。

といったところでしょうか。ネガティブなことを多く書いてしまいましたが、貴重な体験ができました。

さて、次は誰を観に行こうかな?

(拾ってきたセットリスト)

So Long, Farewell (Rodgers & Hammerstein song)
1. Girls, Girls, Girls
2. Wild Side
3. Primal Scream
4. Same Ol' Situation (S.O.S.)
5. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
6. Smokin' In The Boy's Room
7. Looks That Kill
8. Motherfucker Of THe Year
9. Anarchy In The U.K.
In The Beginning
10. Shout At The Devil
11. Louder Than Hell
O Fortuna (Carl Orff song)
12. Drum Solo
13. Guitar Solo
14. Saints Of Los Angeles
15. Live Wire
T.N.T. (Terror 'N Tinseltown)
16. Dr. Feelgood
17. Kickstart My Heart
Encore
18. Home Sweet Home
My Way (Frank Sinatra song)

関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2015/10/11(日) 18:43:44|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ラルさん、どうもです。
お疲れ様でした!
早速のレポート、ありがとうございます!

それにしても、周りが座ってしまうと
いまいち盛り上がれませんよね。
せめて同行者がいれば二人だけでも
騒げますが。
東京ドームでのストーンズ観た時も
私と同行者は思いっきり騒いでましたが
冷めた感じですぐ座った人とか近くにいて
ちょっとイヤでした(笑)

それにしてもセットリスト15~17の流れは
感涙もんですな~(しみじみ)
  1. 2015/10/11(日) 18:58:51 |
  2. URL |
  3. 海 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

海さん、ありがとうございます。拙いレポートで恐縮です。

そうなんです。本当に周りの雰囲気って大事だなぁって思いました。セットリストも基本的には良かったんですが、6はいいとして9はいるんかな?カバー曲2曲の代わりにオリジナルを・・・って思ったりもしました。贅沢ですね(笑)

後日、会社で「一人でモトリーに行ってきた」って報告したら、現地の社員に「AWESOME!!!」とビックリされてしまいました。
  1. 2015/10/13(火) 07:35:12 |
  2. URL |
  3. 金子ラル #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/701-12778e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad