LARGE AS LIFE LOG

娘のこと、家族のこと、読書記録など、日常のふとしたことを記録していきたいと思います。

反対咬合の矯正が終わりました

クリスマスの日に、1つ嬉しいことがありました。

娘は、もともと反対咬合で、
「いー」っとすると、上の前歯が、
下の前歯よりも、内側に入ってしまっていました。

市の検診で、指摘されてはいたのですが、
乳歯だし、まだ何もする必要はないということだったので、
特に何もしていませんでした。

ところが、妻が、ママさん仲間から、
「治療は幼児でもした方がいい」、
「ムーシールドという方法もある」、
ということを聞き、気になって調べてみると、
やはり早めに治した方がよさそうだ、ということになりました。

幸い、近所に、良さそうな矯正歯科があったので、相談してみると、

まだ歯並びをキレイに矯正する必要はないが、
発達しないといけない上あごが、
下の歯によって押さえ込まれてしまっているのは問題がある。

それを治していきましょう、とのこと。

方法としては、ムーシールドではなく、
上あごに、専用の装置を付けて、
前歯を後ろから押す、という方法です。

最初、装置を作るにあたって、型を取ったり、
レントゲンや写真を撮ったりしましたが、
不安そうにはしていたものの、泣いたりすることもありませんでした。

昼間は幼稚園があるので、
装置を付けるのは、夜寝るときが中心です。

違和感もあったでしょうが、一日10時間から12時間ぐらい、
頑張って付けていました。

付けるのを嫌がったり、
朝外すときに痛がって泣いたり、
洗浄するのを自分でやりたいとゴネたり、
歯医者に行くのを嫌がったり。

いろいろなことがありましたが、
逆に、夜自分から、「付けてないよ」と、
装置を持ってきてくれたりすることもありました。

その甲斐もあって、半年弱という早い期間で、
反対咬合は修正され、もう装置をつけなくてもよいということになったのです。

まだ成長途中なので、今後どうなるかはわからないのですが、
しばらくは、何もせず、様子をみていきます。

本人的には頑張ったという意識はないのかもしれませんが、
親からすると、この半年、本当によく頑張ったなと思います。

souchi.jpg

関連記事

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

  1. 2010/12/28(火) 10:55:21|
  2. 子育て/娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://largeaslife.blog103.fc2.com/tb.php/86-048befe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad