LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オースティン観光

P1100318.jpg

オースティンという都市を知っている方はどれぐらいいるのでしょう?少なくとも、私は「名前は聞いたことあるかな・・・」ぐらいの認識でした。しかも、その認識も、都市としてのオースティンではなく、映画「オースティン・パワーズ」やプロレスラーのスティーブ・オースティンといった名前で知っているだけだったような気がします。

そんな知名度の低い(?)オースティンですが、テキサス州の州都で、私の会社の社長のお子さんが通っているテキサス大学もオースティンにあるそうです。

私の住むダラスからは、約3.5時間のドライブで行けるらしいので、チビ加の春休みを利用して、2泊3日の旅行へ行ってきました。

事前準備のためにネットで調べてみたのですが、ロスなどと違い、あまり旅行記(日本語の)などは見つけらなかったので、自分で組み立てたのですが、これがなかなか良い行程となりました(←自画自賛)。

ただ、私たちのでかけるタイミングで、「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」という音楽祭、映画祭、メディア祭りが行われていることが判明。私は知らなかったのですが、かなり大きな催しらしく、きっと混んでるよ、と言われながらの出発となりました。

P1100321.jpg

まずは1日目。朝10時過ぎにダラスを出発し、途中昼食をはさんで、3時ごろにオースティンへ到着。心配された渋滞もあまりなく、比較的スムーズに流れていました。

P1100313.jpg

1日目のこの日は、ダウンタウンの土地勘をつかむためにも、「ダック・アドベンチャー」という観光バスに乗るつもりでした。

4時からのツアーがあることは判っていたので、チケットを買おうとすると、「予約はある?」と聞かれてしまいました。時間が読めなかったので、予約はしていなかったのですが、「じゃあ、ウェイティングリストに載せておくわ。あなたたちが一番目よ。」とのことでした。ドキドキしながら待つこと30分、結局乗ることができたのですが、4~5組ぐらいいた予約なしの人たちの全員が乗れた訳ではなかったので、もし行かれる場合は、予約しておく方がいいでしょうね。SXSWのある日曜日だったからかもしれませんが。

バスに乗る時に、ガイド兼ドライバーのおじさんに「どこから来たの?」と聞かれ、「日本」と応えると、「わざわざ日本から俺のバスに乗りに来てくれたのか!ありがとう!」と冗談半分で喜んでくれました。こういう場面では、「ダラス」なんて答えてはいけません(笑)。そもそもダラスと答えたら、英語がペラペラだと思われますので。

P1100378.jpg

さて、バスに乗ると、市内の有名な場所をほぼ一回りしてくれます。

P1100343.jpg

州庁舎。テキサス州の議事堂みたいなもんですね。

P1100335.jpg

テキサス大学。

P1100336.jpg

オースティンには、こんな感じのフードトラックがたくさんあるそうです。ただ、後で行ってみようとしたものの、どんなに探してもこの場所が見つけられず(笑)。

P1100330.jpg

その後、湖へ入ります。水陸両用バスなのです。チビ加には水に入ることは内緒にしていたのですが、アナウンスでうすうす気づいていた様子。

P1100351.jpg

P1100359.jpg

さて、その後は、少し早めのテックスメックスの夕食を取りました。

P1100394.jpg

夕食後は、コングレスという通りを南へ歩き、川にかかる橋へ。この橋は、たくさんのコウモリのねぐらになっているらしく、夕方~夜になると、大量のコウモリが飛んでいくそうで、それを見ようと、大勢に人が、橋の上や下、船に乗ったりして待っています。

P1100403.jpg

P1100409.jpg

タイミング良く、私たちも見ることができました。

P1100411.jpg

P1100413.jpg

その後は、有名なシックス・ストリートという通りをブラブラしました。バーやレストランがたくさんある通りなのですが、酔っ払いが多い、という意味なので、あまり暗くなってから子連れで行くような場所ではないですね。

P1100425.jpg

8時ぐらいにホテルへ向かったのですが、ハプニングが2つほど。

クルマでホテルへ向かう途中、高架下をUターンしようと減速した時に、女性がクルマの前に立ちふさがり、そのまま助手席に回って、ドアを開けようとしてきました。ヨメさんとチビ加は後部座席に乗っていたのですが、あれはなんだったんでしょう・・・。新手の強盗か売春婦か・・・。ドアを開けられる前に逃げて、事なきを得ましたが、かなり怖かったです。

そんなドキドキを引き摺ってホテルへチェックインしようとしたところ、「名前がない」と言われてしまいました。そんな訳はないと、予約票を見せると、同じチェーンの違うホテルへ来てしまっていたことが判明・・・。さらに30分ほど運転して、無事にホテルへチェックインできました。

長くなってしまったので、つづく。

関連記事

テーマ:アメリカ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/03/25(金) 23:26:02|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/719-5f5ea594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。