LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

『数の悪魔』という本を読みました

IMG_0893.jpg

前から気になっていたこの本を読みました。

仕事で会計には多少関わっているものの、だからと言って数字に強い訳ではなく、暗算も苦手ですし、桁数が大きいと、すぐにわからなくなってしまうので、数字に弱い方だと自覚しています。昔から「早生まれ」の概念も理解できていませんでした(←数字と関係ない?)。

そんなコンプレックスのせいで、数学系の分かりやすそうな本には、いつも惹かれてしまいます。

この本は、ロバートという子どもが夢の中で数の悪魔(表紙の赤いおじさん)と出会い、数字の面白さ・不思議さについて教わっていく、というストーリーです。一応、子ども向けらしいです。

文系なりに、一通り数学を勉強してきたおっさんにとっては、ところどころ難しかったですが、全体的に面白く読めました。ただ、果たしてこれが子どもに理解できるのか(笑)。

チビ加にも奨めたので、数ページ読んでみたようですが、補習校の先生に「あの本はちょっと難しいね」と言われたらしく、「先生が難しいって言ってたよ」と返されてしまいました。確かに物語仕立てとは言え、素数の話や無理数の話は、難しいかもしれません。そういう意味では、一緒に読む本でしょうかね。

IMG_0894.jpg

でも、そんなことを書いているうちに、チビ加は読まなくてもいいんじゃないか、と思えてきました。この本を読んで、算数や数学が好きになるような子は、もともと算数や数学が好きなんじゃないか?と(笑)。逆に、無理に読んで、数字が嫌いになったら困ってしまいます。

よく「自分が学生の頃に読んでいればよかった」なんて話を聞きますし、確かに学生の時に読んでいれば良かったな、と思う本はありますが、自分が学生の頃に授業以外で数学関係の本を読もうなんて思わなかっただろうし、時間もなかったと思いますね。今考えると、「学生ってヒマでいいよな~」って思うのですが、学生は学生なりに部活やら宿題やら遊びやらで忙しいんですよね、なぜか眠いし(笑)。

この本を読んでも数字に強くなったりすることはないでしょうが、数字(数学じゃなく)ってものがどんなに不思議なもので、人間っていろんなことを考えるんだな(良い意味でも悪い意味でも)、ということがよくわかると思います。大人向けですね。面白かったです。


数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜
ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー
晶文社
売り上げランキング: 6,647



関連記事

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/11/19(土) 07:39:12|
  2. 読んだ本など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/748-49be99c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad