LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ヘドバン的「21世紀のメタル」100枚』

IMG_0654.jpg

以前、『ヘドバン的「メタルの基本」100枚』というムックをご紹介しましたが、今回、たまたまその姉妹版と言ってもいいムックを見つけたので、お取り寄せしました。

パラパラめくってみた感じでは、21世紀に特化しているだけあって、知らないバンドの多いこと(笑)

そして、「21世紀の」といいつつも、実際には15年とちょっとしか経ってませんので、まだ時間というフィルターに通されていない、のは仕方ないところです。

「メタルの基本」の方の記事では、私にとっての基本10枚を紹介しましたが、「21世紀のメタル」から10枚挙げるというのは難しいので、今回は、海さんのこの記事の手法盗んでリスペクトして、自分自身の統計を取ってみました。

同じアーティストの複数アルバムが紹介されているので、ここではアルバム単位です。

(1)紹介されているアルバムを持っている

(2)紹介されているアルバムは持っていないが、他のアルバムを持っている

(3)名前は目にしたことがある、音像のイメージができる

(4)全然知らない

という4つで分類してみました。ちなみに、このムックでは、年代ごとに紹介されていて、①2001-2005年 28枚、②2006-2010年 26枚、③2011-2014年 24枚、④2015-2016年 22枚の合計100枚でした。

IMG_0656.jpg

そして、結果です。

(1)23枚ありました。購入したものだけでなく、レンタルしたものも含みます。

思っていたよりも多かったです。年代別では、①10枚、②9枚、③4枚、④0枚でした。④の時期は日本にいないので、
レンタルという手段が取れなかったので、仕方ないところですね。

(2)32枚でした。年代別は、①5枚、②5枚、③9枚、④13枚です。(1)と(2)を合わせて100枚のうちの半分以上カバーしているということは、過去のビッグネーム(というと失礼ですが)の新譜だった、ということですね。これをどう見るか、実力のある人はやはり強力なアルバムを作れると見るのか、新しいアーティストが育っていない、と見るのか。まぁどっちでもいいですが。

(3)20枚です。年代別は、①6枚、②7枚、③5枚、④2枚です。ここには、マリリン・マンソンとかも含まれるのですが、正直積極的に触手が動くようなアーティストではないんでしょうね。

(4)25枚でした。年代別は、①7枚、②5枚、③6枚、④7枚です。こんなもんかな~、という気がしますが、逆に言うと、ここにはまだ好きになるかもしれない、という可能性がある訳ですね。

ちなみに、同じ統計を、『ヘドバン的「メタルの基本」100枚』でも当てはめてみました。こちらでは、年代ごとに、①1970-1980年代 50枚、②1990年代 33枚、③2000-2010年代 17枚、が紹介されています。③の17枚がすべて「21世紀の100枚」に含まれているのかどうかは検証してません。厳密に言うと、17枚のうち何枚かは2000年でしょうし。

結果は、こんな感じ。

(1)64枚(①42/50枚、②13/33枚、③9/17枚)
(2)21枚(①7/50枚、②10/33枚、③4/17枚)
(3)12枚(①1/50枚、②9/33枚、③2/17枚)
(4)3枚(①0/50枚、②1/33枚、③2/17枚)

こうして見ると、やはり「メタルの基本」の方は、基本だけあって、持っているものが多かったです。(2)の21枚と、(3)の12枚は押さえないといけないでしょうね。ちなみに、(4)の3枚のアーティストは、THE MAD CAPSULE MARKET'S、CONVERGE、MESHUGGAHという3組でした。

YouTubeで探してみようと思ったのですが、ついついBABYMETALを見てしまいました(汗)。ちなみに、彼女たちのアルバムは、2枚とも21世紀の100枚に選ばれております。




関連記事

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/10(金) 07:35:42|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ラルさん、どうもです。

2000年代というのがポイントですね!

それにしてもバーンとかの音楽雑誌って
20年前ぐらいから表紙が変わってませんよね。
プロレス同様に過去の栄光を引きずってるようでは
業界に未来はありません。
やはり若いバンドを聴かなければ
いけないのかもしれませんね。

ただ、そうはいっても記事にも書かれてますが
21世紀といっても15年しかたってないので
どうしても評価しづらい部分がある(笑)
失敗したくないから、やはり評価が確立した
旧作に手が出てしまうんですよね(笑)
  1. 2016/06/10(金) 14:57:22 |
  2. URL |
  3. 海 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

海さん、ありがとうございます。

音楽雑誌はB!誌ぐらいしか知りませんが、確かにあまり変わり映えしないですね。今月も、イングヴェイが表紙でしたし。「また!?」という感は否めません(笑)

そういえば、こちらの音楽雑誌ってどうなのかな?スーパーのレジ横に雑誌が置いてあって、ビートルズとかプリンス、マドンナが多い気がしますが、問題は、新しいバンドが表紙を飾っていても、それが新しいバンドだと気づかない自分だったりします(笑)
  1. 2016/06/10(金) 22:12:55 |
  2. URL |
  3. 金子ラル #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/736-fc7b8eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。