LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アマリロと言えば・・・

P1150152.jpg

グランド・キャニオンと比べて、前回ご紹介したパロ・デュロ・キャニオンがマイナーな理由のひとつには、近くにラスベガスのような観光都市がない、ということも影響しているのかもしれません。

パロ・デュロ・キャニオンにもっとも近い都市はアマリロなのですが、残念ながら、ほとんど観光するところもありません・・・。

私たちが行ったのは、有名な観光客向けのレストラン「ビッグ・テキサン」と、キャディラックが地面に突き刺さったオブジェの「キャディラック・ランチ」ぐらいでした。

P1150141.jpg

P1150142.jpg

ちょうどビッグ・テキサンでは、72オンス(2.04KG)のステーキにチャレンジしている人がいました。1時間以内に食べたらタダらしいです。一段高いところで、カウントダウンする時計を背に、食べ進めていましたが、失敗に終わりました。

P1150156.jpg

P1150157.jpg

もう一か所の、キャディラック・ランチ。

P1150179.jpg

P1150184.jpg

着いた時には、「すぐ帰ろうね」と冷めていたチビ加も、落ちているスプレー缶で色を塗り出したらめっきり楽しんでいました。翌日、「また行かない?」と言うぐらい(笑)

P1150196.jpg

そんな感じで、少し寂しいアマリロですが、忘れてはいけないものがありますよね?

事前にネットで調べてみたところ、兄はフロリダに住んでいるようですが、弟はアマリロに住んでいるようです。

そこで、家に戻る途中、家族には黙って、彼の住所と思われる家に向けて、勝手にクルマを走らせました(笑)。

近くになると、そのエリアは、セキュリティガードがある住宅街のようで、中に入るには、受付に寄らないといけなくなっていました。

仕方ないので、受付で停まると、おばちゃん(おばあちゃん?)に「何番地に行くの?」と聞かれたので、「・・・テリーの・・・、テリー・ファンクの家に・・・」と伝えました。「約束はありません。」と付け加えて。

「話をしたいの?」と聞かれたので、逆にこちらが驚いて、「話ができるの?」と聞き返すと、もう一人のお姉さんが笑っていました。「家の前で写真を撮りたいだけです。」と答えると、不審な目で見られながらも、やはり中に入るには、許可がいるらしく、「ちょっと聞いてみるから待ってて。」とのこと。

聞いてみるって、テリーにか?と思いつつ、実は私がすごい勘違いをしているのではないか?同姓同名の普通のおっちゃんなのかもと焦りつつ、「テリー・ファンクって、プロレスラーのテリー・ファンクですよね?」と聞くと、「そうよ、今は引退しているけどね。」と電話をかけながら答えてくれました。

電話に出た相手がテリー本人かどうかはわかりませんが、どうやら「ファンの人が来ているんだけど、入れてもいいかしら?」みたいな感じに聞こえました。

「もしかして、本人に会えるの?」とドキドキしながら待っていると、「残念ながら、体調が優れないみたいで・・・」との返事が・・・。

結局、家の前で写真を撮る、ということも叶いませんでしたが、その電話の先、すぐそこにあのレジェンドが、と思えただけでも幸せな時間が過ごせました。ちょっとだけ、「日本から来たんで、家の前での写真だけでも」って言えば良かったかな、と思いましたが(笑)

P1150212.jpg

この道の向こうに、受付はありました。

受付の裏をUターンして帰りながら、このやり取りを後ろの席にヨメさんに説明したところ、若干呆れつつも、「会えてたかもしれなかったんだね」と笑っていましたとさ(笑)


関連記事

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/06/03(土) 11:24:20|
  2. 近場でお出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/778-641e3dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。