LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

2015年のクリスマスプレゼント

IMG_4205.jpg

「新年のご挨拶」の次が昨年の話で恐縮ですが、クリスマスのお話です。

今回はアメリカで迎える初めてのクリスマスだったので、雰囲気を味わおうと近所の教会へ行ってきました。

IMG_4191.jpg

たくさんの人が集まっていて、神父さんのお話や、子どもたちによる劇があったりと、クリスマスの雰囲気を感じることができました。もちろん話の内容はわかりませんし、ところどころで唱和される言葉などもわからず、疎外感はありましたが、皆ハッピーで、ウキウキした印象を受けました。

別の教会にも行きましたが、そこでは、皆にキャンドルが配られて、それを持ちながら、クリスマスの歌を歌ったり。前の記事の写真にあるように、大きなスクリーンに歌詞も出るので、私たちでも歌えました。

IMG_4194.jpg

そんなクリスマスだったのですが、15年のプレゼントは、フットバスでした。

IMG_4212.jpg

これまでずっと欲しかった、ニンテンドー3DSはもうもらってしまったチビ加なので、明確に「これが欲しい!」というものもなく、トイザらすでたまたま目にしたキックボードの変形版を欲しいといったぐらいでした。(余談ですが、私も特に何か欲しいものがなかったので、誕生日プレゼントはスコッチ・ウイスキーにしました。)

その3DSも、すでにそれほど遊んでいる様子もなく、どちらかというと、私のiPadの「Hay Day」で遊んだり、YouTubeをAKBを観ていることの方が多いです(笑)。一緒に遊ぶ人がいないと面白くないんでしょうね。

で、ヨメさんが、チビ加とクリスマスプレゼントについて話をしていた中で、ヨメさんが冗談半分で、「フットバスとかいいんじゃない?」という話をしたところ、「それいいね!」と乗ってきたそうです。

私の住んでいる場所では、湯船に浸かるという文化はあまりないようで、うちのアパートも一応バスタブはありますが、溜めたことはありません。そもそも、お湯自体、日本のような瞬間湯沸かし器が普及しておらず、ガレージのタンクに溜めてあるお湯を使うため、冬場などは、3人続けてシャワーを浴びようものなら、最後の一人は、すごくぬるいお湯を使うことになってしまいます。

バスタブに溜めると、それだけでお湯を使い切ってしまうかもしれません。そんな訳で、せめて足だけでもということで、フットバスに決まったのです。

ただ、チビ加は、「サンタさんだから大丈夫でしょう?」という素朴な考えから、「日本版(日本語の説明書があるもの)」を希望。でも、いかにサンタといえども、アメリカで日本のフットバスを入手するのは難しいでしょう(笑)。

そこで、チビ加と話をして、「でも、日本のが届くと、家で使うには変圧器も必要になっちゃうよ」という話が功を奏し、アメリカ版でいいね、ということになりました。

という訳で、クリスマスイブの深夜、サンタがフットバスを届けてくれました。

IMG_4217.jpg

アマゾンのレビューとかを見ると、微妙なのかな?とも思ったのですが、実際には、かなり温かくなりました。

チビ加もヨメさんも喜んでくれていたようです。

ただ、残念だったのは、チビ加の書いた手紙を、サンタが持っていってくれなかったこと。

どうやら靴下の中に入っていたのに、気付かなかったようですね(汗)。


関連記事

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2016/01/13(水) 07:50:15|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/712-997419d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad